【KYON】小泉今日子【KYON】2@80年代画像掲示板
| しゃんばら[HOME] > 80年代画像掲示板 | 閉じる | 怒涛の大量書込み! 掲示板タイプの無料コミュニティサイト
【KYON】小泉今日子【KYON】2 (60) 見た人の数 → 6270

1 yXc7nJSH8c (18/02/03 23:33)
前スレの続きです。タイトルを、ハリコの時のスレ主風にしてみました。
90年代の画像は、1990年代板の方へお願いします。

これは、82年11月30日発行の「近代映画ハロー」の、31ページ目です。
顎に特徴があるキョンキョンスマイルが、良く表れているので、スレ画にしました。


kindaieigahello031_1_2.jpg [1280 x 1656 - 484KB] 削除

2 INntjApSoQ (18/02/04 14:54) [sage]
昭和59年の秋〜冬に、写真屋さんに貼られていたFUJI FILM?の大きなポスター。
小泉今日子がシャツの前のほうの裾を引っ張って、胸のふくらみが少し表現されていたような感じだった気がする。(まだ幼少の頃で記憶が定かでない)
そんな画像、どなたかお持ちではありませんか?。

3 vT7iDUEyyI (18/02/17 22:17)
>>2
この頃のポスターなんでしょうね。DUNKの85年3月号に載っていたCMの記事です。
ポスターは大きくて、スキャンするのが大変なので、出回っていないでしょうが、見てみたいです。


dunk_85_3001_1.jpg [1293 x 964 - 227KB] 削除

4 NnyVKa9cP. (18/02/21 20:55)
写真集「わたし今日子」の、72ページ目の上です。
スター誕生に合格した後に入学した高校なので、1年の前半しか通っていませんでした。
既にデビューが決まっていたので、本当の親友以外のクラスメートは、
芸能人を見る目で接していたそうです。


watasikyoko072_2_1.jpg [2226 x 1295 - 493KB] 削除

5 NnyVKa9cP. (18/02/21 21:28)
写真集「わたし今日子」の、72ページ目の下です。
デビュー前、まだ聖子ちゃんカットにする前のキョンキョンは、髪がデビュー時より長い事が分かります。
デビュー時より、その半年前の方が痩せていたとは、アイドルとしては珍しいパターンです。
右上のカットは、大人っぽく撮れていて、デビュー時にはほとんど見せていない綺麗な表情です。
スタ誕合格後は、勉強のためと事務所の社長に言われて、毎回の決戦大会に出席していました。
その合格者には盟友・中森明菜もいました。審査員席の隣にいるキョンキョンを見ていたので、
その後も「先輩」というイメージがあったそうです。本人は「なさけないよ〜」と言っているテレビ予選の
TシャツとGパン姿ですが、決県大会でスタッフが用意したフリフリの衣装より、似合っていました。
「どうしていつも、きれいな髪しているんだろ?好きな人いません、なんていってるけど本当かな?
 睡眠時間3時間って本当かな?」芸能界に興味深々なキョンキョンの気持ちが、伝わってきます。
実は、リハーサル中に階段から落ちて脚が痛く、緊張で上がるどころでは無かったと、裏話をしていました。


watasikyoko072_3_1.jpg [1425 x 1271 - 493KB] 削除

6 uJK1ZrAgnI (18/02/27 22:39)
最近載せていなかった雑誌グラビアを。
DUNKの85年12月号から、代表曲「なんてったってアイドル」の歌詞が載っている
3つ折りピンナップです。
今でも、アイドル賛歌として親しまれているキョンキョンの代表曲ですが、
リリース当時は、代表曲になるとは思わず、一過性のヒット曲のひとつに過ぎないと思っていたそうです。
秋元康の詞も、「また大人が悪ふざけしてるな。」と思ったそうですが、冷静に考えると、
「私にしか歌えない歌。」だと思い直し、元気一杯歌っていました。
このピンナップのファションも、奇抜なものではなく、可愛い感じです。


dunk_85_12004_2s_1.jpg [901 x 1647 - 491KB] 削除

7 uJK1ZrAgnI (18/02/27 23:13)
投稿写真の85年12月号から、素人が撮った写真です。
この後、「走り続けるミス・ヒーロー〜今日子」としてビデオ化されるコンサートの写真です。
(ランドセル姿は、ビデオにはありません。)
もし手が大きく伸びれば、コンサートに来たファンの人たちを、思いっきり抱きしめたくなる。
と、後に小林繁を相手にして語っています。その快感は、歌手を経験してみないと分からない。
役者には味わえない快感でしょう。と小林繁が答えていました。
それほど、歌手とファンが一体になって盛り上げるコンサートだからこそ、
キョンキョンも、こんな大胆ポーズを平気で行っていたと思います。


toukousyasin_85_12001_2.jpg [1650 x 1086 - 317KB] 削除

8 HbeHaQ8MlU (18/03/03 20:08)
「微笑物語」の、154ページ目です。
長所:超明朗活発。短所:そそっかしいところ。
デビュー当時、そんな点が堀ちえみと共通していて、仲良くなったのでしょう。


hohoemimonogatari154_1.jpg [1468 x 2185 - 171KB] 削除

9 HbeHaQ8MlU (18/03/03 20:26)
「微笑物語」の、155ページ目です。
太い足を気に入っていると、当時のアイドルで言っていたのは、キョンキョンだけだと思います。
頑丈な太い足で、ステージ狭しと走り回るパフォーマンスが確立しました。
肩幅が広く見えるのは、顔が小さいので仕方ないでしょう。
お尻が大きすぎる所も、嫌いだけど魅力のうちかな。と言い換えています。
山口百恵や中森明菜のように、お尻が大きいアイドルは大成するというジンクス通り、
キョンキョンもお尻が大きいので、大成しました。
「そろそろマンガから脱皮します。」と言っています。キョンキョンは、
新幹線等での移動中、声をかけられずに眠るため、本で顔を隠している内に、
読書をするようになったと、後に言っています。


