堀ちえみ3@80年代画像掲示板
| しゃんばら[HOME] > 80年代画像掲示板 | 閉じる | 怒涛の大量書込み! 掲示板タイプの無料コミュニティサイト
堀ちえみ3 (55) 見た人の数 → 5311

1 6XkezHB212 (18/04/20 22:36)
帽子が似合うちえみ繋がりで、帽子を被ったカットをスレ画に選びました。
BOMBの84年3月号の3つ折りピンナップから、スレ画に相応しいように、上半分を切り取りました。
この号では、「スチュワーデス物語」に主演している頃の大特集が載っているので、
いずれ載せて行こうと思います。


bomb_84_3043_2s_3.jpg [1544 x 1544 - 495KB] 削除

2 gtz7WJu1tM (18/04/24 21:19)
参考までに、前スレのアドレスを書いておきます。
ttp://002.shanbara.jp/80s/html/idol40nen001_3/

BOMBの82年6月号の、32ページ目です。
くちびるが薄いので、もっと厚くなりたいな。と書いていますが、くちびるが薄い顔が、
ちえみの中性的魅力に一役買っていると思います。
肩こりは、ちえみもキョンキョンも激しかったようです。一見元気で、無邪気な感じの二人ですが、
実は周りへの気遣いが多くて、肩がこるのでしょう。
手相占いでは、S59年はアイドル人気のピーク時だったので、当たっています。
「恋は情熱的で、こうと思った異性にはわりと献身的。」
3度結婚したちえみの恋愛運を、言い当てている気がします。


bomb_82_6032_1_1.jpg [1300 x 1883 - 487KB] 削除

3 gtz7WJu1tM (18/04/24 21:34)
BOMBの82年6月号の、33ページ目です。
外に出るとイタズラ好きで、ドジな事もするちえみですが、
ホリプロの寮にある自分の部屋は、女の子らしい可愛い感じのインテリアやグッズが揃っています。


bomb_82_6033_1_1.jpg [1237 x 1784 - 492KB] 削除

4 vy/PhZkEy. (18/04/28 21:39)
スレ画に使った、BOMBの84年3月号の、3つ折りピンナップ全体は、これです。

bomb_84_3043_2s_1.jpg [1038 x 1923 - 491KB] 削除

5 vy/PhZkEy. (18/04/28 21:51)
BOMBの83年12月号の、4ページ目です。
「くちびるが薄い顔が、ちえみの中性的魅力に一役買っていると思います。」と書きましたが、
大映テレビの主演の役が、「スチュワーデス物語」(83〜84年)、「スタア誕生」(85年)、
「花嫁衣裳は誰が着る」(86年)と、がむしゃらに頑張る少女から、薄幸な娘役へと変化し、
演技力が要求されていく中、くちびるが薄い顔の表情が、薄幸な娘を演じるのに、一役買っていると思います。
このカットを見て、そんな役柄を予感させる表情だなと、思いました。


bomb_83_12004_1_1_1.jpg [1506 x 2156 - 495KB] 削除

6 oQqLebPN0M (18/05/02 21:28)
BOMBの82年6月号に戻って、34ページ目です。
ここから4ページに渡って、のりお・よしおとの対談が載っています。
花の82年組がデビューしたのは、漫才ブームの真っ只中でした。
特に関西の漫才師が人気になるケースが多く、のりお・よしおもそ内の一組でした。


bomb_82_6034_1_1.jpg [1330 x 1916 - 496KB] 削除

7 oQqLebPN0M (18/05/02 21:48)
BOMBの82年6月号の、35ページ目です。
同じ関西出身のちえみですが、上手く標準語を使っています。
このページの最後の「気ィつけなきゃ」だけ、関西弁っぽいですが、
紙面に載っていない部分では、もっと関西弁が出ていたのかも知れません。
ビキニも着た事がないちえみに、水泳大会の騎馬戦で松田聖子を上に乗せた時の話をしています。
水泳大会に出た時には、参考になった事でしょう。


bomb_82_6035_1_1.jpg [1327 x 1934 - 487KB] 削除

8 l1RErtyoZs (18/05/09 00:22)
BOMBの82年6月号の、36ページ目です。
「ウェディング・ベル」を歌っているシュガーをきれいか、正直に答えるよう聞かれ、
考え込んだ後「性格的にはかわいらしいんじゃないですか?」と答えるあたり、
芸能界に対しては、お仕事として真面目に考える習慣が身に付いていると思います。
「亭主が浮気したらどうする?離婚とか考える?」と聞かれ、
「絶対いやですね。ショックで。離婚も考えませんねぇ。」と答えているちえみが、
2度の離婚と3度の結婚を経験するとは、人生分からないものです。


