松本伊代2@80年代画像掲示板
| しゃんばら[HOME] > 80年代画像掲示板 | 閉じる | 怒涛の大量書込み! 掲示板タイプの無料コミュニティサイト
松本伊代2 (24) 見た人の数 → 3456

1 LkIS8lera. (18/06/25 23:14)
前スレ(ttp://002.shanbara.jp/80s/html/20seikiidolstar001_2.jpg/)の続きです。
スレ画は、BOMBの83年4月号の、1ページ目です。
春が似合う伊代ちゃんっぽいグラビアを、スレ画にしました。
大好きな曲「チャイニーズ・キッス」がリリースされた頃のグラビアです。


bomb_83_4001_1_1_3.jpg [1417 x 1976 - 496KB] 削除

2 or0.44RXKA (18/07/02 00:02)
BOMBの84年2月号の、16ページ目です。
伊代ちゃん初の連ドラ主演作「私は負けない!ガンと闘う少女」の現場ルポが載っています。
最初から8回で終わるよう決まっていた連ドラですが、「伊代を殺さないで!」という投書が、
うなぎ上りに増えたため、最終回で死ぬシーンが無くなったのでしょう。
まだ視聴者の反応を見ながら台本を書いていた頃なので、台本→撮影→放送の間隔が短く、
8回しか無くても、最終回には視聴者の声が反映されたと思います。
「もし死ぬシーンがあったとしたら、きれいにコックリ死にたいと思ってたんですよ。」と
言っていますが、この通り演じたら「リアルさが欠ける」とクレームが付いたかも知れません。
投書が伊代を守ったのかも。「こんなに真剣に取り組んだドラマは初めてでした。」と言っている
このドラマは、伊代ちゃん最初で最後の連ドラ主演作なので、是非見たいです。
CSのTBSチャンネルでは、時々80年代アイドルドラマ特集を組むので、取り上げて欲しいです。


bomb_84_2016_1_1.jpg [1271 x 1797 - 492KB] 削除

3 9htnA1GKh6 (18/07/09 00:09)
BOMBの84年2月号の、17ページ目です。
薬師丸ひろ子主演で大ヒットした映画になる前のドラマ版「Wの悲劇」で、
あの摩子役を演じていたんですね。映画が出来る前のためか、載っていないのは残念です。
(ドラマ版は、映画版の劇中劇である原作を、そのままストーリーにしている。)
デビュー作である「たのきんドラマ」は、けっこうシリアスなドラマと言っています。
ピンキーパンチ大逆転では、「あの衣装の下、何にも着けてなかったから恥ずかしくって」。
楽屋では、柏原芳恵と裸の付き合いだった事になります。
パリンコ学園No.1では、コント赤信号の過激な悪ノリは恐怖だったそうですが、
その後、生放送の歌番組でキョンキョンが歌っている時のバックでも悪ノりし、
キョンキョンが「コノー」とキレていました。


bomb_84_2017_1_1.jpg [1278 x 1832 - 489KB] 削除

4 LujEO4UJCE (18/07/14 23:01)
BOMBの84年2月号の、18ページ目です。
ビクターの人気アイドルは、年にシングル4枚、オリジナルアルバム2枚、
ベストアルバムや企画物を含めるとアルバムも4枚リリースするのがノルマだったので、
年末には帳尻合わせのために、ベスト盤が出るのが常でした。
他のレコード会社の人気アイドルも、似たり寄ったりでしょう。
伊代の所属していたボンド企画は、70年代にも岡田奈々や大場久美子といった
人気アイドルを輩出していますが、女優業やグラビア人気の割りにレコードセールスがイマイチでした。
そんな先輩よりも、レコードセールスを含めて伊代は売れていたので、過密スケジュールのため、
事務所のスケジュール担当者が熱を出すのも、無理ありません。
大阪でアルバム「Sugar Rain」をレコーディングしたのは、大阪で初ミュージカルに挑戦していたからです。
次ページにディスコグラフィーが載っているので、尾崎亜美については、次回書きます。


