菊池桃子 2@80年代画像掲示板
| しゃんばら[HOME] > 80年代画像掲示板 | 閉じる | 怒涛の大量書込み! 掲示板タイプの無料コミュニティサイト
菊池桃子 2 (60) 見た人の数 → 14259

1 DPoSXSCg1o (18/01/24 09:46)
桃ちゃん

momoco_kikuchi29.jpg [900 x 1280 - 216KB] 削除

2 DPoSXSCg1o (18/01/24 18:54)


momoco_kikuchi27.jpg [1270 x 1800 - 381KB] 削除

3 JZM.ZJr1tk (18/01/25 19:00)
>>1,2
早速のスレ立てとオリジナルすシャン、ありがとうございます。

参考までに、前スレのアドレスを書いておきます。
ttp://002.shanbara.jp/80s/html/1486-15/

画像は、BOMBの83年12月号から、3つ折りピンナップです。
最近入手した雑誌で、所有の雑誌では菊池桃子が載っている最も古いカットです。
前に載せた84年1月号は、初々しい桃子の表情でしたが、それより落ち着いて見えます。
それでも表情がやや固く見えるのは、まだグラビア慣れしていないためでしょう。


bomb_83_12001_2s_1.jpg [995 x 1817 - 488KB] 削除

4 Vn2RfwCTds (18/02/01 22:36)
BOMBの83年12月号の、2ページ目です。(1ページ目は、次回)

チャンネルNECOで放送された、映画「パンツの穴」見ました。
とにかく桃子が可愛いというか、幼さが残っている表情が良かったです。
主演じゃないので出番はそんなに多くはないけれど、桃子が出ていないシーンは、どーでもいい感じです。
ハリコに桃子の映画評を載せた時、桃子のアイドルとしての魅力は、「過剰なまでの無意識」にある。
と書いてありましたが、「パンツの穴」を見て、納得しました。
「ムキンポくん」と連呼する時。弟が「女の子だぞ。」「お姉ちゃんだぞ。」と言って裸になる時の、
桃子の表情。ラスト近くで、ムキンポくんに意外な告白をする時の表情。
どれも「過剰なまでの無意識」です。特に、ラスト近くの告白は、幼さが残る桃子の表情がなければ、
成立しないシーンです。「過剰なまでの無意識」を装い、プロに徹するようになるのは、歌手デビュー後、
トップアイドルになってからで、「パンツの穴」出演時は、素の桃子が「過剰なまでの無意識」だった
ように思います。(再放送が2月2日と14日にあるので、見逃した方は是非この機会に。)


bomb_83_12004_1_1.jpg [1419 x 2116 - 498KB] 削除

5 OmuZqKCjOA (18/02/13 23:46)


momoco_kikuchi30.jpg [2260 x 1600 - 455KB] 削除

6 L2mwijDniA (18/02/18 15:59)


momoco_kikuchi31.jpg [1270 x 1800 - 329KB] 削除

7 BotGiXIfqs (18/02/18 23:16)
BOMBの83年12月号の、1ページ目です。
映画「パンツの穴」での、「過剰なまでの無意識」は、「(エッチなセリフとか場面は)、
私にはなかったから。」と言っている通り、脚本で意図していた部分もあるのでしょう。
イミシンな言葉に戸惑わなかったとの質問には、「でも、いつもの学校の生活とおなじですから。」
と答えています。庶民派アイドルとしての資質が垣間見える答えです。
この頃の監督は、厳しい人が多かったですが、15歳の桃子に「酒なんか飲んでくるな!!」とは。
ドラえもんを見て泣いた事から、15歳らしい純真さも忘れていません。

2月12日に放送された「アイドル50年」のテレビ番組で、
菊池桃子が久しぶりに「Say Yes!」を歌う姿を、見せてくれました。
昨年の出演では「卒業」を歌っていたので、歌う歌を変えるファンサービスを忘れていません。

>>5〜6
桃子白書(かな?)の、オリジナルスキャン、ありがとうございます。


bomb_83_12003_1_1.jpg [1189 x 1788 - 500KB] 削除

8 1UnBVx0zeU (18/02/23 20:31)
BOMBの84年8月号の、4ページ目です。
この雑誌は最近入手しましたが、何とカラーグラビアの1〜2ページ目が切り取られていました。
出品者も全ページチェック出来る訳ないので、仕方ないですが、こういうケースは初めてでした。
よく雑誌の欠落についての書き込みを見かけますが、本当なんだなと思いました。
3ページ目は、2ページ目と繋がる風景だけなので省略します。
2ndシングル「SUMMER EYES」がリリースされた頃で、桃子の表情が、
グラビア慣れしてきて固さが取れ、アイドル菊池桃子として確立して来た事が分かります。