hohoemimonogatari155_1.jpg [1472 x 2199 - 134KB] 削除

10 L2vviq57pg (18/03/08 22:54)
デラックス近代映画・小泉今日子写真集の、34〜35ページ目です。
気持ちよさそうに自転車で疾走するキョンキョンです。
18歳で自動車免許を取得するまで、私生活でのキョンキョンの足は自転車でした。
7歳年上の大好きなスタイリストのミカちゃんに会いに行く時も、「自転車でかっ飛んできた」と、
言っています。キョンキョンが18歳の時、ミカちゃんはパリに移住します。
「遠いよ」と言うキョンキョンに、「自転車かっ飛ばしてもなかなか着かないね。」と答えるミカちゃん。
「ミカちゃんのバカ!淋しいじゃん!」(以上、黄色いマンション 黒い猫」より。
その後キョンキョンは、パリならミカちゃんがいるから大丈夫と思い、
ひとりで海外旅行する時は、必ずパリへ行く事にしたそうです。


koizumikyokosyasinsyuu034_2s_1.jpg [1588 x 1075 - 466KB] 削除

11 L2vviq57pg (18/03/08 22:57)
デラックス近代映画・小泉今日子写真集の、36〜37ページ目です。
自転車をかっ飛ばしすぎたのか、疲れて一休みしているキョンキョンです。


koizumikyokosyasinsyuu036_2s_1.jpg [1598 x 1145 - 475KB] 削除

12 QLb60C6B6c (18/03/12 23:44)
写真集「わたし今日子」の、73ページ目の上です。
第2時限目は、英語。「春風の誘惑」の歌詞が、英訳されて載っています。
英訳の問題では、1st&2ndLPに収録されている曲名が、沢山入っています。
キョンキョンのメガネをかけた先生の姿は、90年のスターどっきりまる秘報告でも、
見せていました。教室に入ったキョンキョンに半信半疑だった生徒でしたが、
喋ったとたん、キョンキョンである事が、バレバレになりました。
長いアイドル活動の中で、キョンキョンの喋り方が浸透していったのでしょう。


watasikyoko073_2_1.jpg [1993 x 1428 - 491KB] 削除

13 sHenmd20ss (18/03/14 22:03)
写真集「わたし今日子」の、73ページ目の下です。
第2時限目は、古典。枕草子は、原典が教科書に載っているほど有名で、
アレンジしやすいので、こういうアイドルの企画では、度々引用されていますが、
キョンキョンはキャラが明確なので、このキョンキョン版は面白いです。
問題の方は、古典語の意味を忘れている問題が、結構ありました。


watasikyoko073_3_1.jpg [1814 x 1282 - 497KB] 削除

14 oOx8YvkCOg (18/03/17 18:21)
BOMBの82年12月号から、3つ折りピンナップです。
まだまだ純情可憐な少女を演じていた頃の、可愛いトレーナー姿のキョンキョンです。


bomb_82_12001_2s_1.jpg [1049 x 1935 - 498KB] 削除

15 nBjWdM9fK. (18/03/19 17:27)
「微笑物語」の、84ページ目です。
ハリコで一度載せましたが、これから載せる堀ちえみ2スレの41(に多分なる)に書く内容に関係するので、
載せ直します。キョンキョンもちえみも、聖子ちゃんカットでデビューしましたが、
実は石野真子の大ファンでした。キョンキョンは、石野真子が10thシングル「めまい」(80年7月発売)
を歌う頃から好きになりました。メジャーコードの元気で明るいシングルを6曲連続リリースした後、
イメージチェンジを図った曲でした。そして引退記念コンサートを見て、感動します。
「とにかくファンの熱狂的な応援、それに応えて真子さんが全力投球で歌い込むという熱気!
 もうスターとファンが一体となっているという感じ。」
いつか真子さんのようなコンサートを開くのが夢であり、石野真子を目標として芸能界入りしました。
ちえみは、石野真子に会う事を目標として芸能界入りしました。(テレビの対談で言っています。)
キョンキョンも石野真子と同様に、同じ事務所から独立したので、テレビで石野真子と対談して欲しいです。


hohoemimonogatari084_1.jpg [1428 x 2174 - 206KB] 削除

16 Ppyz2eFj2c (18/03/21 22:51)
BOMBの82年12月号の、1ページ目です。
黄色のチェックのワンピース服を着たカットです。
冬は、服の重ね着ファションが出来るから好き。と言っているキョンキョンらしいファッションです。


bomb_82_12003_1_1.jpg [1379 x 2022 - 494KB] 削除

17 Ppyz2eFj2c (18/03/21 23:04)
BOMBの82年12月号の、2〜3ページ目です。
甘党ではなく辛党のキョンキョン。最近では、山椒味の柿ピーが好きで、
数年前のテレビの旅番組で、YOUやマツコ・デラックスに勧めていました。
季節も、ピリッと寒い冬が好きと言っています。
映画「風花」では、ノースリーブで雪の上に寝ていました。
ピリッと寒い冬が好きなキョンキョンの面目躍如です。
石野真子のようなコンサートを開くのが夢であり目標のキョンキョンが、
初コンサートに向かってチェレンジする心構えを語っています。


bomb_82_12004_2s_1.jpg [1493 x 1044 - 488KB] 削除

18 A/a640PqOo (18/03/25 21:27)
「微笑物語」の、156ページ目です。
デビュー当時は食べ物の好き嫌いが多かったキョンキョンですが、その後どんどん克服して行きます。
とんねるずの「食わず嫌い」のコーナーに出演する頃(95年〜)には、
嫌いな食べ物を探すのに苦労していました。いままで4度出演していますが、
嫌いな食べ物は、大トロ・コーヒーゼリー・ラム肉のソテー・サバの味噌煮と、
普通は嫌いな人が少ない食べ物ばかりなので、3勝1分と負けなしでした。
真ん中の浩子お姉ちゃんは、郷ひろみのファンだったので、
ジュリーやショーケンのファンは、上の葉子お姉ちゃんだと思います。


