石川秀美 2@80年代画像掲示板
| しゃんばら[HOME] > 80年代画像掲示板 | 閉じる | 怒涛の大量書込み! 掲示板タイプの無料コミュニティサイト
石川秀美 2 (60) 見た人の数 → 8158

1 eGxMc6IwPA (18/02/04 13:32)
花の82年組

前スレ
//002.shanbara.jp/80s/html/849-22/


hidemi_ishikawa07.jpg [980 x 1400 - 225KB] 削除

2 OmuZqKCjOA (18/02/13 23:48)


hidemi_ishikawa08.jpg [980 x 1400 - 216KB] 削除

3 nld.3IaR4Y (18/02/16 21:26)
>>1,2
新スレ立てと、オリジナルスキャン、ありがとうございます。
スレ画には、得意のバスケットボールを太ももに乗せている、秀美にピッタリの写真を選んでくれました。

画像は、BOMBの82年6月号の、2ページ目です。
もうすぐ16歳になるとは思えないほど、幼さが残る笑顔が、赤と黄色の服やバッグで強調されています。


bomb_82_6002_1_1_2.jpg [1505 x 2208 - 498KB] 削除

4 BJNquXUYac (18/02/20 21:49)
BOMBの82年8月号の、14ページ目です。
@の中1の時の写真は、次ページに載っている中3の時より、大人っぽくみえますが、
顔が痩せているためと、澄ました表情をしているからでしょう。


bomb_82_8014_1_1.jpg [1358 x 1932 - 495KB] 削除

5 BJNquXUYac (18/02/20 22:22)
BOMBの82年8月号の、15ページ目です。
バスケットボールに明け暮れた中学時代。県大会3位に入る強豪チームでした。
部活の顧問のコメントでは、ひとりでドリブルでぬいて行く、特攻隊って感じと言っています。
秀美は、バスケの選手のわりには身長があまり高い方ではありませんが、跳躍力が抜群なので、
活躍出来たのでしょう。あの魅力的な太ももは、抜群の跳躍力で鍛えたから生まれたと思います。
「スター誕生」は、テレビ予選で落ちると知られてしまうので、他のオーディション出身者が、
80年代は増えていったのかも知れません。大手芸能プロが主催するオーディションの場合、
その先輩アイドルの歌を歌うのが普通ですが、秀美は違いました。浅田美代子だと歌が下手だと思われ、
岩崎宏美のような歌唱力は無いからでしょう。河合奈保子だと、あまりにも狙いすぎな感じです。
結局、違う事務所の桜田淳子の歌を選びました。後に、スーパージョッキーに出演した時、
桜田淳子さんに似ていると、そのまんま東が言っていたので、桜田淳子の歌で正解だったのでしょう。


bomb_82_8015_1_1.jpg [1249 x 1798 - 498KB] 削除

6 CnMaW4Sau. (18/02/26 21:44)
BOMBの82年8月号の、16ページ目です。
予選会では、アガってガタガタになっても通過し、決戦大会では秀樹の強い推薦があって優勝した秀美。
よほど強運の持ち主だったのでしょう。スポーツマンの秀樹が、スポーツの得意な秀美と、
共通したものを感じたのかも知れません。肌で感じるものがあったとは、その事でしょう。
優勝した後、母に対して言った秀美の言葉。
「お母さん、反対しても私は絶対にやるよ。」
「お父さんが生きていたら、こういう事はやらなかったかも知れない。」
しつけに厳しかった父が、自立心をつけさせるため、幼稚園の時に姉と二人で新幹線に乗って、
木更津まで行かせた事。その自立心が、秀美をアイドルの道に向かわせました。


bomb_82_8016_1_1.jpg [1248 x 1786 - 487KB] 削除

7 CnMaW4Sau. (18/02/26 22:14)
BOMBの82年8月号の、17ページ目です。
文集の方は、字が小さいので、拡大しても読めない部分が多かったです。
座談会では、友人たちが、大人っぽい秀美や、家庭科が得意な秀美、頑張り屋で負けず嫌いな秀美、
悲しい事や苦しい事を表に出さない秀美について、語っています。
アイドルとして厳しい競争を勝ち抜き、結婚してからは、家庭を守る主婦に専念している秀美が、
デビュー前から培われていた事が、これらの証言から、伝わってきます。
秀美の額の下のキズは、鉄棒をしている時、友達の歯が秀美の顔に当たって切れたとの事。
友だちの母が、「あんなとこにキズつけちゃって、もし秀美ちゃんがテレビに出るようになったら
どうするの。」と言っていたとは。預言者みたいな母親です。