bomb_84_8002_1_1.jpg [1419 x 2143 - 499KB] 削除

9 HbeHaQ8MlU (18/03/03 19:55)
BOMBの84年8月号から、2ndシングル「SUMMER EYES」の広告です。
ジャケット写真のカットを使っているので、曲のイメージに合わせた表情なのでしょう。


bomb_84_8001_1_1.jpg [1540 x 2181 - 493KB] 削除

10 NFvZXBHz46 (18/03/09 22:50)
BOMBの84年8月号から、素人が撮った写真です。
スターご近所情報というコーナーに載っていました。
学業優先で、全国を回る機会が他のアイドルと比べて少なかったと、「徹子の部屋」で言っていましたが、
デビュー当時に、地方のラジオ局を回るキャンペーンは行っていたようです。


bomb_84_8003_1.jpg [806 x 1226 - 217KB] 削除

11 Ks2o6OcWZ. (18/03/15 20:55)
BOMBの84年10月号の、1ページ目です。
赤のカジュアルなポロシャツと、チェックのスカートが似合う、庶民派アイドルの桃子です。


bomb_84_10001_1_1.jpg [1346 x 2002 - 499KB] 削除

12 Ppyz2eFj2c (18/03/21 22:43)
BOMBの84年10月号の、2ページ目の左〜3ページ目です。
(2ページ目の右は、関係ない広告なので省略しました。)
内の秘めた意思の強さを感じさせる、真剣な表情です。
文章では、ファンクラブ「桃太郎軍団」結成式のミニコンサートについて、書いてあります。


bomb_84_10002_2s_1.jpg [1455 x 1289 - 492KB] 削除

13 fB.E2oGhrc (18/03/28 18:16)
BOMBの84年10月号の、4ページ目です。
こちらは横縞タンクトップの上から、赤のタンクトップの重ね着です。
下の短パンも似合う夏らしいカジュアル・ファッションです。


bomb_84_10004_1_1.jpg [1468 x 2185 - 498KB] 削除

14 7BCtd33jjA (18/04/03 22:19)
BOMBの84年10月号の、5ページ目です。
新作映画が「テラ戦士ΨBOY」なら、主演決定から制作発表まで半年以上かかっています。
桃子主演だけ決定し、脚本に時間がかかったから、あのようなストーリーになったのかも知れません。

トーク番組「サワコの朝」に出演します。
TBS系4月14日(土) AM7;:30〜8:00


bomb_84_10005_1_1.jpg [1350 x 2005 - 498KB] 削除

15 ewd7XVTGl6 (18/04/07 22:26)
BOMBの84年11月号の、表紙です。
表紙・裏表紙・ピンナップ含めて、42ページの巻頭大特集が載っています。
デビュー時の巻頭大特集から、たった7ヶ月で第二弾が組めるとは、
さすがMOMOCOの兄雑誌であるBOMBだけの事はあります。
たった7ヶ月なのに、笑顔から硬さが取れて、優しさまで感じられるようになりました。
トップアイドルに向かって人気急上昇中の時期の、光輝く笑顔です。


bomb_84_11041_1_1.jpg [1454 x 2073 - 495KB] 削除

16 WH.ngjbV6s (18/04/11 22:58)
BOMBの84年11月号の、裏表紙です。
ミューズのような白い衣を着た桃子は、優しさに溢れた天使のようです。
巻頭大特集のテーマ「フェアリーのほほえみ」にピッタリなカットであり、
七ヶ月前の裏表紙の、子供のようなイメージの桃子とは、まるで別人のように成長しています。


bomb_84_11042_1_1.jpg [1532 x 2286 - 493KB] 削除

17 Ep41r/P/tg (18/04/15 21:16)
BOMBの84年11月号の、9ページ目です。
8ページ目までのカラーグラビアは、白黒のページに合間に載せて行きます。

「サワコの朝」見ました。
デビュー当時の話では、中学2年の夏にスカウトされた時、芸能界に興味の無かった桃子が、
何故スカウトを受ける気になったかが、面白かったです。その頃は反抗期で、
兄の外出時の門限や行動範囲と比べて、桃子の方が門限が早く、行動範囲が狭かった事に
不満を抱いていて、スカウトされて芸能界に入れば、自由になれると思ったからだそうです。
一見真面目そうな桃子にも、反抗期があった事が分かり、親近感が湧きました。


bomb_84_11009_1_1.jpg [1499 x 2137 - 493KB] 削除

18 6XkezHB212 (18/04/20 22:21)
BOMBの84年11月号の、10ページ目です。

(「サワコの朝」の続き)
中学2年の夏にスカウトされた後、中3の春の、映画「パンツの穴」のヒロイン・オーディション合格まで、
20ぐらいのオーデションに落ち、芸能界に向いていないと思ったそうです。
BOMBの前回の特集に書いてあった、クラブ活動のつもりで歌やお芝居のレッスンを受けていたのは
本当でしょうが、それでもオーデションに落ち続けていた時は、辛かったのでしょう。
レコードデビューが決まってからのレッスンでは、稲垣潤一の「夏のクラクション」を良く歌い、
この曲の歌い方を元に、どんなデビュー曲がいいかスタッフが決めていったそうです。
桃子の独特の歌唱法は、「夏のクラクション」が出発点だったんですね。
いまでも「夏のクラクション」を聞くと、芸能界に入って行く当時の不安な気持ちを思い出すそうです。