bomb_82_6036_1_1.jpg [1317 x 1920 - 487KB] 削除

9 l1RErtyoZs (18/05/09 00:34)
BOMBの82年6月号の、37ページ目です。
「これからの夢は?」と聞かれ、「現実的な事しか考えないんです。」
と答えるあたり、ブリッ子じゃないです。
ザ・ベストテン出演時に、「アイドルは、夢を売る商売です。」と答えた、
しっかり者のちえみらしい考え方です。
この考え方がキョンキョンと共通していて、仲が良かったと思います。


bomb_82_6037_1_1.jpg [1334 x 1932 - 485KB] 削除

10 vppiagQIRE (18/05/14 23:07)
BOMBの82年6月号の、38ページ目です。
憧れの榊原郁恵の事務所の後輩になったちえみ。榊原郁恵は、キョンキョンと同じ厚木の出身で、
キョンキョンも友達と一緒に、榊原郁恵を応援していました。
ちえみとキョンキョンの共通の、憧れの先輩である石野真子は、
キョンキョンが同じ事務所の後輩になりました。
花の82年組の世代は、ピンクレディー→榊原郁恵・石野真子→松田聖子という流れが、
好きな女性アイドルの流れなのは、良く分かります。
(早見優だけは、ハワイ育ちで情報が遅かったため、桜田淳子・山口百恵だったそうです。)


bomb_82_6038_1_1.jpg [1443 x 2089 - 499KB] 削除

11 vppiagQIRE (18/05/14 23:47)
BOMBの82年6月号の、39ページ目(特集の最後のページ)です。

(38ページ目の続き)
憧れの先輩である榊原郁恵は、意外な事にベストテンに入るヒット曲がありませんでした。
(「夏のお嬢さん」が最大のヒットで、11位でした。)それでも後輩アイドル達から慕われていたのは、
人柄の良さと、長くザ・トップテンの司会を務めていたからでしょう。
そんな榊原郁恵を追い越し、ベストテン・ヒットを連発していたちえみなので、
山口百恵が使っていたマイ・マイクを、譲り受けたのだと思います。
ママドルになってから、松本伊代と早見優は、榊原郁恵や石野真子と、ミュージカルで共演し、
公私ともに仲がよさそうですが、その中にちえみがいなかったのは、ミュージカルを行っていた当時、
大阪に住んでいたからだと思います。少し前、ちえみと石野真子の対談番組がありましたが、
ちえみと榊原郁恵の対談番組も、実現して欲しいものです。


bomb_82_6039_1_1.jpg [1429 x 2085 - 430KB] 削除

12 kVxlKIhBYg (18/05/16 21:08)
カラーグラビアを。BOMBの84年2月号の、1ページ目です。
「今年は歌にも力を入れていきたい。」
大映テレビ「スチュワーデス物語」の主演から、同じ大映テレビの「スタア誕生」までの1年間、
連ドラの主演を断り、歌に全力投球しました。この時期のヒット曲「稲妻パラダイス」
「東京Sugar Town」「クレイジーラブ」「リ・ボ・ン」が、ちえみのアイドル歌手としての全盛期でした。


bomb_84_2001_1_1_1.jpg [1244 x 1885 - 490KB] 削除

13 LP6OPlIqoc (18/05/18 00:00)


horitiemi_horipro-e1521810154920_jpg_pagespeed_ce_6wew78_xm_.jpg [835 x 609 - 58KB] 削除

14 /R4ehfiXQY (18/05/21 22:18)
BOMBの84年2月号の、2ページ目です。
「スチュワーデス物語」の、人工呼吸によるファースト・キッスの場面は、
今でも名場面のひとつとして、時々出てきますね。

>>13
ホリプロタレントスカウトキャバン決勝戦の時のキャプ画、ありがとうございます。
本名が、堀智栄美である事が分かります。


bomb_84_2002_1_1.jpg [1510 x 2269 - 489KB] 削除

15 svN8aKGdQs (18/05/25 23:53)
BOMBの82年6月号の、大特集の最後に載っていた広告です。
ファーストアルバムの広告で、題名は「少女」
デビューシングル「潮風の少女」、ファーストアルバムの1ヶ月後に発売される「真夏の少女」から、
「少女」をシリーズ化する意図があったのかも知れません。
花の82年組6人の中では、最年少でした。
ちなみに最年長は、S40年6月21日生まれの松本伊代。同年7月13日生まれの中森明菜も、
同い年です。約半年後のS41年2月4日生まれの小泉今日子までの3人が、同学年です。
一学年下のS41年7月13日生まれが石川秀美。同年9月2日生まれの早見優も同い年です。
約半年後のS42年2月15日生まれが堀ちえみで、この3人が同学年です。
他にも、シブがき隊の3人や三田寛子も、松本伊代・中森明菜・小泉今日子と同学年です。
良くこれだけ同学年(2年分)のアイドルが集中して、82年にデビューし売れたと思います。
この世代より上の82年デビューのアイドルは、見事にコケました。