bomb_82_8017_1_1.jpg [1268 x 1826 - 499KB] 削除

8 .Vg6yFMf06 (18/03/02 22:22)
BOMBの82年8月号の、18ページ目です。
2ndシングル「ゆれて湘南」のレコーディングの模様が載っています。
この曲は、秀美のアイドルとしてのイメージを確立した曲で、名曲だと思います。
デビューしてからの2年間を、秀美のアイドル時代第一期とすれば、その中では一番好きな曲です。
文章からは、如何に緊張を和らげて行くかが、新人アイドルのレコーディングのコツだと分かります。
「考えて見ると、歌手というのもつらい仕事です。なにしろ、この中はまるっきりひとりだけ。
 誰も手を貸してはくれない。」
レコーディング・ブースの中の孤独から、作品を作り上げる楽しさを見いだせるようになれば、
アイドル歌手として、飛躍出来るようになるのでしょう。



bomb_82_8018_1_1.jpg [1328 x 1909 - 496KB] 削除

9 .Vg6yFMf06 (18/03/02 23:05)
BOMBの82年8月号の、19ページ目です。
松田聖子の初期3作を作曲した事で有名になった小田裕一郎は、秀美の初期4作を始め、
節目で秀美の曲を作っていますが、この雑誌で初めて顔を見ました。
「ゆれて湘南」は、アイドルという事を意識しないで、質の高い曲として作ったと、言っています。
他のアイドルとは違う、秀美の硬派っぽい雰囲気が、名曲「ゆれて湘南」を生み出したのでしょう。
作詞の松本隆は、内に秘めたカゲリと言っていますが、私は内に秘めた情熱のように感じます。
ディレクターが言っている、ちょっと人見知りしそうな、おとなしい女の子という印象の中に、
内に秘めた情熱が隠れていて、名曲「ゆれて湘南」で開花したと思います。


bomb_82_8019_1_1.jpg [1242 x 1785 - 487KB] 削除

10 EBpa2uhvg6 (18/03/07 18:44)
モノクロが続いたので、カラーグラビアを。
BOMBの82年6月号の、3ページ目の上です。
水を飲んで一休みする、スポーツ少女・秀美です。


bomb_82_6003_1.jpg [1669 x 1211 - 381KB] 削除

11 EBpa2uhvg6 (18/03/07 18:47)
BOMBの82年6月号の、3ページ目の下です。
こちらは、草原に腰を下ろして一休みしている秀美です。


bomb_82_6003_2.jpg [1673 x 1230 - 418KB] 削除

12 zZ7Nbv61Hs (18/03/11 21:06)
BOMBの82年8月号に戻って、20ページ目〜21ページ目の右です。
スポーツギャル・秀美が本領を発揮した、たったひとりの秀美五輪が4ページに渡って載っています。
室外編では、まず中学3年の時、クラスで一番速かった50m走に挑戦。
バスケットボールでは、ひとりでドリブルでぬいて行くのに、この短距離走の速さが役立ったのでしょう。
走り幅跳びで、思わず着地に失敗したのは、最近身体を動かしていないブランクのせいでしょうか。
走り高飛びでは、1m40cmを余裕でクリアしているのが分かります。
この抜群のジャンプ力が、バスケットボールで役立ち、魅力的な太ももを作ったと思います。


bomb_82_8020_3s_1.jpg [1326 x 1267 - 489KB] 削除

13 zZ7Nbv61Hs (18/03/11 21:13)
BOMBの82年8月号に戻って、21ページ目の左です。
抜群のジャンプ力は、ハードルでも役立っている事が分かります。
陸上部にいた事があるBOMBの記者も絶賛する、キレイなフォームです。


bomb_82_8021_2s_1.jpg [1280 x 2119 - 479KB] 削除

14 Ks2o6OcWZ. (18/03/15 21:13)
BOMBの82年8月号の、22ページ目です。
室内編でも4科目に挑戦。初挑戦のトランポリンも、気持ちよさそうにジャンプする秀美。
運動神経の良さが分かります。経験した事のない種目をリクエストしたのは、好奇心からでしょう。
縄跳びは、ジャンプ力のある秀美としては、平凡な出来栄えです。
縄跳びには、ジャンプ力はあまり関係がないのかも知れません。
得意のバスケのボールさばきも披露したそうです。取材の合間なので写真が載っていないのが残念です。


bomb_82_8022_1_1.jpg [1305 x 1860 - 494KB] 削除

15 Ks2o6OcWZ. (18/03/15 21:27)
BOMBの82年8月号の、23ページ目です。
ジャンプ力のある秀美が、跳び箱がニガ手というのは意外です。
ハードルと違い、高く跳ぶだけでなく、前に向かって距離を跳ぶ必要もあるからでしょうか。
途中下車した姿も、しっかり載っています。
最後は平均台。脚の形が綺麗ですね。バスケで、ひとりでドリブルでぬいて行けるのは、
ボールさばきの良さ以外に、平衡感覚の良さも関係あるかも知れません。