bomb_84_2018_1_1.jpg [1316 x 1894 - 491KB] 削除

5 gQIPJCIWy6 (18/07/22 21:32)
DUNKの84年9月号に、アルバムの代表作が載っているので、こちらを先に。
初期の伊代のアルバムは、1stアルバムがカントリーっぽかったり、アメリカ指向で、
小型大瀧詠一風らしいです。特徴のある声が、アメリカン・ポップス風の曲にピッタリだったのでしょう。
その作風が変わったのは、尾崎亜美と出会ってから。「時に愛は」は、今聞いても名曲です。
尾崎亜美が作品を提供したアイドルは沢山いますが、作品提供に前後で、
曲調がガラッと変わったのは、伊代と岩崎良美の二人だけです。
岩崎良美は、新人としては歌が上手すぎるため、作家陣が変に難解な曲を作ったり、試行錯誤を続けていて、
尾崎亜美作品と出会って、ようやく自分の世界が確立されていった感じです。
伊代は、デビュー曲「センチメンタル・ジャーニー」が大ヒットし、出来も良かったため、
アメリカン・ポップス風の曲で、自分の世界を確立していましたが、大学に進学して、
ステップアップを図る時期に、上手く尾崎亜美作品と出会い、本格的なバラードも得意分野になりました。


dunk_84_9001_1.jpg [1685 x 1252 - 497KB] 削除

6 mzxZUTauC6 (18/07/29 22:46)
BOMBの84年2月号に戻って、19ページ目です。
この時点での伊代のディスコグラフィーが載っています。
売り上げ枚数も書いてありますが、おそらくオリコン調べでしょう。
レコード会社が発表する集荷枚数なら、この2〜3倍にはなっているでしょう。
やはりデビュー曲「センチメンタル・ジャーニー」が、突出した売り上げになっています。
人気アイドルは、デビュー曲から一気に売れるイメージがありますが、
それはジャニーズの男性アイドルの場合が多いです。80年代女性アイドルに限定すると、
デビュー曲から一気に売れ、その後もコンスタントに売れていたのは、伊代ちゃん以外には、
薬師丸ひろ子しか思い浮かびません。おニャン子クラブのメンバーや、それ以降のアイドルは、
デビュー曲が一気に売れても、その後急激に売り上げを落としていった感じです。
聖子・明菜・キョンキョン・桃子を始め、80年代のスーパーアイドルのデビュー曲は、
みんなベストテンにランクイン出来ませんでした。如何にデビュー曲「センチメンタル・ジャーニー」の
インパクトが大きかったかが、分かります。


bomb_84_2019_1_1.jpg [1345 x 1936 - 492KB] 削除

7 9Hi6dmVpGw (18/08/06 21:14)
BOMBの84年2月号の、20ページ目です。
初ミュージカル「愛のシンフォニー」のルポが載っています。
笑い上戸のキョンキョンは、舞台で吹き出すのを恐れ、32歳になるまで舞台に立ちませんでした。
同じく笑い上戸のちえみは、未だに舞台未経験です。
この二人と同じぐらい笑い上戸(らっきょうが転がるのが可笑しくて笑うCMあり)の伊代は、
無事に初ミュージカルの舞台を乗り越えられたのでしょうか。
(坂上二郎が、上手くフォローしていたと書いてあります。)
「もっとお腹から声を出すようにっていわれました。」
もしミュージカルを続けていたら、伊代ちゃん独特の声が、もっと太くなって
平山みきのようになったかも知れないと思うと、続けなくて良かったです。
早見優は、アイドル卒業後ミュージカルやジャズを歌っていたので、
アイドル時代の歌唱法ではなくなりました。


bomb_84_2020_1_1.jpg [1271 x 1814 - 494KB] 削除

8 ytwNAT0BD. (18/08/14 00:20)
BOMBの84年2月号の、21ページ目です。
伊代が出演したCMについて、載っています。
最初のボンカレーのCMは、レコードデビューの半年も前だったんですね。覚えていませんでした。
もちろん、らっきょうを転がるのを見て笑うCMは、覚えています。
シャワランは、伊代が小学校高学年の頃に真似をしたピンク・レディーの代表CMのひとつでした。
「彼女みたいにふわふわした感じで、生活感を全く感じさせない子は珍しい。」
代表曲のひとつ「TVの中からキラキラ」も、その伊代のキャラがなければ成立しない曲でした。
キョンキョンがCMクィーンとしてブレイクした80年代末、「今までと同じように
CMをやってきただけなのに、何故今頃になってそんなに騒ぎ出す?」と不思議がっていました。
伊代も、CMタレントとしての素質は十分だっただけに、継続していれば、
CMクィーンになれたのかも知れません。