bomb_82_6040_1_1.jpg [1472 x 2156 - 494KB] 削除

16 0excmOdjlM (18/05/26 00:26)
こちらは、BOMBの83年12月号に載っていた、ライブビデオの広告です。
まだビデオデッキの普及率が15%ぐらいだった頃(私は、この頃買いました)なので、
かなり人気のあるアイドルしか、ライブビデオは出せなかった時代です。
調べたらこの時点では、女性アイドルは松田聖子と河合奈保子だけでした。
もちろん花の82組では、ちえみが一番乗りです。


bomb_83_12005_1_1.jpg [1344 x 2023 - 499KB] 削除

17 /wdjBWMWnQ (18/05/29 23:30)
BOMBの83年4月号の、1ページ目です。
花の82年組6人の中で、最後に16歳になったちえみ。
15歳と1歳しか違わないのに、だいぶ差があるみたい。と言っています。
15歳の時は、仲のいいキョンキョン等の他のアイドル達が、妹のように接していたからでしょう。
21歳で結婚するのが理想と言っていますが、最初の結婚は、それに近い22歳の時でした。
プロフィールに書いてある、新曲「心の扉」は、最初のベストアルバムです。
写真集「心の扉」のオリジナルスキャンは、61ページ目でストップしていますが、
残りは風景だけなのでしょうか。


bomb_83_4001_1_1_1.jpg [1216 x 1808 - 496KB] 削除

18 rTWxaoLKSw (18/05/30 00:03)
BOMBの83年4月号の、2ページ目です。
写真集「心の扉」は、お正月にハワイへ行った時に撮ったそうです。
その時、偶然バカンスに来ていたキョンキョンに会ったそうです。
二人でキャアキャアいいながら、ウインドショッピングをしている姿が、目に浮かびます。
スカウトキャラバンの1年後輩の大沢逸美も、純で素朴だそうです。
風貌や、大映テレビ(「ヤヌスの鏡」の敵役が印象的)の演技からは、そう見えなかったです。


bomb_83_4006_1_1.jpg [1217 x 1816 - 393KB] 削除

19 HLocBSB0DA (18/06/02 23:59)
カラーグラビアを。BOMBの84年2月号の、3ページ目です。
3月号の巻頭特集は、その前の記事やグラビアを載せたら、UPします。


bomb_84_2003_1_1.jpg [1365 x 2029 - 492KB] 削除

20 3Hsmlhyj/c (18/06/06 23:21)
BOMBの83年7月号の、1ページ目です。
新宿コマのちえみちゃん祭りは、百恵ちゃん祭りから継承されたタイトルです。
マイ・マイクも百恵ちゃんから継承されたちえみは、ホリプロの80年代を背負っていました。
結婚は23歳に延ばしたと言っていますが、実際には22歳の時でした。
23歳までお仕事を続けたいと言っていますが、実際には20歳で一時引退しました。
その1年ぐらい前に、大阪の恋人と遠距離恋愛していたと、嶋大輔が後にバラしています。
「恋に走って、仕事なんか捨てちゃう」気分になっていたのかな?


bomb_83_7001_1_1.jpg [1200 x 1837 - 490KB] 削除

21 3Hsmlhyj/c (18/06/06 23:31)
BOMBの83年7月号の、2ページ目です。

(1ページ目の続き)
ステージ衣装は、体型的にミニの方がいいので多いと言っています。
サリーちゃん足は、ミニが似合うのかな?同じサリーちゃん足のキョンキョンも、ミニが多かったです。
「ロミオとジュリエット」を読んで、敵同士のプロダクションのタレントが恋する話を想像するとは、
まるで後に、石川秀美と薬丸裕英のが恋に落ちて結婚する事を予言しているかのようです。


bomb_83_7002_1_1.jpg [1197 x 1817 - 353KB] 削除

22 prOAj1aUSM (18/06/10 22:28)
BOMBの83年9月号の、1ページ目です。
10月から始まる大映テレビ「スチュワーデス物語」は、このインタビューをしている7月頃には、
既に撮影が始まっている事が、インタビューの内容から分かります。
フィルム撮影で、撮影に時間がかかる大映テレビなので、この時期から撮影を始めていないと、
2クール分の最終回に間に合わないのでしょう。
実際にスチュワーデスの仕事をしてみて、すごく大変だと思ったそうです。
いろんなことに細かく気を使わなければいけないし、体力はいるし、いいお嫁さんになると言っています。
スチュワーデスの世界が、「表面は華やかだけど、すごくきびしいところがある」芸能界に似ている
とも言っています。かと言って、スチュワーデス→いいお嫁さんではあっても、
芸能人→いいお嫁さん、とは限らないとも。ちえみは「忍耐強い母になれる」と言っています。
5人も子供を育てたので、確かに忍耐強い母親になった事でしょう。


bomb_83_9001_1_1_1.jpg [1205 x 1809 - 496KB] 削除

23 prOAj1aUSM (18/06/10 22:52)
BOMBの83年9月号の、2ページ目です。
JALの制服を着たちえみです。2000年代始めに、CSで「スチュワーデス物語」を再放送した時、
風間杜夫と一緒に特番に出演し、歴代のJALの制服を見て、
やはりこの制服に、一番愛着を感じると言っていました。