hohoemimonogatari156_1.jpg [1483 x 2199 - 132KB] 削除

19 A/a640PqOo (18/03/25 21:36)
「微笑物語」の、157ページ目です。
高校1年から一人暮らしを始めて、買い物は自分で行っていました。
デビュー当時は買い過ぎたりしていましたが、どんなに忙しくなっても、
自分の買い物は自分でする事を心がけていたので、買い物上手になって行きました。
手相占いは、近代映画ハローの特集号に載っていましたが、
けっこう当たっているので、ビックリしました。


hohoemimonogatari157_1.jpg [1466 x 2199 - 130KB] 削除

20 HGniCCNF4g (18/03/29 21:02)
デラックス近代映画・小泉今日子写真集の、38ページ目です。
日頃の運動不足がたたったのか、かなり疲れている様子のキョンキョンです。
半年後の初ビデオ「Timeless World」でも、「日頃の運動不足がたたって、翌日筋肉痛になった。」
と言っていました。


koizumikyokosyasinsyuu038_1_1.jpg [1633 x 1737 - 491KB] 削除

21 HGniCCNF4g (18/03/29 21:09)
デラックス近代映画・小泉今日子写真集の、39ページ目です。
疲れが取れて、ホッとした様子のキョンキョンです。
首を傾げているのは、「自転車をかっ飛ばただけで疲れるのは、変だな?」と思っているからでしょうか。


koizumikyokosyasinsyuu039_1_1.jpg [1250 x 1815 - 494KB] 削除

22 dliVnTKFsA (18/04/02 22:50)
写真集「わたし今日子」の、74ページ目の上です。
第4時限目は、現代国語。キョンキョン用語大辞典が、2ページに渡って載っています。
「あたまをまるめる」最近ちえみがそうなのだ。と書いてあります。
「わたし今日子」が83年5月10日発行。このサイトのちえみ板に載っている「心の扉」が、
83年4月発行なので、確認しましたが、それほどコロコロになっている感じでもありません。
仲が良いので、こんな表現も出来るのでしょう。
キョンキョンは、あっさりした物が好きなので、てぬきそばも好きなようです。
「フリる」は、デビューからの1年間の自分を振り返って言っているのでしょう。
「ストタル」ラジオだから、ハメを外して、ふざけ暴れていたと思います。
「ずんどる」近年、お母さん役を演る時は、ずんどっても構わないと言っていました。
ただ、ゴムパンだけは際限が無くなるのでダメと言い、タモリと同意見でした。


watasikyoko074_2_1.jpg [1813 x 1526 - 491KB] 削除

23 dliVnTKFsA (18/04/02 23:10)
写真集「わたし今日子」の、74ページ目の下です。
「やくまる」当たり前ですが、司会業に移ってからは、やくまらなくなりました。
お尻が大きいキョンキョンは、デビュー当時は「なで尻」だったようですが、その後引き締まってきました。
「富士ん病」にかかるきっかけとなった富士山は、頂上まで登ったのでしょうか。
下半身が強靭なキョンキョンなら、後輩ののりピーのようなズルはせず、登ったと思いますが。
キョンキョンも含めて、花の82年組6人は、この年みんな「にゃんにゃこまい」だった事でしょう。


watasikyokyo074_3_1.jpg [1807 x 1213 - 369KB] 削除

24 9QuirzpaGA (18/04/06 22:28)
写真集「わたし今日子」の、75ページ目の上です。
「必週火木」パリンコでの踊りの上手さは、伊代→キョンキョン→ちえみの順でした。
 キョンキョンよりも努力家のちえみは、最終回の頃にはキョンキョンぐらいの上手さになりました。
「無銭電話」最近所属事務所から独立したキョンキョン。いままで大いに稼いだので、
 無銭電話ぐらいは、大目に見てもらえるでしょう。
「百円高価」へたっぴだったテレビゲームが、どんどん上手くなりました。仕事よりもテレビゲームに
 努力を惜しまないキョンキョン。その辺の性格が、共感される理由でしょう。
「堀越苦労」に無縁だったキョンキョン。ちえみや伊代の苦しみを見ながら、このままではいけないと思い、
 ドリルを買って自習を始めます。キョンキョンの性格から、堀越に通っていたら、怠けていたでしょう。
「小泉強固」パンダのアンアンでは、仕事をする上で自分が子供扱いされる事に納得出来なくて、
 反抗ばかりしていた頃の、少し固めの気持ちを、「小泉強固」と表していました。


watasikyoko075_2_1.jpg [1806 x 1552 - 451KB] 削除

25 9QuirzpaGA (18/04/06 23:01)
写真集「わたし今日子」の、75ページ目の下です。
当時のコーラは1リットルサイズでも、瓶入りでした。(ビニールで保護されていた。)
1リットルでも足りずおかわりを望むほどのコーラ好きだったので、身体のラインは、出る所は出ていても、コーラの瓶のように引っ込む所は、イマイチ引っ込みが足りない印象です。(キョンキョン御免。)
「いくら努力しても太るのだ。」と言っていますが、24に書いてある「再食主義」なので、
仕方ないでしょう。でも、そんなキョンキョンの性格が、愛される理由でしょう。
サリーちゃん足仲間の、キョンキョンとちえみ。ちなみにDUNKではサリーちゃん足No.1は、ちえみに決定。
地震が起こっても、疲れすぎで熟睡していたキョンキョン。80年代に大地震がなくて良かったです。
元事務所の社長が惚れ込むほどの魅力的な顎なのに、からかう人がいるとは。
そういう輩に限って、大ブレイク後のキョンキョンを、褒めていたかも知れません。