bomb_84_11010_1_1.jpg [1555 x 2210 - 436KB] 削除

19 gtz7WJu1tM (18/04/24 20:56)
BOMBの84年11月号の、11ページ目です。

(「サワコの朝」の続き)
21歳の長男が速読に長けている事、16歳の長女が幼い頃に脳梗塞になり後遺症が残った事は、
有名な話ですが、最近はその子供達に助けらている事も多いそうです。
頭の中がパニック状態になり、叫んでしまう時に、「お母さん落ち着いて」と子供達からなだめられるとの事。
いつも冷静な印象がある菊池桃子の、意外な面を話しています。
それでも家にいると、何かと子供達に呼ばれるので、大学で教えるための資料作りや、
ドラマのセリフを覚える時は、集中するため、近くの喫茶店を利用していると、言っていました。


bomb_84_11011_1_1.jpg [1560 x 2205 - 493KB] 削除

20 oQqLebPN0M (18/05/02 21:17)
BOMBの84年11月号の、12ページ目です。
84年4月号での巻頭大特集以降の事が載っています。
志望校の日の出女子学園に合格したのも、そのひとつ。
「サワコの朝」では、少女漫画に夢中な桃子に、両親が「新聞の社説欄を読みなさい。」と言っていた
そうですが、それは受験に役立ったのでしょうか。
一時は考古学者になるのが夢と言っていた桃子なので、志望校合格は、
芸能界デビューより嬉しかったと思います。


bomb_84_11012_1_1.jpg [1307 x 1884 - 497KB] 削除

21 l1RErtyoZs (18/05/09 00:01)
BOMBの84年11月号の、13ページ目です。
日出女子学園のオリエーテーリング合宿では、6人グループで夜遅くまでワイワイやって、
先生に見つかり、廊下で正座させられたそうです。桃子の意外に大胆な面が分かります。
そんな桃子でも、デビュー前に武道館で歌う時には、さすがに緊張して、
足はガクガク、心臓はドキドキ、歌う声が震えているのが分かったそうです。
それでも、死んだ気で武道館のステージに立つとは、度胸があります。


bomb_84_11013_1_1.jpg [1366 x 1960 - 498KB] 削除

22 vppiagQIRE (18/05/14 22:44)
BOMBの84年11月号の、14ページ目です。
ザ・ベストテンのスポットライトのコーナーに、ユッコと一緒に出た時は、
おさげ髪にしていた事が分かります。髪が短くても、可愛い桃子なら似合います。
誕生パーティでは、スヌーピー大好き桃子のために、親衛隊が人間大のスヌーピーのぬいぐるみを
プレゼントしました。ぬいぐるみの話の続きは、次ページでも書いています。


bomb_84_11014_1_1.jpg [1340 x 1916 - 492KB] 削除

23 kVxlKIhBYg (18/05/16 20:39)
BOMBの84年11月号の、15ページ目です。
人間大のスヌーピーのぬいぐるみが、桃子のベッドを占領し、
桃子自身がベッドの下で寝ているとは、桃子のスヌーピー好きは相当なものです。


bomb_84_11015_1_1.jpg [1371 x 1959 - 495KB] 削除

24 yg.SY2k.iw (18/05/17 23:40)


1_1.jpg [445 x 335 - 24KB] 削除

25 vKn7y/4Q22 (18/05/20 21:09)
BOMBの84年11月号から、3つ折りピンナップです。
縦長の画角に相応しく、桃子の全身が載っています。
今回、折り目の修正をしていて気がつたんですが、桃子の脚って綺麗です。

>>24
桃子の画像アップ、ありがとうございます。


bomb_84_11043_2s_1.jpg [1021 x 1877 - 493KB] 削除

26 PgK9HG8hIE (18/05/27 18:32)
タレントの菊池桃子さんにストーカー行為をしたとして、大手タクシー会社の元運転手の男が警視庁に逮捕されました

逮捕されたのは日本交通の元タクシー運転手、飯塚博光容疑者(56)で、先月、タレントの菊池桃子さんに対し自宅周辺で付きまとうなどストーカー行為をした疑いが持たれています。
飯塚容疑者は運転するタクシーに菊池さんが偶然、乗車したことから菊池さんの自宅を知り、その後同様のストーカー行為を繰り返していたため警視庁から警告を受けていたということです。