(1ページ目の続き)
キスシーンは、人口呼吸のシーンでありましたが、まだこの時は決まっていない事が分かります。
サマーツアー・コンサートでは、インディアンルックでバンバン踊ったりと言っています。
16で載せた広告にあるインディアンルックでしょう。
この時代のアイドルは、レオタードを着るのが当たり前ですが、映画「フラッシュダンス」の影響ではなく、
その前から流行っていた事が、ちえみが見たい映画の中に「フラッシュダンス」が入っている事から、
推測出来ます。「スチュワーデス物語」で演技力をつけてと言っていますが、
あの演技では、演技力はつかなかった事でしょう。


bomb_83_9002_1_1_1.jpg [1208 x 1812 - 375KB] 削除

24 VoZgcYvPmE (18/06/12 01:04)
久しぶりぃ〜

kokoronotobira62_63.jpg [2269 x 1400 - 371KB] 削除

25 ulBNBwxhxo (18/06/12 23:15)
>>24
写真集「心の扉」の、62〜63ページ目のオリジナルスキャン、ありがとうございます。
約2ヶ月半ぶりですね。このカットは、16歳になったばかりの、ちょっと不安そうな表情です。

画像は、BOMBの83年9月号の、テレビ番組紹介コーナーです。
2ページに渡って、上側にちえみの「スチュワーデス物語」を、下側に松本伊代の「おやすみテディベア」を
紹介しています。スチュワーデス訓練生6人が並ぶと、16歳のちえみは可愛く見えます。
一番左には、このドラマをきっかけに仲良くなった春やすこが載っています。


bomb_83_9003_1.jpg [1630 x 1254 - 430KB] 削除

26 tZ/YpKTUQk (18/06/16 22:45)
BOMBの83年9月号の、「スチュワーデス物語」の紹介の2ページ目です。
70年代の「アテンション・プリーズ」と、80年代の「スチュワーデス物語」の影響もあり、
70〜80年代は、スチュワーデスが女性の花形職業でした。
キャビア・アテンダントと呼ばれるようになってから、大変過酷な職業である事が浸透しました。
アイドルの世界も同じように、70〜80年代は、女の子の憧れでしたが、
今では階層制度があるグループばかりで、憧れとはほど遠く夢がない感じがします。
スチュワーデスと芸能界は似ている。と言っていたちえみの言葉が、
一般の女の子にまで浸透していまった結果なのかも知れません。


bomb_83_9004_1.jpg [1635 x 1238 - 450KB] 削除

27 1RaKdNbea6 (18/06/20 23:10)
BOMBの83年12月号の、テレビックリのコーナー表紙です。
2ページ目以降には載っていないのに、「スチュワーデス物語」が好調なので、
和服姿でコーナー表紙を飾っています。


bomb_83_12006_1_1.jpg [1377 x 2055 - 491KB] 削除

28 1RaKdNbea6 (18/06/20 23:14)
BOMBの84年3月号の、表紙です。
この雑誌では、表紙・裏表紙含めて41ページの巻頭大特集が載っています。
もちろん「スチュワーデス物語」の名場面も載っています。


bomb_84_3041_1_1.jpg [1351 x 1921 - 490KB] 削除

29 U.czKqYlSg (18/06/24 22:56)
BOMBの84年3月号の、裏表紙です。
バレンタインデーにちなんで、ハート型のチョコを持っているちえみが可愛いです。
ネコかネズミか分からないけど、小動物のコスプレが良く似合います。
帽子だけでなくコスプレも似合うちえみ。
キョンキョンは奇抜なファッション、ちえみは可愛いファッションという感じです。


bomb_84_3042_1_1.jpg [1358 x 1909 - 490KB] 削除

30 U.czKqYlSg (18/06/24 23:04)
BOMBの84年3月号の、1ページ目です。
スレ画と同じ帽子を被っているカットです。
上を向いている清々しい表情は、「スチュワーデス物語」の松本千秋とは大違いです。


bomb_84_3001_1_1.jpg [1275 x 1808 - 491KB] 削除

31 28Ar1XNiFE (18/06/29 00:28)
BOMBの84年3月号の、2ページ目〜3ページ目の右です。
17歳を迎えるちえみが、アンニュイな感じの表情を見せています。
24(写真集「心の扉」62〜63ページ目)を見ていなければ、
精一杯背伸びして作っている表情だと思うところでした。


bomb_84_3002_3s_1.jpg [1541 x 1684 - 497KB] 削除

32 28Ar1XNiFE (18/06/29 00:49)
BOMBの84年3月号の、3ページ目の左です。
テレビで歌う姿やドラマで演じる姿を見る限り、明るく元気いっぱいなちえみや、
一生懸命に頑張るちえみのキャラが目立っていました。
こうしてグラビアの写真を見て、だんだん大人っぽくなっていくちえみが伝わってきます。