watasikyokyo075_3_1.jpg [1809 x 1216 - 361KB] 削除

26 lpAchCSDmw (18/04/10 20:46)
BOMBの83年6月号には、「あんみつ姫」についての記事が、4ページに渡って載っています。
その1ページ目です。4月にスタートした月曜ドラマランドは、当初単発物と石立鉄男主演のシリーズ物が、
交互に放送されていました。5月23日放送の「あんみつ姫」は、アイドル主演の単発物第一弾で、
好評につき、、「あんみつ姫」の第二弾・第三弾が作られました。
またアイドル主演物が、月曜ドラマランドの主流になっていったのも、
キョンキョン主演の「あんみつ姫」が、好評だったからです。
ちなみに、この第一弾は、キョンキョンの通常ローテーションのシングル「真っ赤な女の子」が
主題歌として使われていますが、第二弾・第三弾は、あんみつ姫名義の「クライマックスご一緒に」を、
主題歌用として、新たに作っています。「クライマックスご一緒に」が、ザ・ベストテンや、
ザ・トップテンにランクインしていた時は、通常ローテーションのシングル「艶姿ナミダ娘」もランクイン
していました。しかし「艶姿ナミダ娘」は歌っても、「クライマックスご一緒に」は、キョンキョンではなく、
あんみつ姫が歌っていると言う理由で、一度も歌いませんでした。


bomb_83_6001_1_1.jpg [1377 x 2060 - 494KB] 削除

27 lpAchCSDmw (18/04/10 21:13)
BOMBの83年6月号の、「あんみつ姫」の記事の2ページ目です。
キョンキョン初主演ドラマである「あとは寝るだけ」は、90年代板の方に
演出家の久世光彦と対談を載せていて、そこに詳しく書いてあるので、興味のある方はどうぞ。
時代劇という意表を突く設定であるにも関わらず、キョンキョンの初期の代表作になり得たのは、
「あのしちめんどくさい時代考証などなんのその。言葉使いもぜーんぶ現代調の、
 ハチャムチャコメディ。」にしたからで、ドラマスタッフが、キョンキョンの個性を引き出しました。
シングル「真っ赤な女の子」とリンクして、大人しいキョンキョンから、明るくて活発なキョンキョンへ、
見事イメージチェンジに成功した作品です。今でもキョンキョンの母親は、娘の代表作と思っています。
ズラ好きなキョンキョンは、ハゲかつら等でコントを演じていましたが、さすがにお姫様のかつらは、
重かったようです。弱音をはかないキョンキョンの替りに、盟友の明菜が、「かつらが重い」と、
キョンキョンが明菜に漏らしていた事を、後に語っていました。


bomb_83_6002_1_1.jpg [1291 x 1934 - 497KB] 削除

28 jc2A.wDlV6 (18/04/14 17:06)
BOMBの83年6月号の、「あんみつ姫」の記事の3ページ目です。
コント赤信号とは、「パリンコ学園No.1」に続いての共演。この後、ザ・ベストテンやザ・トップテンで
キョンキョンが歌っている時にも、バックでコント赤信号が盛り上げ、
笑い上戸のキョンキョンが吹き出して歌えなくなり、「バカヤロー」と言った事もありました。
宅麻伸の役が、根津甚八だったら、緊張して上手く演じられなかったと思います。
キョンキョンは、正統派の美人顔なので、フリフリの衣装で歌う時は、可愛い人気アイドルを量産した
花の82年組の中では、可愛らしさがあまり目立たなかったのでしょう。
「あんみつ姫」のお姫様衣装や、下町娘衣装を着た時、キョンキョンの元気なキャラクターが
全面にでて、それが可愛らしさの源になったと思います。
「今日子くんがあんみつ姫になりきるというんじゃなくて、あんみつ姫のキャラクターを引っ張り込んで
 自分のものにしてしまった。」スターだけに与えられる特権を得たキョンキョンは、
90年代後半まで、この特権を活かしたスター女優として活躍しました。


bomb_83_6003_1_1.jpg [1293 x 1931 - 499KB] 削除

29 jc2A.wDlV6 (18/04/14 17:48)
BOMBの83年6月号の、「あんみつ姫」の記事の4ページ目です。
ストーリーが載っています。束縛される事が嫌いで、自由に動きたいキョンキョンの性格が、
見合い話がイヤでイヤでたまらないあんみつ姫と重なり、好奇心旺盛で、一般人としての生活を
大事にするキョンキョンの性格が、町娘になりすまして、町にフラフラと出かけるあんみつ姫と重なります。
キョンキョンの性格とピッタリ一致した「あんみつ姫」のストーリーが、
キョンキョン人気をブレイクさせる原動力になるとともに、初期の代表作になりました。
日刊アルバイトニュースのCMも載っています。シングル「真っ赤な女の子」から、
キョンキョンのディレクターになる田村ディレクターが、山田邦子のディレクターをしていた頃、
その関係から付き合いのあった糸井重里に、斉藤慶子の後に続く女の子を紹介するよう頼まれ、
今度ディレクターを担当するキョンキョンを推薦したそうです。(「コイズイシングル本」より)


bomb_83_6004_1_1.jpg [1275 x 1908 - 495KB] 削除

30 vst4VPS3Pw (18/04/18 21:37)
「微笑物語」の、158ページ目です。
白い(カラーページから予測)フリフリの衣装を着て、聖子を真似たぶりっ子を演じていた頃の
キョンキョンですが、顔が可愛くて綺麗なので、ぶりっ子って感じがあまりしません。


hohoemimonogatari158_1.jpg [1474 x 2199 - 436KB] 削除

31 vst4VPS3Pw (18/04/18 21:43)
「微笑物語」の、159ページ目です。
この本には、時々ポエムが混じっていて、ポエムの方がぶりっ子って感じがする事が多いですが、
このポエムは珍しく、キョンキョンらしい躍動感があります。