bomb_82_8023_1_1.jpg [1312 x 1885 - 499KB] 削除

16 RH93mBJl8. (18/03/20 22:54)
カラーグラビアを。BOMBの82年6月号の、4ページ目です。
赤と黄色の色鮮やかな服を着て、ローラースケートを履いている秀美。
ヤル気満々という感じです。


bomb_82_6004_1_1.jpg [1421 x 2073 - 496KB] 削除

17 kYcTzxUWts (18/03/24 17:55)
BOMBの82年8月号に戻って、24ページ目です。
芸能界を引退した後は、専業主婦に徹している秀美の家庭的な性格は、
料理が得意な事からも分かります。
小学校4年の時、父親を亡くし、母親だけの手で育てられたので、
母親の手伝いをしている内に、料理が上手くなったのでしょう。


bomb_82_8024_1_1.jpg [1344 x 1937 - 496KB] 削除

18 kYcTzxUWts (18/03/24 18:04)
BOMBの82年8月号の、25ページ目です。
七種類の具を入れた特大ハンバーグ、あんこ入りプリンと、料理のメニューも独創的です。
2006年頃に、キューティーマミーが「うたばん」に出た時、
三人のお弁当の出来を比べる企画があり、優>ちえみ>伊代の順でした。
優のお弁当は、子供が喜びそうな独創的なお弁当だったので、
秀美と仲の良かった早見優は、秀美に料理を教えてもらっていたのかも知れません。


bomb_82_8025_1_1.jpg [1344 x 1909 - 496KB] 削除

19 fB.E2oGhrc (18/03/28 18:26)
カラーグラビアを。BOMBの82年12月号の、3ページ目です。
雑誌を入手した時、1〜2ページ目が切り取られていました。
モノローグで、ブリザードについて書いてあるのは、
3rdシングル「哀しみのブリザード」を歌っている頃だからでしょう。
この曲も好きな曲の1曲です。
2nd「ゆれて湘南」〜3rd「哀しみのブリザード」〜4th「涙のペーパームーン」と、
出来の良い曲が続き、秀美が曲の良さに負けまいと一生懸命歌う姿が、ファンを増やし、
5thシングル「Hey!ミスター・ポリスマン」でのブレイクに繋がったのでしょう。


bomb_82_12003_1_1_1.jpg [1403 x 2016 - 490KB] 削除

20 fB.E2oGhrc (18/03/28 18:36)
BOMBの82年12月号の、4ページ目です。
左下には、秀美がブレイクしそうな感じを予感させる文章が書いてあります。
秀美は、この頃のアイドルには珍しく、ライブ・アルバムを3枚もリリースしています。
ライブ・ビデオに徐々に替わって行く移行期、出来るだけ生の秀美の歌手としての成長を、
伝えたかったのだと思います。


bomb_82_12004_1_1.jpg [1441 x 2069 - 496KB] 削除

21 Cc9rXoyjE6 (18/04/01 22:00)
BOMBの82年8月号に戻って、26ページ目です。
古風な町・倉敷に来た現代っ子の秀美の写真・レポートが、4ページに渡って載っています。
初めて?乗った人力車を楽しむ様子が伝わって来るレポートです。


bomb_82_8026_1_1.jpg [1280 x 1838 - 496KB] 削除

22 Cc9rXoyjE6 (18/04/01 22:08)
BOMBの82年8月号に戻って、27ページ目です。
やっぱり、人力車が一番楽しそうです。

このレポートや、12〜15のページは写真がメインなので、カラーグラビアにして欲しかったですが、
当時のアイドル雑誌は、カラーグラビアのページが少なかったです。
多分、コストの問題なのでしょう。DUNKが創刊された84年中旬頃から、
カラーグラビアが多いアイドル雑誌が増えていった印象です。


bomb_82_8027_1_1.jpg [1311 x 1884 - 492KB] 削除

23 remfWJatdI (18/04/05 22:29)
BOMBの82年8月号の、28ページ目です。
デビュー当時の秀美に、修学旅行で会った高校生達は、ラッキーでした。
「えっ?背中にサインしちゃってもいいんですか。」と言う謙虚な秀美が、
背中にバッチリサインしている様子が、載っています。


bomb_82_8028_1_1.jpg [1317 x 1888 - 495KB] 削除

24 remfWJatdI (18/04/05 22:41)
BOMBの82年8月号の、29ページ目です。
前ページで、「とってもおいしかった。」と書いてある、
氷イチゴを食べている、可愛いカットが載っています。