bomb_84_3003_2_1.jpg [1137 x 2343 - 499KB] 削除

33 or0.44RXKA (18/07/02 18:10)
BOMBの84年3月号の、4〜5ページ目です。
このグラビアも、大人っぽい雰囲気のセットや表情で撮っています。


bomb_84_3004_2s_1.jpg [1710 x 1190 - 494KB] 削除

34 or0.44RXKA (18/07/02 18:16)
BOMBの84年3月号の、6ページ目です。
赤いチェックのパジャマのような服を着ています。
この当時のちえみには、まだまだラフなファッションが似合っています。
澄ました表情で、瞳を横に向けている顔が、可愛いです。


bomb_84_3006_1_1.jpg [1384 x 2055 - 497KB] 削除

35 V7SuwFzYws (18/07/06 23:44)
BOMBの84年3月号の、7ページ目です。
このカットも、赤いチェックのパジャマのような服です。
中指を口に付けていますが、色っぽい感じはしません。


bomb_84_3007_1_1.jpg [1268 x 1807 - 492KB] 削除

36 3E8mIG5yDY (18/07/10 23:28)
BOMBの84年3月号の、8ページ目です。
西田敏行との対談が載っている事を知らせる、カラーページです。
対談相手との2ショットが、カラーページに載るのは極めて稀なケースです。
「池中元太80キロ」シリーズでブレイクした西田敏行も、人気があったからでしょう。
バスガイドじゃ、如何にも2番煎じの感が否めないので、作らなかったと思います。


bomb_84_3008_1_1.jpg [1424 x 2021 - 497KB] 削除

37 3E8mIG5yDY (18/07/10 23:44)
BOMBの84年3月号の、9ページ目です。
ここから、モノクロページになります。

先週、BSの3時間の生放送の歌番組で、石川ひとみと一緒のコーナーで歌っていました。
視聴者からのリクエストは「クレージー・ラブ」だったのですが、当時の歌唱シーンの一部が
流れただけで、歌ったのは「潮風の少女」と「夏色のダイアリー」でした。
「クレージー・ラブ」は、ちえみのアイドル歌手としての全盛期の曲なので、
是非、歌って欲しかったです。


bomb_84_3009_1_1.jpg [1496 x 2271 - 492KB] 削除

38 LujEO4UJCE (18/07/14 23:49)
BOMBの84年3月号の、10ページ目です。
「スチュワーデス物語」に関する記事が、6ページに渡って載っています。
他の大映テレビの出演者が、弁当はホカベンを買って来て、熱い豚汁だけスタッフが作って
一緒に食べる。と言っていましたが、スタジオはこの「スチュワーデス物語」と同じく寒かったのでしょう。
「寝すぎてシートの跡がほっぺについてしまったり。」
ママドルとして活躍し、大阪と東京を往復していた2000年代も、新幹線の窓の跡が、
ほっぺたに付いていると言っていました。どこでも眠れる体質なのは、変わっていないようです。
監督曰く「年齢より大人の役だから、その背伸びをしている姿が、松本千明とオーバーラップする。」
懐かしくて、3日前からDVDを見直していますが、かわいいちえみの声ではなく、
迫力を出そうとして、太くて大きな声になっているのが意外でした。それも背伸びの一環でしょう。


bomb_84_3010_1_1.jpg [1281 x 1838 - 490KB] 削除

39 G.72dLQBFs (18/07/15 00:17)
BOMBの84年3月号の、11ページ目です。
のろまではないけれど、ドジな部分は松本千明とちえみが重なる部分でしょう。
ちえみの笑い上戸な性格が、周囲を明るくしていて、実質的な主役の役割を果たしています。
大映テレビの連ドラの中では、大映テレビの顔である宇津井健がトップですが、コメディを除けば、
実質的な主役は、山口百恵が5本で2位。ちえみは3本で、事務所の先輩の百恵に続く3位でした。
実質的な主役と書いたのは、大映テレビのクレジットでは、年功序列的な面があり、
「スチュワーデス物語」も、クレジット上は風間杜夫がトップです。
同じ大阪出身という事もあり、このドラマがきっかけで春やすこと仲良くなりましたが、
ドラマ上では、松本千明をいじめる方のグループでした。
千明の味方のグループは、高樹澪・山崎千里・白石まるみです。