hohoemimonogatari159_1.jpg [1465 x 2199 - 68KB] 削除

32 SwcHR2F9Rs (18/04/22 21:08)
「微笑物語」の、160ページ目です。
キョンキョンの初演技は、NHK大河ドラマ「峠の群像」1回のみのゲスト出演でした。
確か15年ぐらい前の大河ドラマにも、数回出ていました。
(題名忘れましたが、米倉涼子が主演クラスで出ていました。)
来年の大河ドラマにも、脚本のクドカンの要望で出演するようです。(どのくらい出るかは?)
初ドラマで、既にカツラの重さを経験していますが、「あんみつ姫」で更に重いカツラを経験するとは、
思っても見なかったでしょう。顔が小さいので、相対的にカツラが重く感じるのかも知れません。
10年後ぐらいに2時間ドラマ「華岡青洲の妻」に出た時に、あんみつ姫で使ったカツラを付けて見て、
入らなかったので、頭の大きさが成長していると、言っていました。
(周りが上手で)「落ち込んだかって?そこは深く考えないタチのキョンキョンだけあって、
立ち直りが早いんですよね。」この精神が、芸能界で長く続けるコツだと思います。


hohoemimonogatari160_1.jpg [1469 x 2199 - 150KB] 削除

33 SwcHR2F9Rs (18/04/22 21:18)
デラックス近代映画・小泉今日子写真集の、40ページ目です。
自転車をかっ飛ばすより、乗馬の方が楽なのか、満面のキョンキョンスマイルを浮かべています。
本当は、好奇心旺盛なキョンキョンが、新鮮な気持ちで初乗馬を楽しんでいるのでしょう。


koizumikyokosyasinsyuu040_1_1.jpg [1233 x 1778 - 489KB] 削除

34 6R86AcccnM (18/04/23 08:28) [sage]
能書きイラネ
写真もカスみたいなもんだ

35 35O0GLQKJI (18/04/26 22:04)
「微笑物語」の、161ページ目です。
デビュー当時のキョンキョンの普段着ファッションは、シャツに半ズボン。
男の子のようなファッションなのは、子供の頃、両親から男の子が着る服装ばかりさせられた影響でしょうか。
ステージ衣装が、女の子っぽかったので、その反動もあるかも知れません。
20歳を過ぎてからは、スカート派に変わったようです。(パンダのアンアンより)


hohoemimonogatari161_1.jpg [1470 x 2199 - 114KB] 削除

36 35O0GLQKJI (18/04/26 22:16)
「微笑物語」の、162ページ目です。
高い洋服は買わないキョンキョン。この頃は、安い洋服を衝動買いで沢山買っていたようです。
大人になってからは、衝動買いをしなくなり、逆に洋服を買う時でも、
優柔不断で、なかなか決められないと言っていました。
(オーダーした服の中から、1番を決める深夜番組に出演した時。)


hohoemimonogatari162_1.jpg [1470 x 2199 - 127KB] 削除

37 5vlcS9qCvk (18/04/30 20:32)
デラックス近代映画・小泉今日子写真集の、41ページ目です。
乗馬より、馬が草を食べているところを眺めている方が、興味深そうなキョンキョンです。


koizumikyokosyasinsyuu041_1_1.jpg [1511 x 1464 - 500KB] 削除

38 5vlcS9qCvk (18/04/30 20:37)
デラックス近代映画・小泉今日子写真集の、42〜43ページ目です。
写真集の流れから、馬から落ちた時のカットかなと一瞬思いましたが、
着ている服が違うので、そうではないです。


koizumikyokosyasinsyuu042_2s_1.jpg [1199 x 777 - 477KB] 削除

39 daZPbEOja6 (18/05/05 22:24)
写真集「わたし今日子」の、76ページ目の上です。昼休みと題して、噂話等を載せています。
今日子評では、当時の美人の代表である松坂慶子に似てるのは、言い過ぎだとの事ですが、
15年後の映画「虹をつかむ男・南国奮闘篇」では、松坂慶子がすでに太っていたので、
キョンキョンの方が美人でした。聖子ちゃんカットとショートカットは、賛否両輪載せています。
タクシー運転手の話は、本当っぽいですね。同じ82年デビューで、キャンキャンっていう
アイドルグループがいたので、名前を混同しているかも知れません。
おもしろニュースでは、大沢逸美ちゃんと東山君って、顔がまるでうりふたご。には笑えます。
笑い上戸のキョンキョンには、踊りの先生のリズムの取り方の方が、笑えるのでしょう。
「春風の誘惑」のイントロがロシア民謡っぽいのは、当時のビクターのディレクターが、
ボニーMの「怪僧ラスプーチン」を意識して作ったからです。


watasikyoko076_2_1.jpg [1714 x 1380 - 499KB] 削除

40 daZPbEOja6 (18/05/05 22:47)
写真集「わたし今日子」の、76ページ目の下です。
グチ話で載せている、いたずら電話については、パンダのアンアンでもグチっていました。
でもこの頃は、まだ大人しいイメージのキョンキョンだったので、
1オクターブ高い迫力ある声に、相手がビビったのは間違いないでしょう。
アイドル同士の会話では、1歳年下のちえみを、嘘のヌード話でからかっています。
仕事に対して真面目な性格のちえみは、泣きベソをかくほどキョンキョンの事を心配している事が分かります。
キョンキョンも、ちえみが大好きで信頼しているから、嘘でからかう事が出来るのでしょう。
伊代ちゃんのパンストは細すぎて、たくましいキョンキョンの脚には入らないのは明白です。
強引に履くと、またデンンセンしそうです。


watasikyoko076_3_1.jpg [1730 x 1083 - 371KB] 削除

41 jRwHeS7lNk (18/05/10 21:49)
BOMBの84年2月号から、「あんみつ姫PART3」の記事です。
PART3が放送されたのは1月9日ですが、この放送に合わせて1月1日に、
あんみつ姫名義のシングル「クライマックスご一緒に」が、リリースされました。
小泉今日子名義の7thシングル「艶姿ナミダ娘」は、前年11月1日リリースで、
しばらくの間、ザ・ベストテンやザ・トップテンに、この2曲が同時ランクインしていたので、
如何に「艶姿ナミダ娘」がロングヒットしていたかが分かります。
キョンキョンは歌いませんでしたが、「クライマックスご一緒に」との相乗効果もあったのでしょう。