飯塚容疑者は犯行当日、自分のツイッターに「菊池さんに会いに行く」と投稿し、菊池さんの自宅近くに現れたところ、警戒していた警察官に現行犯逮捕されたということで、取り調べに対し、容疑を認めているということです。


jidpdco.jpg [1200 x 675 - 97KB] 削除

27 rTWxaoLKSw (18/05/30 00:11)
BOMBの84年11月号の、16ページ目です。
みうらじゅんによるマンガで、桃子の生い立ちが、4ページに渡って載っています。
実物写真も載っています。桃子は、幼い頃から可愛かったです。


bomb_84_11016_1_1.jpg [1352 x 1941 - 492KB] 削除

28 HLocBSB0DA (18/06/02 23:54)
BOMBの84年11月号の、17ページ目です。
「桃から生まれた桃子は、スヌーピーを家来に愛らしくスックスックと育ち...」
キャンディ・キャンディのアンソニー君に夢中で、恋人が出来ませんでした。
童話とマンガのの世界を、マンガで描いているような感じです。
小学3〜6年まで学級委員をしていました。桃子は、学級委員が似合いそうです。


bomb_84_11017_1_1.jpg [1262 x 1830 - 491KB] 削除

29 3Hsmlhyj/c (18/06/06 22:50)
BOMBの84年11月号の、18ページ目です。
中学の時一番楽しかった事といえば、修学旅行。まくら投げは定番ですが、
みんなで押入れの中で寝るのは、女の子ならではです。
スカウトのきっかけになった、叔母の店に置いてあったというみんなで撮った写真は、
是非本物の写真で見たかったですが、桃子以外の家族が写っているので、載せないのでしょう。


bomb_84_11018_1_1.jpg [1309 x 1881 - 494KB] 削除

30 prOAj1aUSM (18/06/10 21:42)
BOMBの84年11月号の、19ページ目です。
デビュー曲のレコーディングのマンガが載っていますが、
初めてレコーディングに臨んだ時は、マイクと口の間隔をどのくらい取ればいいかも分からず、
レコーディングのイロハから、スタッフに教えてもらったそうです。
(サワコの朝でのトークより)


bomb_84_11019_1_1.jpg [1370 x 1958 - 491KB] 削除

31 fQrF4BvQQk (18/06/17 18:51)
BOMBの84年11月号の、1ページ目です。
可愛い微笑みに中に、優しさまで感じられます。
フェアリー(妖精)というより、女神のような微笑みです。


bomb_84_11001_1_1.jpg [1375 x 1943 - 492KB] 削除

32 S98GEaR4y2 (18/06/23 20:31)
BOMBの84年11月号の、20ページ目です。
桃子写真館と題して、15歳までの桃子が2ページ載っています。
さすがに0歳から顔が変わってないっていうのは、オーバーです。鼻の形にちょっと面影がある感じです。
桃子は全然太めじゃないのに、インタビューで太めだとからかわれると過剰に反応するのは、
右下の0歳の写真を気にしているからでしょうか。赤ちゃんは、太っていて当たり前です。
3歳の頃から可愛いです。4歳年上の兄は、タイガーマスク世代だったのでしょう。


bomb_84_11020_1_1.jpg [1463 x 2086 - 500KB] 削除

33 H04CdEDtQM (18/06/30 21:23)
BOMBの84年11月号の、21ページ目です。
6歳の時の、ごご機嫌ナナメの桃子の表情から、子供の頃の桃子には、
こんな一面もあったんだと思って、安心します。
12歳の桃子は、すっかり可愛く変身。スカウトのきっかけとなった家族写真は、
この頃の桃子か写っていたのかもも知れません。
中3の修学旅行は、一番楽しかったと言っていました。
友達とはしゃいでいる姿から、楽しさが伝わってきます。


bomb_84_11021_1_1.jpg [1457 x 2094 - 497KB] 削除

34 V7SuwFzYws (18/07/06 20:53)
BOMBの84年11月号の、22ページ目です。
読者からのQに答えるコーナーが、3ページに渡って載っています。
兄と一緒に公園の砂場に落とし穴を作ったイタズラ。仲の良い兄だったので、
17で書いた、兄の門限との差に不満を抱くのも、無理はありません。
「アホでもいいから可愛い女の子」と「ブスでもいいから頭のいい女の子」と、どちらに生まれ変わりたい?
とのQには、「男の子に生まれ変わりたい」と答えて、逃げています。
桃子は、可愛くて頭のいい女の子だったので、上記に選択には答えられないのでしょう。


bomb_84_11022_1_1.jpg [1366 x 1950 - 492KB] 削除

35 vkS33wQdkE (18/07/11 20:44)
BOMBの84年11月号の、23ページ目です。
質問と答えが同じ筆跡なので、読者からの質問を、仕事の合間にでも書き写したのでしょう。
答えが「泣きます」の一言だけでも、手を抜いている訳ではなさそうです。
お兄さんが相談相手だそうです。東京に住んでいるアイドルは、家族が相談相手になれるので、
地方から単身出てきたアイドルと比べると、精神的に恵まれていると思います。
私のお母さんみたいにないたい。と言っているように、結婚してから、子供が育つまでの10数年は、
仕事をほとんどせず、家庭を第一にしていました。