bomb_84_3011_1_1.jpg [1274 x 1825 - 460KB] 削除

40 5lZsZQABjE (18/07/19 00:34)
BOMBの84年3月号の、12ページ目です。
今、DVDで9話まで見直しました。このページの名場面は、見ています。
後に名迷場面集と題して、バラエティ番組で取り上げられる場面とは違う事が判ります。
当時は、それまでの大映テレビと同じ程度のオーバーアクトだと思い、
ストーリーに熱中していましたが、回を重ねる毎に名迷場面集として取り上げられるような、
現実では起こりえない場面が増えていった印象です。
そして松本千明役は、ちえみ以外のアイドルでは失敗していたと思います。
TVの中からキラキラしている伊代や、七変化するキョンキョンじゃ駄目だった事でしょう。
世間一般の人が見て、庶民的と思える親しみやすさを感じる風貌と、
がむしゃらに頑張っている姿が絵になるちえみだからこそ、成功したと思います。
後にキョンキョンが、大映テレビ「少女に何が起こったか」を演じる時は、
松本千明を演じるちえみを参考にしたように思えます。


bomb_84_3012_1_1.jpg [1360 x 1922 - 483KB] 削除

41 5lZsZQABjE (18/07/19 00:52)
BOMBの84年3月号の、13ページ目です。
生まれて初めてのキスが人口呼吸のシーンだったと言う、名迷場面集に良く出てくるシーンが載っています。
そしてダンスシーンも載っています。歌うシーンやダンスシーンが意外に多かったのが、
スタッフが歌手・堀ちえみを意識していたためかどうかは判りませんが、
ドジでノロマな松本千明が、水を得た魚のように活き活きとしています。
ちえみも、パリンコ学園No.1の頃と比べると、ダンスが上手くなりました。
70年代の赤いシリーズに代表される大映テレビと異なるのは、ちえみを初めとする訓練生の女の子が、
みんな元気で、暗くなりがちなストーリーを、明るくしている事です。
そして赤いシリーズでは、親の目線で語られるストーリーが多かったですが、
「スチュワーデス物語」の前の「高校聖夫婦」で、十代の目で語られるストーリーが芽生え始め、
この「スチュワーデス物語」で一気に開花し、少女シリーズが定着しました。


bomb_84_3013_1_1.jpg [1356 x 1946 - 492KB] 削除

42 zc/QRyu32c (18/07/22 16:03)
堀ちえみって、岡田有希子が自殺したというニュースをあるテレビ局の控え室で聞いて「ライバルが一人いなくなってよかったね」と真顔で言って周りにいた他のアイドルたちをドン引きさせたとか。

43 YHQ621d1H. (18/07/23 01:27)
>>42
レス書いたのですが、禁止文字が入っているため、表示出来ません。
どれが禁止文字か判らないので、jpgに文字を書きました。
禁止文字判る方は、教えて下さい。(「自殺」はOKです。42の方も使っています。)



stewardess001_2.jpg [880 x 402 - 134KB] 削除

44 YHQ621d1H. (18/07/23 01:30)
DVD−BOX[スチュワーデス物語」(全編)のパッケージ写真の表です。
転載禁止と書いていないので、載せます。
43の時に添付しようと思っていた画像です。


stewardess001_1_1.jpg [1520 x 1774 - 499KB] 削除

45 zJipszIme. (18/07/23 20:53)
>>43

18.jpg [503 x 175 - 34KB] 削除

46 nbXWbxCzho (18/07/27 00:16)
DVD−BOX[スチュワーデス物語」(全編)のパンフレットの、1ページ目です。

>>45
ブブって何ですか。森下恵理の愛称?
森下恵理は、ちえみと同期の石川秀美が優勝したオーディションの準優勝者でした。
その後スカウトされましたが、歌手デビューしたのは85年6月と3年も遅れ、
モロにおニャン子クラブの波に押し流された存在です。
もしかして、ちえみが森下恵理に対して言った言葉なのかも知れません。


stewardess002_1_1.jpg [1278 x 1940 - 496KB] 削除

47 nbXWbxCzho (18/07/27 00:49)
DVD−BOX「スチュワーデス物語」(前編)のパンフレットの、2ページ目です。
80年代大映ドラマの特徴である3つの原点が、「スチュワーデス物語」なのは間違いないです。
では、70年代から続く大映ドラマの特徴(竹内和義著「大映テレビの研究」より)は、
受け継がれたのでしょうか。
1、宇津井健の怪演
2、常識離れしたセリフ回し
3、主人公に与えられた、とんでもない試練
4、無理やりなストーリー展開と御都合主義
5、一人歩きするナレーション
2・3・4は、受け継がれていると思いますが、風間杜夫は宇津井健ほど怪演していなく、
ナレーションもないので、1・5は排除されました。
秘められた血縁関係が無いのも、大映ドラマとしては珍しいです。
風間杜夫は、このドラマ放送時に生まれてもいない女の子から、未だに教官と言われるそうです。
繰り返し再放送されていたからでしょう。