bomb_84_2009_1.jpg [1195 x 1033 - 269KB] 削除

42 jRwHeS7lNk (18/05/10 22:08)
BOMBの84年8月号から、スターご近所情報のコーナーです。
バースディパーティは、19歳までしか行っていないので、ファンにとっては貴重なパーティーでした。
20歳になる時、誕生日プレゼントに何が欲しい?と事務の人に聞かれ、
休みが欲しいと答えたキョンキョン。それ以来、誕生日を休日にしてもらい、
アイドルとしてのキョンキョンを俯瞰で眺めている小泉今日子が、アイドル・キョンキョンの
心や体の痛みを分かち合い、自らプレゼントを贈って祝う日になりました。(パンダのアンアンより)


bomb_84_8001_1.jpg [1592 x 734 - 283KB] 削除

43 crD3cdBVRg (18/05/15 23:35)
「微笑物語」の、163ページ目です。

hohoemimonogatari163_1.jpg [1468 x 2199 - 70KB] 削除

44 crD3cdBVRg (18/05/15 23:39)
「微笑物語」の、164ページ目です。
ここからは、白黒の写真が17枚続きます。


hohoemimonogatari164_1.jpg [1482 x 2199 - 407KB] 削除

45 sWvX/UEq3w (18/05/17 23:03)
デラックス近代映画・小泉今日子写真集の、44ページ目です。
雲や湖、湖辺に広がっているタンポポのある草むら等の大自然の中にいるキョンキョン。
地元の厚木では、子供の頃、自然の中で育ったと語っているので、
子供の頃に戻った心境になっているのかも知れません。


koizumikyokosyasinsyuu044_1_1.jpg [1256 x 1688 - 464KB] 削除

46 vKn7y/4Q22 (18/05/20 16:37)
デラックス近代映画・小泉今日子写真集の、45ページ目です。
44ページ目と繋がる風景です。
文章では、「おいてきぼりは くいたくない」と書いてありますが、
その後のキョンキョンは、ファンの一歩先を行くイメージがあり、
キョンキョンが次に何をしてくれるかが、楽しみでした。


koizumikyokosyasinsyuu045_1_1.jpg [1245 x 1691 - 487KB] 削除

47 3R1lHdgvIw (18/05/23 22:43)
写真集「わたし今日子」の、77ページ目です。
大きく腕を上げて、猿腕を見せているキョンキョンの左には、保健の時間と称して、
キョンキョンの体や健康状態が書いてあります。
中3で成長が止まった身長は、155cmでもサバで、実際は153cmである事を、後に告白しています。
体重43キロは、身長153cmなら、本人も言っているように、ちょうどいいぐらいです。
胸囲83cmは、身長160cmぐらいなら人並みですが、153cmでは大きい方です。
胴回り58cmは、標準体型アイドルのお約束の値。でも、身長153cmなら本当かも知れません。
ねこっ毛の髪は、伸びるのが早いので、髪型七変化のキョンキョンにとって、大事です。
視力を良かったので、老眼になるのも早かったそうです。
のど、つおいと言っているように、枯れた声はほとんど聞いた事がありません。
涙が出るような安産型のお尻は、映画女優として大成するそうです。もうひと花咲かせて欲しいです。
ふとい!!と言っているたくましい脚のおかげで、よく歩いて、長い間健康を維持していると思います。


watasikyoko077_5_1.jpg [1063 x 1527 - 482KB] 削除

48 3R1lHdgvIw (18/05/23 23:17)
(47の続き)細い指は芸術家タイプで、芸能界でも裏方に興味があるキョンキョンの嗜好を反映しています。
「短期だし、瞬間爆発タイプだし。」と言っていますが、24歳頃から、滅多に怒らなくなったそうです。
その代わり、ごく希に怒っても声のトーンが変わらないので、返って怖く、恐れられていたそうです。
右には体育の時間と称して、キョンキョンの運動能力が書いてあります。
体育の成績が悪いのは、走ると笑いが止まらなくなる持病(本人が言っている)がある事と、
お尻が重いからかも知れません。他に、体が硬い事とリズム感が悪い事も影響しているのでしょう。
45キロのブラウン管テレビを持ち上げた、力自慢のキョンキョンは、握力もつおい。
もしスケバン刑事を演じていれば、本物の林檎を握り潰していたりして。(冗談です)
女の子で腕立て伏せ20回は、かなりの腕力ですが、お尻の重さには敵わなく、けんすいは無理でした。

画像は、「微笑物語」の、165ページ目です。


hohoemimonogatari165_1.jpg [1471 x 2199 - 427KB] 削除

49 YWsdPg6qDY (18/05/27 21:47)
(47の更に続き)
ちえみや伊代には余裕で勝てると思われる腕相撲。70年代には、芸能人運動会で腕相撲がありました。
山口百恵に勝って優勝したキャンディーズのスーちゃんといい勝負をしたかも知れません。
肺活量はけっこうあるんじゃないかな。と言っている通り、91年まで毎年続けたコンサートツアーで、
徐々に歌が上手くなって行き、後半は声量(声が伸びる)も豊かになって行きました。
しかし顎が小さい顔の宿命か、顎関節症になって、コンサートツアーが出来なくなり、
女優としての仕事が増えて行くにつれて、歌う機会が減ってしまったのは、残念です。
大きな声を出す事が苦手なキョンキョンは、些細なことで笑ってしまう性格もあって、
97年まで舞台劇に出ませんでした。今では、舞台で鍛えられて、大きな声が出るようになりました。
いずれも、肺活量がけっこうあった事を証明しています。
ソフトボールでの、「ヤジリの今日子」は、是非聞いてみたいものです。
クドカン作品での台回しは、「ヤジリの今日子」の時の気持ちを思い出していたのかも知れません。