bomb_84_11023_1_1.jpg [1355 x 1963 - 491KB] 削除

36 Dl.m6SmDSo (18/07/18 23:20)
BOMBの84年11月号の、24ページ目です。
芸能界で一番信頼出来る人に、マネージャーを挙げています。マネージャーだけではなく、
学業を優先するという親の条件を守ったプロダクションも良かったと思います。
菊池桃子ほどの超人気アイドルなら、普通は殺人的スケジュールになるのは、免れないところです。
本人も、アイドル時代を振り返り、(他のアイドルとは違い)独自の道を歩んだと言っています。
70年代のアイドルは、オファーされる仕事は、出来るだけ引き受けるという、
全方位の仕事をし、アイドルとしての寿命をすり減らして行きました。(ピンク・レディーに象徴されます)
80年代に入ると、70年代アイドルの反省を踏まえ、人気が上がるとともに、
仕事を選べる立場になるので、自身のキャラにあった仕事を選び、アイドルとしての寿命が伸びました。
そして菊池桃子の成功によって、最初から仕事を選択して行くアイドルが増えました。
自分の顔で、丸いほっぺが一番気にいっていると答えています。女の子なら丸いほっぺは、
太って見えるので嫌がるのが普通ですが、自身のチャームポイントを良く知っている答えです。


bomb_84_11024_1_1.jpg [1312 x 1884 - 494KB] 削除

37 CwAqBul.o6 (18/07/24 20:33)
BOMBの84年11月号の、2〜3ページ目です。
カラーページなのに記事(モノローグ)も載っている、BOMBの巻頭特集では珍しい構成です。
学業優先のおかげで、高校生活をエンジョイしている様子が伝わって来ます。
遠足でディズニーランドに行った時は、スペースマウンテンでは物足りないというほどで、
芯のしっかりした性格が表れています。冒険心にあふれている桃子は、
エジプトのピラミッドを見る事が出来たのでしょうか。


bomb_84_11002_2s_1.jpg [1595 x 1121 - 485KB] 削除

38 pw9zS6Xbdg (18/07/31 22:44)
BOMBの84年11月号の、25ページ目です。
「初めの頃はマイクの使い方もわからなくて、ノってくるとよく口を離しちゃったり。」
これも、「サワコの朝」で言っていました。マイクからどのぐらいの距離で歌うか、
教えてもらったそうです。シングルのレコーディングに3日もかけられるのは、
当時の人気アイドルとしては、恵まれたスケジュールです。
時には話し合いつつ詩を決めて行くという<菊池桃子方式>のおかげで、
まだ作詞家としては駆け出しの秋元康が鍛えられ、
翌年からのおニャン子クラブの作詞に役立ったと思います。


bomb_84_11025_1_1.jpg [1347 x 1952 - 492KB] 削除

39 jm39qpxDlI (18/08/12 22:03)
BOMBの84年11月号の、26ページ目です。
桃子カタログが、4ページに渡って載っています。
都内のマンションに引っ越したそうです。東京に自宅があっても、
品川区からだと通学や仕事に不便なのか、夜遅く帰ると家族に迷惑がかかるためか、
ファンが桃子の実家を見つけるのを恐れてか。多分最後が、引っ越した理由だと思います。
桃子より大きいかも知れないスヌーピーのぬいぐるみは、部屋に置くとさすがに圧倒的存在感です。
夜食を作って食べるヒマはあっても、家の机に向かって勉強するヒマはないと悩む桃子。
タレントは体が資本なので、痩せて倒れるよりはずっといいです。
マネージャーと一緒に寝起きしているので、しっかり管理されているのでしょう。


bomb_84_11026_1_1.jpg [1382 x 1975 - 490KB] 削除

40 6F5XIg8sdU (18/08/21 20:34)
BOMBの84年11月号の、27ページ目です。
桃子の身の回りは、スヌーピーグッズに囲まれていて、嬉しそうです。
ファンからの贈り物も沢山あるのでしょう。寝室には、写真に写っているだけで、
11匹のスヌーピーのぬいぐるみがありました。お母さんのアイドル時代として、
子供にBOMBのこのページを見せたら、何と言うでしょう。
しかし、5、6キロの重いカバンを一人で持ち歩いていたのは、立派です。
当時のアイドルで、付き人をつけずに、自分で重いカバンを持ち歩いていたのは、
桃子の他には、キョンキョンだけでした。70年代に人気を博したトップアイドルが、
所属事務所を大手にし、その大手事務所から、80年代前半のアイドルがデビューして、
ぞくぞくトップアイドルが誕生しました。桃子は、大手ではないトライアングルプロダクション所属であり、
そんな弱小事務所からデビューして、すぐにトップアイドルになりました。
80年代では初めての快挙です。付き人を付けなかったのも、弱小事務所ならではの事でしょう。


bomb_84_11027_1_1.jpg [1383 x 1983 - 463KB] 削除

41 7PhZkOGiwk (18/08/30 23:00)
BOMBの84年11月号の、4〜5ページ目です。
うつ伏せに寝て、リラックスしている笑顔の桃子です。
「足が前より太ったみたい。(28ページ目、次回のせます)」と言っているので、
フォーカスをぼかしています。