stewardess003_1_1.jpg [1231 x 1836 - 500KB] 削除

48 0o5UgsQz6k (18/07/27 11:05)
>>43
後藤次利との不倫が忙しくてそれどころではなかったでしょう

49 rX4YqkU61Q (18/07/30 22:59)
BOMBの84年3月号に戻って、14ページ目です。
DVDで全22話見直しました。10〜11話に、後に名迷場面集と題して、
バラエティ番組で取り上げられる場面が、集中していました。
それ以外は、スチュワーデスを目指す松本千明にサクセス・ストーリーになっていて、
当時この番組を見て、スチュワーデスになった女の子が沢山いた事も、うなずけます。
スチュワーデスをキャビン・アテンダントと言い換えるようになったのは、
性差別用語が問題だったためですが、空のお茶汲みのイメージが浸透し、憧れに職業ではなくなりました。
今やLCCでは、無料のティーサービスも無い時代。キャビン・アテンダントも、
いずれ撤廃されるかも知れないと思うと、寂しいです。
このページでは、言葉使いについて載っていますが、ちえみが何度も秋野暢子に注意されるシーンが
印象的です。秋野暢子のイメージにもピッタリの演技です。


bomb_84_3014_1_1.jpg [1301 x 1871 - 490KB] 削除

50 rX4YqkU61Q (18/07/30 23:16)
BOMBの84年3月号の、15ページ目です。
スチュワーデスの訓練期間が半年なのは、アイドルがデビュー前に歌や踊りのレッスン等を
半年ぐらい行うのと似ていて、ちえみが芸能界と似ていると言う話も、うなずけます。
しかし、ちえみがここで言っている通り、周りのスタッフやファンの声援がないので、
より大変な仕事なのでしょう。体力作りにバスケットボールが出てきますが、
同じ岡田裕介原作の「フライング・ラビッツ」は、JALのバスケットボール・チームの話で、
ちえみの事務所の後輩である石原さとみ主演で、映画化されました。
「スチュワーデス物語」が、他の大映テレビ作品と異質な部分があるのは、
岡田裕介の原作があるからだと思います。


bomb_84_3015_1_1.jpg [1295 x 1868 - 496KB] 削除

51 9Hi6dmVpGw (18/08/06 21:50)
DVD−BOX「スチュワーデス物語」(前編)のパンフレットの、3ページ目です。
第1〜4回のストーリーとサブタイトル、視聴率が載っています。
初回の視聴率が飛び抜けて高い訳ではなく、紆余曲折の中、徐々に視聴率が上がって行きました。
最近の1クールしかない連ドラは、初回と2回目が悪ければ挽回出来ないと言われています。
連ドラは、2クールが当たり前だった80年代中盤までの時代から、
80年代末あたりから主流になって来た1クールが当たり前の時代へと変わり、
連ドラを見る視聴者のあり方が、それに合わせて徐々に変わっていったと思います。
両手が義手で、手袋を口で引っ張り上げる片平なぎさ(風間杜夫の元恋人役)の怖い演技も話題になりました。
ちえみの事務所の先輩である片平なぎさは、スター誕生からデビューした70年代アイドルでしたが、
第二の山口百恵として売り出されても、残念ながらトップアイドルにはなれませんでした。
その片平なぎさが新境地を開拓したドラマであり、この役がお茶の間に浸透して、
後に2時間ドラマの女王と呼ばれるまで、女優として成功して行きました。


stewardess004_1_1.jpg [1278 x 1898 - 493KB] 削除

52 9Hi6dmVpGw (18/08/06 22:41)
DVD−BOX「スチュワーデス物語」(前編)のパンフレットの、4ページ目です。
70年代の赤いシリーズでは、春日千春プロデューサーと野添和子プロデューサーが交代で担当し、
大映テレビを支えていました。80年代に入り、春日千春プロデューサーと野添和子プロデューサーの
担当する大映テレビの連ドラ作品で、違いが見えて来ます。
春日千春プロデューサー:不良少女とよばれて・スクールウォーズ・乳姉妹 等
野添和子プロデューサー:スチュワーデス物語・少女に何が起こったか・遊びじゃないのよ、この恋は
春日プロデューサーは、「不良少女とよばれて」がヒットしてから、不良が更生するドラマを何本も
作りました。伊藤かずえや松村雄基は、春日プロデューサー作品の常連俳優でした。
これに対し野添プロデューサーは、不良を一切描かず、ひたすら一直線に進む少女を描きました。
主題歌も、春日作品では序盤にタイトルバックに流れる他、ドラマの最後にも流すという、
当時の流行の最先端を行っていましたが、野添作品ではドラマ本編終了後に、
タイトルバックとして流すというオーソドックスな手法を好んで使っていました。


stewardess005_1_1.jpg [1268 x 1890 - 494KB] 削除

53 gmASovLXlM (18/08/11 00:47)
DVD−BOX「スチュワーデス物語」(前編)のパンフレットの、5ページ目です。
第10話と第11話に、松本千秋(ちえみ)の名迷場面集で良く使われるシーンが集中しています。
第10話では、救命胴衣を付けたまま、宿舎の廊下でクロールの真似をするシーン。
そして、立ったまま手だけクロールの真似をして歩き、村沢教官(風間杜夫)に辿り着くシーン。
極めつけは、溺れた千秋を、村沢教官が人工呼吸で助けるシーンです。
第11話では、大怪我をした体重80キロの女性を背負って、雪道の中、病院まで運ぶシーンです。
村沢教官の「お前はカメだ」という手紙を思い出し、自分はカメだと言い聞かせて頑張る千秋。
そのシーンだけ抜き出せば、バラエティ番組の格好のエサになりますが、
ドラマ全体で考えると、松本千秋の「スチュワーデスになる」いう目標に向かって、
がむしゃらに頑張る姿を印象付ける重要なシーンとなっています。
ドラマ全体の方向性がハッキリ見えて来た、中盤の大事な回です。