デビュー間もないアイドルは、素顔が見れるこういうカットをカラーグラビアに使った方が、
そのアイドルのキャラが伝わりやすくていいと思います。
しかしカラーグラビアは、ロケ地やセット、撮影などを綿密に決めて撮っている感じです。
送り手側の、出来るだけ綺麗なカットを伝えたいという意図なのでしょう。


bomb_82_8029_1_1.jpg [1421 x 2051 - 497KB] 削除

25 Scto0ealTA (18/04/09 22:26)
カラーグラビアを。BOMBの83年5月号の、1ページ目です。
5枚目の大ヒットシングル「Hey!ミスター・ポリスマン」をリリースし、
上昇気流に載っている頃の秀美が、夏を先取りして、グァムロケしたグラビアです。



bomb_83_5001_1_1_1.jpg [1460 x 2177 - 491KB] 削除

26 Scto0ealTA (18/04/09 22:31)
BOMBの83年5月号の、2ページ目です。
夏と海が似合う秀美が、太陽の光を一杯に浴びて、気持ちよさそうにグァムの海に入っています。


bomb_83_5002_1_1_1.jpg [1491 x 2235 - 493KB] 削除

27 hx5IInzhLI (18/04/13 21:47)
BOMBの83年5月号の、3ページ目です。
黄色・青・赤・緑と、原色の派手な色のタンクトップが似合う秀美。
褐色に焼けた肌が、タンクトップにマッチしていて、キュートです。
でも、日焼けしすぎて肌が少し荒れたそうです。
バスケットボールは室内競技なので、日焼けには慣れていなかったのかも知れません。


bomb_83_5003_1_1.jpg [1491 x 2224 - 492KB] 削除

28 hx5IInzhLI (18/04/13 21:50)
BOMBの83年5月号の、4ページ目です。
斜め下から全身を撮っていて、秀美の魅力的な太ももを強調しています。


bomb_83_5004_1_1.jpg [1184 x 1770 - 488KB] 削除

29 vst4VPS3Pw (18/04/18 00:16)
BOMBの82年8月号に戻って、30ページ目です。(Q&Aその1)
デビュー曲の発売日が同じで、同い年の早見優とは、ずっと仲が良かったです。
トイレにも一緒に行くほど仲が良かったですが、ハワイ育ちの早見優は、
何で一緒にトイレに行く習慣があるのか分からなかったと、後に話していました。
一見スポーツ万能に見える早見優が、スポーツが苦手で、大人しくて真面目に見える秀美が、
スポーツ万能なのが、面白いです。お互いが対照的なので、仲良くなったのでしょう。
撮影で使った洋服は、アイドルっぽい派手なのが多いと思いますが、あまり気にせず使ったいたのでしょう。
初恋は中学1年の時ですが、相手や結果は内緒だそうです。生い立ちの記事にも載っていませんでした。
インタビュアーがしつこく聞いていますが(次ページに続く)、内緒のままです。


bomb_82_8030_1_1.jpg [1189 x 1716 - 498KB] 削除

30 vst4VPS3Pw (18/04/18 00:47)
BOMBの82年8月号の、31ページ目です。(Q&Aその2)
理想の男性「やさしくって、男らしくって、約束を守って、うじうじしない人。」
ヤッくんは、そういうタイプだったのでしょうか。
それとも、「恋人が出来たら、理想とは全然違っちゃうと思うんですけどね。」
と言っているように、秀美のタイプが変わったのでしょうか。
秀美と結婚した頃から、ヤッくんのキャラが変わったと思います。
結婚は10年後と言っていますが、「だけど、しちゃったりしてね。」と言っているように、
8年後になりました。赤ちゃんが欲しいと言っている通り、5人も子供を産み、育てました。


bomb_82_8031_1_1.jpg [1303 x 1883 - 496KB] 削除

31 Tga0mYWfuQ (18/04/21 22:05)
カラーグラビアを。BOMBの83年7月月号の、3つ折りピンナップです。
夏になると人気アイドルも、水着姿のグラビアを見せてくれますが、
花の82年組の中でも、スタイルの良い秀美と優は、水着グラビアが多かった印象があります。

一昨日(19日)に放送された「シンソウ坂上」見ました。
28年ぶりに秀美がテレビ番組登場と銘打っていましたが、ハワイに住んでいる秀美が、
夫を車で迎えに来る時、ちょっと写っただけでした。(1分もないと思う。)
「見るなら、若い頃の私を見て下さい。」と言っていたので、グラビアで楽しみましょう。
同期のママドル3人(伊代・優・ちえみ)が、キューティマミーを結成した頃(2005年頃)、
「秀美を(テレビに)誘っても、ヤッくんがOKを出さない。」と言っていましたが、
家庭を大事にする秀美自身が、出たくなかった事が分かります。