9月6日(木)PM1:00〜2:00 NHK総合の「おしゃべり日和」に出演予定です。


bomb_84_11004_2s_1.jpg [1725 x 1222 - 494KB] 削除

42 oypDUjYTq6 (18/09/04 20:33)
BOMBの84年11月号の、28ページ目です。
アイドル恒例のボディチェックのコーナーです。
4月号と比べると、体重・BWHは変化無し。身長が1cm伸びました。
目標の161cmまで達したのかな?
体重が変わらず、身長が伸びているのに、「足が前より太ったみたい。」と言っています。
お母さんに「私に似たんだからしようがないね。」と言われ、納得するしかない桃子が、可愛いです。


bomb_84_11028_1_1.jpg [1370 x 1959 - 489KB] 削除

43 lDLXaQMMhE (18/09/12 22:40)
BOMBの84年11月号の、29ページ目です。
桃子の料理教室では、ジュースを作る時の「手動式のジューサー」が原始的で面白いです。
体重をかけた時の桃子の表情が、ユーモラスで可愛いです。


bomb_84_11029_1_1.jpg [1306 x 1887 - 499KB] 削除

44 7xJLRsaStE (18/09/20 22:03)
BOMBの84年11月号の、30〜31ページ目です。
エジプトへ行ってピラミッドを見るのが夢の桃子の願いを、ゲームにしてしまったBOMB。
ゲームでも、楽しそうに撮影している桃子は、本当にピラミッドが好きなのでしょう。
何しろ考古学者になりたいと思っていたのだから。
考古学者ではないけれど、大学で雇用問題を教える講師になった桃子。
長女が幼い頃に脳梗塞になって後遺症が残り、娘から「私でも仕事が出来るの?」と言う問いかけに
答えられず、雇用問題を扱ったテレビ番組の制作スタッフに電話で教えてもらったそうです。
娘の質問にも答えられない自分が情けなくなり、大学院に進学して勉強しましたが、
最初は専門用語の嵐で頭がパニックになったそうです。それでも2年に進級する頃には、
その専門用語が理解出来るようになり、1年前の桃子と同じようになった後輩に専門用語を教えていました。
その様子を見ていた教授が、教えるのが上手い桃子を見て、講師への道を作ってくれました。
(以上、昨年「徹子の部屋」に出演した時に言っていた内容です。)



bomb_84_11030_2s_1.jpg [1267 x 899 - 499KB] 削除

45 .9vAYsBm5g (18/09/22 19:50)
菊池桃子
46 UYKIBYzRak (18/09/24 19:37)
BOMBの84年11月号の、6〜7ページ目です。
キャンペーンで地方周りが多くなってきた桃子。旅先では、スヌーピーのカメラを持って行くそうですが、
写すのは自分の写真ばかり。自分を写すんだたから、ファインダーは覗けません。
ピンぼけの自分の顔が写っているのでしょう。カメラ小僧が写す出来の悪い写真対策に、
油断するとこんな顔になると、研究しているのでしょうか。(考えすぎかな?)
「旅に出ると、その地方のいろんなおいしい料理が食べられてゴキゲンですね。」
人気アイドルになって知名度が上がると、ホテルから出た時に人集りが出来るので、
外出禁止令を出される可哀想なアイドルもいますが、桃子の場合、まだ人気上昇途中なので、
大丈夫だったのかも知れません。また学業優先で、テレビ露出が他の人気アイドルほど多くなく、
一般人に対する知名度も、他の人気アイドルほど多く無かった事も、影響しているのかも。


bomb_84_11006_2s_1.jpg [1544 x 1085 - 481KB] 削除

47 vMQTMNSPFM (18/09/30 20:43)
BOMBの84年11月号の、32ページ目です。
桃子の第二弾映画(今度は主演)の、原作募集のコーナー(33ページ目も)です。
あらすじ部門では、よくある2タイプしか載っていません。
2番目の桃子コメントで、「惜しまれながら死ぬのはイヤなんです。」
自分のキャラクターを良く分かっています。
せりふ部門の、寝付けない桃子がベッドの中で言うセリフ「スヌーピーが1匹、スヌーピーが2匹...」
最高です。桃子も、最高に気に入っています。