画像は、「微笑物語」の、166ページ目です。


hohoemimonogatari166_1.jpg [1482 x 2199 - 431KB] 削除

50 YWsdPg6qDY (18/05/27 22:25)
写真集「わたし今日子」の、78ページ目の上です。
心理学の時限と称して、心理テストや占いが載っています。
この模様を使った心理テストは、8年後のテレビ番組「それ行けココロジー」に出演した時も、
似たようなテストを行っていました。人気アイドルに上り始めたこの写真集の頃と、
誰もが認める人気No.1の国民的アイドルとなった8年後で、回答結果がほぼ同じというのは、
人気に溺れて性格が変わって行くアイドルが多い中、驚くべき事です。
世間の評価に一喜一憂されない、確固たる自分を持っているからこそ、可能な事です。
自分という項目の、「他人の前では陽気なおどけもの。だけど本当は、人一倍、感受性の強いさみしがりや。」
これが本当のキョンキョンでしょう。ただ一つ違う項目は、仕事という項目です。
ここでは日常の一部とだけ書いてありますが、8年後の回答結果は、「怖いもの」に変わっています。
80年代後半、キョンキョンが勧める本がベストセラーになった頃、自由奔放な発言に対する
世間への影響力が大きい事を感じた彼女は、「責任感を養われたと思う。」と発言しています。


watasikyoko078_2_1.jpg [1781 x 1130 - 377KB] 削除

51 2EF2ALgM/c (18/05/31 23:06)
写真集「わたし今日子」の、78ページ目の下です。
2番目の心理テストでは、破天荒で元気一杯なキョンキョンを、もっとアピールしたいと、
考えている時期なのが分かります。この写真集は、83年5月10日発行なので、
「真っ赤な女の子」のリリースの5日後です。
知性豊かでシャープな男性が好みなのは、前夫の永瀬正敏を見ても分かります。
得意なゲームも、キョンキョンは瞬発力を発揮するゲームが得意で、
永瀬正敏は、理論的に考えるゲームが得意だったと言っています。
3番目の心理テストでは、アイドルの仕事にとって、今が大事な時期である事が、分かっているようです。
4番目の心理テストから、今までキョンキョンと噂になった芸能人(前夫を含む)が、
みんなお金や地位には関係なく、愛情や顔で選んでいる事が、なんとなく分かってきます。
キョンキョン本人は、サル顔がタイプだと言っています。


watasikyoko078_3_1.jpg [1785 x 1402 - 497KB] 削除

52 2EF2ALgM/c (18/05/31 23:55)
写真集「わたし今日子」の、79ページ目の上です。
姓名判断の人運では、「粘り強さに欠ける」と書いてあります。この頃からレコーディング・ディレクターに
なった田村充義も、努力の人ではないと言っています。
総運では、「能力は多才だが、認められるのに少し時間がかかる。」
女優や文筆業に優れている事が認められたのは、90年代後半に入ってからです。
星占いに書いてある「とぎすまされた知性と、未知なる物に対する前向きな精神」
キョンキョンのイメージにピッタリです。「それが強烈すぎて言葉や態度が攻撃的になることがあります。」
80年代の過激キョンキョンのイメージです。
血液型の0型は太っ腹で、おおらかで明るいのが特徴。これもキョンキョンのイメージにピッタリです。


watasikyoko079_2_1.jpg [1727 x 1248 - 491KB] 削除

53 0pz7ybTEeg (18/06/04 22:59)
写真集「わたし今日子」の、79ページ目の下です。
カタカナばかりのコンピュター占いは、昔の夜ヒットのコンピュター相性診断のようで、読みにくいです。
総合の相性度は、少年隊のニッキとカッちゃんで59%。パリンコで仲良くなったのかな?
根津甚八命と中学時代に書いていた根津さんが、56%でそれに続いています。
ファンだったトシちゃんは27%しかなく、マッチの51%の方が相性がいいので、
後にマッチと明菜の仲を取り繕う伝言役になったのかも知れません。


watasikyoko079_3_1.jpg [1718 x 1327 - 460KB] 削除

54 0pz7ybTEeg (18/06/04 23:30)
白黒や二色刷りが続いたので、カラー画像を。
89年9月20日発行の、近代映画のムック本「女神の肖像」からのカットです。
デラックス近代映画・小泉今日子写真集の16〜17ページにも似たカットが載っていますが、
写真集の方はキョンキョンスマイル全開で、こちらは唇を噛み締めています。
「ガッチリ、健康なボディは天才的。」
47からも分かるように、キョンキョンのボディは頑丈なので、
人気アイドルとしての過酷なスケジュールに、長い間耐えられたと思います。
ほとんどの人気アイドルは、怪我や病気で入院していましたが、
アイドル時代にキョンキョンが入院したという話は聞いた事がありません。
入院は、元気印のキョンキョンには似合いません。入院しなくていいように、
コンディション作りをしていたキョンキョンは、まさしくアイドルのプロでした。


megaminosyouzou001_1.jpg [1697 x 928 - 222KB] 削除

55 XfLPHdWAKw (18/06/08 23:43)
BOMBの84年10月号から、ビデオ「TIMELESS WORLD」の紹介ページです。
DUNKではカラーグラビアで紹介されていましたが、
こちらは白黒の記事で、5ページに渡って載っています。


bomb_84_10001_1_1_1.jpg [1542 x 2225 - 498KB] 削除

56 YbCKVNrpBw (18/06/09 00:00)
BOMBの84年10月号から、ビデオ「TIMELESS WORLD」の2ページ目です。
「迷宮のアンドローラ」が流れるロケっトのシーンでは、ビデオのメイキング部分でも、
ロケットの隙間から入り込む水で、ビショビショになるだけでなく、
ロケットにかかる水の音も物凄かったと語っています。
英語がわからなくても、フレンドリーなキョンキョンは、ちびっこギャング役の外人の子供達と、
すぐに仲良くなりました。常識では1日1シーンづつ撮るそうですが、
超過密スケジュールのキョンキョンなので、1日2シーンづつ撮っていたそうです。
さすがに待ち時間では、眠そうにアクビをするキョンキョンも、メイクングに写っていました。