bomb_83_7001_2s_1.jpg [1026 x 1898 - 490KB] 削除

32 Tga0mYWfuQ (18/04/21 22:53)
BOMBの83年7月月号の、1ページ目です。
ベストテン歌手に仲間入りして、笑顔にも自信が感じられます。

(「シンソウ坂上」の続き)
メインはヤッくんが語っています。ヤッくんと秀美の交際は、87年にとんねるずの貴明をマークしていた
フライデーに偶然スクープされましたが、その後も二人だけの秘密で、交際を続けました。
88年にシブがき隊は解散。(理由は、リーダーのヤッくんと、他の二人の仲が良く無かった事。)
秀美が妊娠すると、ヤッくんは事務所に報告します。(「子供をおろせ」と言われると思ったそうです。)
90年、秀美が妊娠6ヶ月目に入り、コンサートはさすがに無理なので、秀美の事務所に報告に行きます。
秀美の仕事をビッシリ詰めていた事務所にとっては、寝耳に水の出来事でした。その賠償問題もあり、
秀美は引退したのかも知れません。パパドルと言われるのを嫌がり、仕事が無くなったヤッくんは、
秀美と子供が楽しくテレビを見ている姿を目撃し、なりふり構わず仕事をする気持ちに変わり、
「はなまるマーケット」の司会に抜擢されたそうです。


bomb_83_7003_1_1.jpg [1566 x 2377 - 494KB] 削除

33 RZXFeXzukM (18/04/25 23:27)
BOMBの82年8月号の、32ページ目です。
近眼の人気アイドルが多い中で、秀美は視力2.0とキョンキョン同様、視力良好のアイドルでした。
最近は老眼で、台本を読む時リーディンググラスが手放せないと言っているキョンキョン同様、
秀美もリーディンググラスをかけて、ハワイアン・ジュエリーのデザインをしているのでしょう。
(ある店の1コーナーに置いてもらっているだけで、経営等というオーバーなものではありません。)
バスケで鍛えた跳躍力バツグンの脚だけでなく、背筋力100以上と、スポーツ少女の面目躍如です。
CMの撮影で初めて来たハワイ。「早くお姉ちゃんのいる日本へ帰りたい。」と思ったそうです。
娘にハワイ暮らしをさせる時、秀美ママが一緒にハワイで暮らす事にしたのは、
この頃の心細い気持ちを、娘に味あわせたく無かったのかも知れません。


bomb_82_8032_1_1.jpg [1189 x 1714 - 484KB] 削除

34 RZXFeXzukM (18/04/25 23:59)
BOMBの82年8月号の、33ページ目です。
秀美が専務宅に下宿していたのは、サン・ミュージックの社長宅下宿制度を真似したのでしょうか。
ハワイへ行った時、「一人でいるのが怖い」と言って、スタッフと一緒に過ごしたので、
秀美にはぴったりだったと思います。花の82年組は、アイドル同士の仲が良いので有名ですが、
中でも一人が苦手な秀美にとって、花の82年組の仲の良さは、心強かった事でしょう。
実家では、何時帰って来てもいいように、秀美の部屋をそのままにしています。
親の気持ちが、良く分かります。


bomb_82_8033_1_1.jpg [1181 x 1712 - 493KB] 削除

35 .5cVIh68R. (18/04/29 22:19)
BOMBの83年7月月号の、2〜3ページ目です。
デビューした前年(26〜28)より、褐色に焼けた肌を見せています。
「日焼けしすぎて肌が少し荒れた」という肌が、日焼けに慣れて来たのでしょう。


bomb_83_7004_2s_1.jpg [1644 x 1170 - 489KB] 削除

36 .5cVIh68R. (18/04/29 22:33)
BOMBの83年7月月号の、4ページ目です。
魅力的な太ももが、あまり写っていないのが残念です。
プロフィールでは、「大ヒットした「Hey!ミスター・ポリスマン」に続くニューシングル
「恋はサマー・フィーリング」。連続ヒットの予感がしそう。」と書いてありますが、
いかにも2番煎じのようなメロディーだったため、売り上げは2割ダウンになりました。
そのため、次の「バイ・バイ・サマー」から曲調を変えた事が、
その後の秀美サウンドを構築するきっかけになりました。


bomb_83_7006_1_1.jpg [1650 x 2344 - 492KB] 削除

37 lNv1LiQmdA (18/05/04 21:06)
BOMBの82年8月号に戻って、34ページ目です。
イルカとの対談が、4ページに渡って載っています。


bomb_82_8034_1_1.jpg [1428 x 2061 - 498KB] 削除

38 lNv1LiQmdA (18/05/04 21:56)
BOMBの82年8月号の、35ページ目です。
ボム「秀樹さんが弟を欲しがらなかったんでしょう」。河合奈保子・石川秀美の成功で、
他のオーディションは、弟・妹から妹のみになりました。
「明大付属中野高校の定時制」は、82年組では、秀美と同じ誕生日で1歳年上の中森明菜や、
三田寛子、シブがき隊も通っていました。(ヤッくんと交際を始めたのは、卒業してからですが。)
86年に、まだ籍だけはあると言っていた中森明菜が中退したのとは違い、
秀美は、無事卒業出来ました。