bomb_84_11032_1_1.jpg [1229 x 1760 - 491KB] 削除

48 Q2BxOnFvo2 (18/10/04 23:26)
BOMBの84年11月号の、33ページ目です。
桃子の第二弾映画は、最初は冬休みを利用して撮る予定だったのが、2時間ドラマ「卒業」に変わり、
春休みを利用して撮った「テラ戦士ΨBOY 」になった事が、2段目の桃子のコメントから分かります。
桃子の好きなエジプト・ロケがあれば、冒険活劇ものを桃子がプッシュしたかも知れませんが、
海外の長期ロケは、桃子に他の仕事を入れられず、予算の関係もあって、ボツになった事でしょう。
1段目の青春SFものを、桃子が気に入って、紆余曲折の末、
「テラ戦士ΨBOY 」に変わった可能性があります。


bomb_84_11033_1_1.jpg [1224 x 1764 - 487KB] 削除

49 VapWtKQ4Yg (18/10/09 22:17)
BOMBの84年11月号の、8ページ目です。
横を向きながら座っているこのカットでは、澄んだ大きな瞳が、可愛らしい桃子の表情を、
さらに強調しています。可愛らしさでは、80年代アイドルの中で、トップだと思います。
86年〜87年前半にかけて、おニャン子クラブのメンバーの曲が、
ヒットチャートの1位を席巻する中(86年は、52週中36週で、週間チャート1位を記録)、
新曲を出せば必ず1位を取っていたのは、桃子と明菜だけです。
聖子は結婚による休業期間と称して、おニャン子旋風が去るのを待ち、
キョンキョンは、なかなか1位を取れなくなり、荻野目ちゃんの代表曲「ダンシング・ヒーロー」
「六本木純情派」も、人気急上昇中の美穂も、1位を阻まれる中、
桃子は、熱烈な固定ファンが、人気を支えていたのでしょう。
接点が無さそうな桃子と明菜ですが、上記の共通点と、アイドルなら当たり前だった
新曲の3ヶ月ローテーションに縛られない、余裕を持った新曲リリースが共通点でした。


bomb_84_11008_1_1.jpg [1289 x 1841 - 489KB] 削除

50 rRn8RYXif. (18/10/14 17:05)


momoco_kikuchi32.jpg [1600 x 1600 - 462KB] 削除

51 SDpLq.kuAc (18/10/16 23:29)
BOMBの84年11月号の、34ページ目です。
所ジョージとの対談が、4ページに渡って載っています。
幼稚園の時に埼玉に住んでた事を、この後話題にしています。
この頃、埼玉県と千葉県をタモリがバカにしていましたが、
所ジョージが埼玉県の所沢出身だったのがきっかけだったようなき気もします。
ちなみに、同期で同い年の荻野目ちゃんは千葉県出身です。

>>50
ビクターの広告のオリジナルスキャン、ありがとうございます。
80年代の日立のビデオやムービーから、90年代はビクターのビデオやムービーに移った桃子のCM。
アイドルから女優に転身して、トレンディドラマ等にひっぱりダコだった頃です。


bomb_84_11034_1_1.jpg [1372 x 1977 - 487KB] 削除

52 QNSawfEB5o (18/10/23 20:25)
BOMBの84年11月号の、35ページ目です。
幽霊・金縛り・UFOの話を、すべて所ジョージに否定された桃子が、
ムキになって自分が好きなピラミッド(エジプト)の話を持ち出すところが、可愛いです。


bomb_84_11035_1_1.jpg [1379 x 1981 - 492KB] 削除

53 9lbWyQgxAI (18/10/29 23:30)
BOMBの84年11月号の、36ページ目です。
桃子のていねい語みたいな喋り方は、厳しい母親のしつけから、自然に生まれたもののようです。
「泣きながら教わった」という厳しいしつけですが、その母親のようになりたいと言っています。
でも自分の子供には、そこまで厳しくは出来ませんでした。(理由もありますが。)
デビュー前の桃子が、少女漫画に夢中だったのは、厳しいしつけで息が詰まってしまい、
現実逃避していたのかも知れません。
「学校の勉強なんて、全然興味ないでしょ。」という所ジョージの突っ込みに、
否定する桃子ですが、「友達やサークルは面白い。でも勉強はつまらないでしょ。」と言われ、
反論できない桃子。普通のアイドルなら、図星を指され反論出来ないのでしょうが、
高校卒業後に短大に進み、大人になってからは、大学院まで行って、客員教授にまでなったので、
本当は、勉強も好きだったのでしょう。


bomb_84_11036_1_1.jpg [1298 x 1870 - 494KB] 削除

54 DDV3BbShtk (18/10/31 23:14)
文章なげーよ
55 qcMHqJ.k5A (18/11/04 22:45)
白黒の記事が続かないように、カラーグラビア&記事を載せます。
シュガーの84年11月号の、1ページ目です。
ファンクラブ結成イベントの様子が載っています。
ヤングルーキーの同じ11月号に、このイベントの19ページの特集が載っていて、
前に載せましたが、やはり赤いタンクトップの着こなしが、新人とは思えないほど上手く、
似合っています。アイドル界にカジュアルファッションを広めた、桃子らしい着こなしです。