stewardess006_1_1.jpg [1396 x 2100 - 493KB] 削除

54 ytwNAT0BD. (18/08/14 22:36)
BOMBの84年3月号の、16ページ目です。
グローイングアップ・ストーリーでは、前回の巻頭大特集では載っていなかった話も、載っています。
お母さんのお腹にいる時から元気一杯で、男の子と決め込んで「誠志」って名前まで決めていたとか、
小学校低学年の頃は、静かーで大人しい子だった事。
その頃人気だったフォーリーブスをもじって「ホーリーブス」と言われ、いじめられた事が、載っています。


bomb_84_3016_1_1.jpg [1294 x 1859 - 491KB] 削除

55 ytwNAT0BD. (18/08/14 23:04)
BOMBの84年3月号の、17ページ目です。
このページにも、前回書いていなかった事が載っています。
それは、小学校高学年の頃に、初めてもらったラブレター。
それが母に見つかり、その子を非難するんで、何故かかばってしまったそうです。
中学の時の初恋と、振られた事は前にも載っていましたが、
そのショックでしばらく立ち直れず、成績がどんどん下がり、母親が先生に呼び出されたそうです。


bomb_84_3017_1_1.jpg [1284 x 1850 - 473KB] 削除


[閉じる ] 出会いのラビコミュ
| しゃんばら[HOME] > 80年代画像掲示板 | 結婚紹介所でもない。既存の出会いサイトでもない。新しい恋愛サイト誕生!
返信書き込み
アップロードするファイル

sage
コメント

削除パスワード



無修正動画最強サイト「カリビアンコム」続々新作追加
13 LP6OPlIqoc (18/05/18 00:00)


horitiemi_horipro-e1521810154920_jpg_pagespeed_ce_6wew78_xm_.jpg [835 x 609 - 58KB] 削除

24 VoZgcYvPmE (18/06/12 01:04)
久しぶりぃ〜

kokoronotobira62_63.jpg [2269 x 1400 - 371KB] 削除

42 zc/QRyu32c (18/07/22 16:03)
堀ちえみって、岡田有希子が自殺したというニュースをあるテレビ局の控え室で聞いて「ライバルが一人いなくなってよかったね」と真顔で言って周りにいた他のアイドルたちをドン引きさせたとか。

43 YHQ621d1H. (18/07/23 01:27)
>>42
レス書いたのですが、禁止文字が入っているため、表示出来ません。
どれが禁止文字か判らないので、jpgに文字を書きました。
禁止文字判る方は、教えて下さい。(「自殺」はOKです。42の方も使っています。)



stewardess001_2.jpg [880 x 402 - 134KB] 削除

45 zJipszIme. (18/07/23 20:53)
>>43

18.jpg [503 x 175 - 34KB] 削除

優良Hサイト
カリビアンコム
連日更新中。流出したあの人気ギャルの秘部もバッチリ。企画モノ新作楽しい!
★★★★★

エッチな4610
エッチでいやらしい素人を毎日ハメ撮り。シンプルなサイト構成で見やすい。
★★★★★

エッチな0930
夫じゃ満足できない妖艶奥様達の性欲大解放
★★★★★

プラウディア
ポロリパンチラ胸ちらアイドルのお宝動画がザクザク
★★★★★

エキゾチカ
素人インディーズ系、盗撮充実。お宝もあり
★★★★★

天然むすめ
素人にこだわり撮れたてほやほやのオリジナル
★★★★★

一本道
激レア裏ビデオ一本を丸ごとダウンロード
★★★★★

セックスマシーン
人気女優と楽しい企画。お試し期間もあり
★★★★★

盗撮マーシー
更衣室着替え、女湯、パンチラ、トイレ、のぞき放題
★★★★★

エンジェルライブ
綺麗なお姉さんおっぱいと可愛い系パンチラ
★★★★★

DXライブ
貴方の操作でバイブが唸り、女の子が悶えるネットリモコン機能搭載
★★★★★

EXショット
あなただけに限界サービス。大人のライブチャット
★★★★★

SOD(ソフトオンデマンド)
説明不要の人気企画単体作品勢揃い。月額定額がお得
★★★★★

地下10F
フェチ向けダウンロードサイト。濃いです
★★★★★

DUGA(デュガ)
コス、盗撮、Jrアイドル、熟女、M男他多彩
★★★★★