bomb_82_8035_1_1.jpg [1246 x 1808 - 492KB] 削除

39 l1RErtyoZs (18/05/09 22:01)
BOMBの82年8月号の、36ページ目です。
この対談では、秀美が質問し、イルカが答えるパターンが多いです。
デビュー当時は、ちょっと人見知りしするおとなしい女の子だったので、
自分の事を話すのが苦手だったのでしょう。


bomb_82_8036_1_1.jpg [1331 x 1913 - 496KB] 削除

40 l1RErtyoZs (18/05/09 22:11)
BOMBの82年8月号の、37ページ目です。
「将来の夢はお嫁さん。」と答える家庭的な秀美は、21歳で結婚し、
3歳半の子供を持つイルカの話を、興味深く聞いています。
(結婚相手について)「おもしろいですよね。誰かなあなんて想像すると。」
やはり最大の関心事は、将来の結婚相手のようです。


bomb_82_8037_1_1.jpg [1276 x 1838 - 499KB] 削除

41 DbleQpsRsg (18/05/15 22:27)


256-24.jpg [1000 x 672 - 192KB] 削除

42 rg2SZ7Dmds (18/05/15 23:53)


ishikawa_hidemi23.jpg [898 x 1323 - 124KB] 削除

43 yg.SY2k.iw (18/05/17 23:13)


page4.jpg [402 x 402 - 78KB] 削除

44 sWvX/UEq3w (18/05/17 23:24)
BOMBの83年9月号の、1ページ目です。

秀美が芸能界デビューするきっかけになった「秀樹の妹・弟コンテスト」で、
秀美を強く推薦した西城秀樹が、死去しました。
秀美もショックを受けていると、薬丸が話していました。

>>41,42
秀美の画像アップ、ありがとうございます。
42は、85年の雑誌グラビアである事が、プロフィール欄から分かります。


bomb_83_9001_1_1.jpg [1547 x 2318 - 496KB] 削除

45 vKn7y/4Q22 (18/05/20 17:47)
BOMBの83年9月号の、2ページ目です。
「Hey!ミスター・ポリスマン」は大ヒット。「恋はサマー・フィーリング」もスマッシュヒットして、
スーパーアイドルの仲間入りをした秀美。デビュー当時の垢抜けない顔とは別人のように、
澄ました表情でも、可愛くて綺麗な表情を見せています。


bomb_83_9002_1_1.jpg [1444 x 2138 - 496KB] 削除

46 KighhCXFHU (18/05/22 22:23)
BOMBの83年9月号の、3ページ目です。
小麦色の肌が、すっかり板に付いてきた秀美。
前年の「ゆれて湘南」、この年の「恋はサマー・フィーリング」のヒットで、
夏少女のイメージが確立します。


bomb_83_9003_1_1.jpg [1501 x 2218 - 496KB] 削除

47 KighhCXFHU (18/05/22 22:40)
BOMBの83年9月号の、4ページ目です。
デビュー当時の、少しぽっちゃりした幼い表情とは別人のように、
顔が痩せてスッキリとし、目が大きくなって、澄んだ瞳の魅力が増しています。
花の82年組のスーパーアイドル6人は、デビュー時から完成された魅力の松本伊代を除き、
デビュー時と比べて、年々輝きを増して行きました。
中でも秀美とキョンキョンは、デビュー時と比べて2年目に、表情の魅力が多彩になっています。


bomb_83_9004_1_1.jpg [1480 x 2205 - 496KB] 削除

48 0excmOdjlM (18/05/26 22:44)
BOMBの82年8月号に戻って、38ページ目です。
中2の時に書いた文章「つらくてもいいから、少しは楽しい仕事につきたい。」
中学生で、既に仕事感を持っていたのは、父親が亡くなっているので、
早く仕事について自立し、母親の負担を軽くしたいと考えていたからでしょう。
デビューして間もないこの頃、「芸能界はムズカシくって、きびしいところだってことが、
最近わかってきた。」と言っています。また、「少しだけじゃなく、ものすごく楽しい仕事だっていう
気もします。」とも言っているので、辛い事が多い分、楽しさも倍増する事が分かった秀美。
高校1年にして、社会人1年生となった秀美の、抱負のような文章で、締めくくられています。


bomb_82_8038_1_1.jpg [1360 x 1967 - 489KB] 削除

49 0excmOdjlM (18/05/26 23:11)
BOMBの82年8月号の、39ページ目です。巻頭大特集の最後のページです。
秀美のように、高校1年からアイドルとしてデビューする人が多かったこの時代、
世間では既に、高校への進学率が95%以上に達していました。
アイドルが、如何に若くして大人にならなければいけなかったかが、分かる数字です。
最近のアイドルが、70〜80年代アイドルの感想を言う時、「若いのに大人に見える。」
と口々に言います。80年代前半までのアイドルは、容姿は若くても、大人の考え方を要求されました。
おニャン子くらぶが台頭してきた頃から、実年齢より若く見られる事が至上主義のような
アイドルの考え方に変わって行ったと思います。