bomb_84_10002_1_1.jpg [1353 x 1961 - 496KB] 削除

57 ulBNBwxhxo (18/06/12 22:59)
BOMBの84年10月号から、ビデオ「TIMELESS WORLD」の3ページ目です。
動物の国では、象との共演です。スローペースの「哀愁ボーイ」に合わせて、
キョンキョンもゆっくりした動きです。象といえば、ザ・ベストテンで「夜明けのMEW」を歌う時に、
象の前で歌った回が、名場面集で使われていた記憶があります。
ミクロの国では、目まぐるしい動きにスタッフが全員グッタリ。35mmのフィルム撮影を、
通常の半分のスケジュールで撮るのだから、それも当然でしょう。
「若いキョンキョン以外は」と書いていますが、メイクングではキョンキョンが、
「日頃の運動不足がたたって、翌日筋肉痛になった。」と告白しています。


bomb_84_10003_1_1.jpg [1389 x 2006 - 492KB] 削除

58 tZ/YpKTUQk (18/06/16 22:23)
BOMBの84年10月号から、ビデオ「TIMELESS WORLD」の4ページ目です。
機械の国ではダンスシーンがカットされ、「私のダンスってそんなに信用されてないの?」と
言っているのが、面白いです。メイキングシーンでは、
待ち時間にダンスの練習をしているキョンキョンが、ちゃんと写っています。
天使の国では、キョンキョンが美容師の前になりたかった職業である保母さんになったつもりで、
外人の子供達をあやしている姿が、良かったです。もちろんメイキングシーンでも写っています。


bomb_84_10004_1_1_1.jpg [1421 x 2058 - 500KB] 削除

59 yNweNRWkRU (18/06/18 22:28)
BOMBの84年10月号から、ビデオ「TIMELESS WORLD」の5ページ目です。
天然色(テクニカラー)のロケットを軽快に歌い踊るキョンキョン。
機械の国でダンスシーンがカットされたのは、最後のユートピアで、
キョンキョンの歌い踊る姿がたっぷり見れるからでしょう。
アルバム「Betty」から使用された5曲の中で、私はこの曲が一番好きです。
コーンアイスを食べているキョンキョンの姿は、メイキングにも写っていて、
「何で美味しそうに食べないんだろう。」と言っています。
牛乳が苦手なキョンキョンは、アイスクリームも苦手だったのかも知れません。


bomb_84_10005_1_1_1.jpg [1389 x 2003 - 496KB] 削除

60 yNweNRWkRU (18/06/18 22:54)
ムック本「ザ・ベストテン2004」から、シングル「迷宮のアンドローラ」の歌唱シーンです。
「TIMELESS WORLD」の冒頭にも使われた曲なので、ここに貼ります。
オリコンでは、前作「渚のはいから人魚」で初の1位を取りましたが、
ザ・ベストテンでは、この曲で念願の1位を初めて取りました。
ちなみにこの曲は、80年代のキョンキョンのシングルで、最も売れた曲です。
私も、80年代のキョンキョンのシングルでは、この曲が一番好きです。
キョンキョン自身も、やっと理想の曲に巡り会えたと言っています。


thebestten2004001_1.jpg [1578 x 1299 - 354KB] 削除


[閉じる ] 出会いのラビコミュ
| しゃんばら[HOME] > 80年代画像掲示板 | 結婚紹介所でもない。既存の出会いサイトでもない。新しい恋愛サイト誕生!

返信最大数に達しました(これ以上返信できません)
無修正動画最強サイト「カリビアンコム」続々新作追加
2 INntjApSoQ (18/02/04 14:54) [sage]
昭和59年の秋〜冬に、写真屋さんに貼られていたFUJI FILM?の大きなポスター。
小泉今日子がシャツの前のほうの裾を引っ張って、胸のふくらみが少し表現されていたような感じだった気がする。(まだ幼少の頃で記憶が定かでない)
そんな画像、どなたかお持ちではありませんか?。

優良Hサイト
カリビアンコム
連日更新中。流出したあの人気ギャルの秘部もバッチリ。企画モノ新作楽しい!
★★★★★

エッチな4610
エッチでいやらしい素人を毎日ハメ撮り。シンプルなサイト構成で見やすい。
★★★★★

エッチな0930
夫じゃ満足できない妖艶奥様達の性欲大解放
★★★★★

プラウディア
ポロリパンチラ胸ちらアイドルのお宝動画がザクザク
★★★★★

エキゾチカ
素人インディーズ系、盗撮充実。お宝もあり
★★★★★

天然むすめ
素人にこだわり撮れたてほやほやのオリジナル
★★★★★

一本道
激レア裏ビデオ一本を丸ごとダウンロード
★★★★★

セックスマシーン
人気女優と楽しい企画。お試し期間もあり
★★★★★

盗撮マーシー
更衣室着替え、女湯、パンチラ、トイレ、のぞき放題
★★★★★

エンジェルライブ
綺麗なお姉さんおっぱいと可愛い系パンチラ
★★★★★

DXライブ
貴方の操作でバイブが唸り、女の子が悶えるネットリモコン機能搭載
★★★★★

EXショット
あなただけに限界サービス。大人のライブチャット
★★★★★

SOD(ソフトオンデマンド)
説明不要の人気企画単体作品勢揃い。月額定額がお得
★★★★★

地下10F
フェチ向けダウンロードサイト。濃いです
★★★★★

DUGA(デュガ)
コス、盗撮、Jrアイドル、熟女、M男他多彩
★★★★★