sugar_84_11001_1_1_2.jpg [1343 x 1925 - 490KB] 削除

56 JnjD60lGCg (18/11/15 00:15)
シュガーの84年11月号の、2ページ目です。
「人気っていうのはチャートなどの数字じゃないんだよね。」
ファンクラブ結成イベントの熱気が伝わるレポートです。
その後、大ブレイクして活躍するスーパーアイドルは、デビュー時からコアな熱狂的ファンが
付いていましたが、桃子もその一人です。


sugar_84_11002_1_1.jpg [1344 x 1933 - 440KB] 削除

57 fQh8eM05Zo (18/11/19 23:10)
BOMBの84年11月号に戻って、37ページ目です。
占いの先生に見てもらい「22歳でお嫁に行けるって。」と喜ぶ桃子ですが、
その頃には、もっと忙しくなってるので、芸能界入ってる限り絶対無理と、水を差す所ジョージ。
実際、80年代のトップアイドルで、最も若くして結婚したのが、堀ちえみの22歳ですが、
結婚の2年前に一時引退しています。
桃子の結婚は、結局27歳になりました。


bomb_84_11037_1_1.jpg [1305 x 1882 - 480KB] 削除

58 cfKdtNKKT. (18/11/25 20:30)
BOMBの84年11月号の、38〜39ページ目です。
巻頭特集の最後では、ファンとの交流やこれからの抱負を語っています。


bomb_84_11038_2s_1.jpg [1612 x 1138 - 493KB] 削除

59 h2tPnfklGk (18/12/04 23:07)
BOMBの85年3月号から、ラジオ番組「桃子のすこし夜ふかし」の紹介です。
クイズ番組が好きな桃子は、クイズコーナーに興味津々です。
最近でも、池上彰の番組に出演して、名回答(迷回答もあり)ぶりを発揮しています。


bomb_85_3012_1_1.jpg [1228 x 1814 - 487KB] 削除

60 8dvdkZi0gM (18/12/10 23:29)
DUNKの85年8月号に載っている、BOYのテーマの歌詞です。

dunk_85_8002_1.jpg [1055 x 2452 - 376KB] 削除


[閉じる ] 出会いのラビコミュ
| しゃんばら[HOME] > 80年代画像掲示板 | 結婚紹介所でもない。既存の出会いサイトでもない。新しい恋愛サイト誕生!

返信最大数に達しました(これ以上返信できません)
無修正動画最強サイト「カリビアンコム」続々新作追加
1 DPoSXSCg1o (18/01/24 09:46)
桃ちゃん

momoco_kikuchi29.jpg [900 x 1280 - 216KB] 削除

5 OmuZqKCjOA (18/02/13 23:46)


momoco_kikuchi30.jpg [2260 x 1600 - 455KB] 削除

24 yg.SY2k.iw (18/05/17 23:40)


1_1.jpg [445 x 335 - 24KB] 削除

50 rRn8RYXif. (18/10/14 17:05)


momoco_kikuchi32.jpg [1600 x 1600 - 462KB] 削除

優良Hサイト
カリビアンコム
連日更新中。流出したあの人気ギャルの秘部もバッチリ。企画モノ新作楽しい!
★★★★★

エッチな4610
エッチでいやらしい素人を毎日ハメ撮り。シンプルなサイト構成で見やすい。
★★★★★

エッチな0930
夫じゃ満足できない妖艶奥様達の性欲大解放
★★★★★

プラウディア
ポロリパンチラ胸ちらアイドルのお宝動画がザクザク
★★★★★

エキゾチカ
素人インディーズ系、盗撮充実。お宝もあり
★★★★★

天然むすめ
素人にこだわり撮れたてほやほやのオリジナル
★★★★★

一本道
激レア裏ビデオ一本を丸ごとダウンロード
★★★★★

セックスマシーン
人気女優と楽しい企画。お試し期間もあり
★★★★★

盗撮マーシー
更衣室着替え、女湯、パンチラ、トイレ、のぞき放題
★★★★★

エンジェルライブ
綺麗なお姉さんおっぱいと可愛い系パンチラ
★★★★★

DXライブ
貴方の操作でバイブが唸り、女の子が悶えるネットリモコン機能搭載
★★★★★

EXショット
あなただけに限界サービス。大人のライブチャット
★★★★★

SOD(ソフトオンデマンド)
説明不要の人気企画単体作品勢揃い。月額定額がお得
★★★★★

地下10F
フェチ向けダウンロードサイト。濃いです
★★★★★

DUGA(デュガ)
コス、盗撮、Jrアイドル、熟女、M男他多彩
★★★★★