9月号の巻頭大特集の早見優は持っていませんが、83年の「夏色のナンシー」でブレイクした後の
巻頭大特集は持っているので、何時になるか分かりませんが、UPするつもりです。
花の82年組の中でも、特に早見優と仲が良かった秀美。小学4年の時に父を亡くして、
母子家庭で育った事が、両親が離婚して母子家庭で育った早見優と共通しているからかも知れません。


bomb_82_8039_1_1.jpg [1360 x 1979 - 466KB] 削除

50 rTWxaoLKSw (18/05/30 22:44)
BOMBの82年11月号の、1ページ目です。
この頃の人気アイドルは、平均睡眠時間4〜5時間が当たり前だったので、
テレビに写る顔とは違い、楽屋では「とにかく寝不足でいつも眠くてダルかった。」と、
キョンキョンが後に告白しています。そんな人気アイドルの中でも、秀美はバスケットをやっていたので、
体力には自信があると、頼もしい答えをしています。「移動時間に寝ちゃうから。」
これが出来なければ、人気アイドルは務まらないでしょう。
お母さんが掃除や洗濯に来てくれるのも、秀美にはそれをする時間がないからです。
(愛知県から、わざわざ来るお母さん。娘を東京に出してしまった親心を感じます。)
おしゃべりが苦手な秀美は、ラジオDJやお芝居は大変だったと思います。
(でも、映画「スーパーガール」の吹き替えは良かったですよ。)


bomb_82_11001_1_1_1.jpg [1112 x 1697 - 499KB] 削除

51 rTWxaoLKSw (18/05/30 23:01)
BOMBの82年11月号の、2ページ目です。
「ゆれて湘南」がヒットしている頃ですが、まだあどけなさが残る表情です。

西城秀樹さんの告別式に、夫の薬丸裕英と一緒に参列したそうです。
秀美はショックが大きくて語れなかったとの事で、薬丸裕英が語っています。
結婚の報告をした時には、「俺の妹を泣かせたら、ただじゃおかないからな。」と、
秀美の芸能界の兄貴である西城秀樹さんから言われたそうです。


bomb_82_11002_1_1_1.jpg [1117 x 1697 - 312KB] 削除

52 lgbCwyCGlU (18/06/03 22:32)
BOMBの83年12月号の、1ページ目です。
夏の秀美のグラビアとは違い、しっとりとした綺麗な笑顔の秀美です。
この時期、垢抜けて綺麗になって行きました。


bomb_83_12001_1_1_1.jpg [1399 x 2078 - 494KB] 削除

53 lgbCwyCGlU (18/06/03 22:42)
BOMBの83年12月号の、2〜3ページ目です。
振り袖を着て、一足早いお正月気分を味わっている秀美です。
デビュー前はスポーツ少女だったので、あまり和服を着る事が無く、
このグラビアで振り袖を着て、女の子気分に浸っているのでしょう。
事務所の先輩の河合奈保子と、振り袖を着た撮影会があったはずですが、もっと後だったと思います。


bomb_83_12002_2s_1.jpg [1650 x 1215 - 500KB] 削除

54 gYr69nErSI (18/06/07 23:36)
BOMBの83年12月号の、4ページ目です。
プロフィールに書いてある通り、この頃は「バイバイ・サマー」や「スターダスト・トレイン」といった、
アップテンポでスピード感溢れる曲が続き、秀美サウンド確立の兆しが見えてきました。
和服姿には似合わない曲ですが、その次のシングル「めざめ」はミディアムテンポなので、
振り袖等の和服姿にも合っていると思います。



bomb_83_12004_1_1_2.jpg [1311 x 1937 - 490KB] 削除

55 gYr69nErSI (18/06/07 23:43)
9ヶ月戻って、BOMBの83年3月号の、1ページ目です。
この頃のBOMBには、白黒グラビアも結構載っていました。
ラブリーな笑顔の秀美は、浅草の街も似合います。


bomb_83_3001_1_1.jpg [1328 x 1969 - 494KB] 削除

56 hHq2vB4l5k (18/06/11 23:42)
BOMBの83年3月号の、2ページ目です。
「ひょっとこのお面って、よく見ると可愛い!」と言って顔真似していますが、
もちろん秀美の方がずっと可愛いので、似ていません。


bomb_83_3002_1_1.jpg [1368 x 2024 - 493KB] 削除

57 hHq2vB4l5k (18/06/11 23:58)
BOMBの83年3月号の、3ページ目の上です。
親しみやすい雰囲気のある浅草を見て、子供の頃に折り紙をしていた事を懐かしく思う秀美。
「将来の夢はお嫁さん。」と答える家庭的な秀美らしい感想です。


bomb_83_3003_1.jpg [1680 x 1212 - 385KB] 削除

58 XooQX4cR3s (18/06/17 08:26)


3d83fddb-0fc4-45b0-ad92-83e5e2adb100.jpg [1280 x 1800 - 351KB] 削除

59 fQrF4BvQQk (18/06/17 21:41)
BOMBの83年3月号の、3ページ目の下です。
昔ながらの綺麗な千代紙を見て、子供の頃の折り紙を思い出し、思わず童心に帰る秀美です。

>>58
綺麗な画像アップ、ありがとうございます。髪の長さから見て、84年夏頃でしょうか。



bomb_83_3003_2.jpg [1684 x 1234 - 405KB] 削除

60 fQrF4BvQQk (18/06/17 22:28)
BOMBの83年4月号の、1ページ目です。
雑誌のお仕事でグァムへ行くと言っていますが、そのロケ撮影が25〜28なのでしょう。
ビキニは着ないと言っているので、持っている水着グラビア見たら、確かにどれもワンピースでした。
綺麗な太ももを強調するためには、ワンピースの方がいいのかも知れません。
スポーツ万能の秀美が、海では泳がない事にしているというのは、ちょっと意外でした。
住んでいる場所がバレて、引っ越しを繰り返さなければならないのは、人気アイドルの宿命です。
バスの中でのファンとの交流を楽しみにしている秀美。
親衛隊の「秀美ちゃん」コールがあるから、殺人的スケジュールの中、頑張れていると言っています。
花の82年組の仲間意識と、ファンの人達の暖かい応援があったので、
デビュー当時の、ちょっと人見知りしそうなおとなしい女の子が、人気アイドルに育っていったと思います。

スレ主さん。次スレ立てるのを2週間ぐらい待っています。


bomb_83_4001_1_1_2.jpg [1168 x 1741 - 496KB] 削除


[閉じる ] 出会いのラビコミュ
| しゃんばら[HOME] > 80年代画像掲示板 | 結婚紹介所でもない。既存の出会いサイトでもない。新しい恋愛サイト誕生!

返信最大数に達しました(これ以上返信できません)
無修正動画最強サイト「カリビアンコム」続々新作追加
1 eGxMc6IwPA (18/02/04 13:32)
花の82年組

前スレ
//002.shanbara.jp/80s/html/849-22/


hidemi_ishikawa07.jpg [980 x 1400 - 225KB] 削除

41 DbleQpsRsg (18/05/15 22:27)


256-24.jpg [1000 x 672 - 192KB] 削除

58 XooQX4cR3s (18/06/17 08:26)


3d83fddb-0fc4-45b0-ad92-83e5e2adb100.jpg [1280 x 1800 - 351KB] 削除

優良Hサイト
カリビアンコム
連日更新中。流出したあの人気ギャルの秘部もバッチリ。企画モノ新作楽しい!
★★★★★

エッチな4610
エッチでいやらしい素人を毎日ハメ撮り。シンプルなサイト構成で見やすい。
★★★★★

エッチな0930
夫じゃ満足できない妖艶奥様達の性欲大解放
★★★★★

プラウディア
ポロリパンチラ胸ちらアイドルのお宝動画がザクザク
★★★★★

エキゾチカ
素人インディーズ系、盗撮充実。お宝もあり
★★★★★

天然むすめ
素人にこだわり撮れたてほやほやのオリジナル
★★★★★

一本道
激レア裏ビデオ一本を丸ごとダウンロード
★★★★★

セックスマシーン
人気女優と楽しい企画。お試し期間もあり
★★★★★

盗撮マーシー
更衣室着替え、女湯、パンチラ、トイレ、のぞき放題
★★★★★

エンジェルライブ
綺麗なお姉さんおっぱいと可愛い系パンチラ
★★★★★

DXライブ
貴方の操作でバイブが唸り、女の子が悶えるネットリモコン機能搭載
★★★★★

EXショット
あなただけに限界サービス。大人のライブチャット
★★★★★

SOD(ソフトオンデマンド)
説明不要の人気企画単体作品勢揃い。月額定額がお得
★★★★★

地下10F
フェチ向けダウンロードサイト。濃いです
★★★★★

DUGA(デュガ)
コス、盗撮、Jrアイドル、熟女、M男他多彩
★★★★★