bomb_84_2021_1_1.jpg [1238 x 1786 - 490KB] 削除

9 UQGEPYoTfg (18/08/22 23:09)
モノクロの記事が続かないように、カラーグラビアを。
GOROの84年12月13日号の、1〜2ページ目です。

これで、アイドル時代に顔が似ていると言われた、伊代と優のスレが並ぶはずだけど。


goro_84_12_13001_2s_1.jpg [1615 x 1185 - 476KB] 削除

10 GmX/7i5YWA (18/08/31 22:43)
BOMBの84年2月号の、22ページ目です。
伊代のマル秘健康法が、2ページに渡って載っています。
人気アイドルは、健康な体が資本です。ハードスケジュールに耐えられず、体を壊して脱落しては、
大金をかけて売り出した事務所は大損害。人気アイドルが所属する事務所は、アイドルのマル秘健康法を、
密かに蓄積していた事でしょう。特にボンド企画は、身体が細いアイドルが多かったので、
(伊代ちゃんの先輩では、岡田奈々・大場久美子。後輩では、本田美奈子)、マル秘健康法は
重要だったと思います。それに本人のやる気や家族の協力があって、伊代のマル秘健康法が出来たのでしょう。
スター運動会では、三田寛子のおかげで最下位を免れました。動画アップされていたリレーでは、
同じく走るのが苦手なキョンキョンが、司会の補佐に回り、第二走者の伊代ちゃんに
「ダメですね。さっき「何で私が出るの」と自分で言ってました。」と、暴露していました。


bomb_84_2022_1_1.jpg [1356 x 1954 - 486KB] 削除

11 2qoX5AyvHs (18/09/01 09:48)
ボンドはその時々で一人しか売れない事務所と言われてました。
伊代ちゃんは少女隊、本田美奈子と次が出て来てもそこそこの忙しさで
そのジンクスを破りました。
・ガリガリだが実は健康でタフ
・仕事を選ばない
・あまり物事を深く考えない
ボンドが倒産した時には「皆勤賞」のような表彰を受け感謝されたそうです。

12 0ywlwH.OiU (18/09/07 20:48)
BOMBの84年2月号の、23ページ目です。
仕事で下半身は鍛えられても、上半身はあまり使わないので、ストレッチしています。

>>11
岡田奈々は、暴漢に襲われ重症を負って以来、清純派のイメージが薄れ、
大場久美子は、歌手活動終了宣言をしたので、結果的にそうなりますね。
・ガリガリだが実は健康でタフ→このストレッチで鍛えていた事も、それに一役買っています。
・仕事を選ばない→コンサートでは、レオタード姿でフラッシュダンスを踊る。
 写真集「だれか誘惑」発売。五社英雄監督の映画「薄化粧」に出演etcですね。
・あまり物事を深く考えない→これって、長く芸能界で活躍する秘訣だと思います。
後輩の新田恵利は、自選のベスト盤を出す際、「これ以上秋元さんに儲けさせないよう、
自作詞の曲ばかり入れたそうですが、伊代ちゃんにはそんな計算高さもないようです。
伊代ちゃん司会のCSの番組に、新田恵利がゲスト出演した時に言っていました。
同じ事務所だったのに、初めて聞いたと言っているあたり、伊代ちゃんらしいです。


bomb_84_2023_1_1.jpg [1358 x 1961 - 409KB] 削除

13 Oq5xjgJH5k (18/09/15 00:25)
GOROの84年12月13日号の、3〜4ページ目です。
12で、「腕を大きく伸ばし、胸をひらきましょう。発育を期待しつつ...」
と書いてあるストレッチ体操が功を奏したためか、バストが76cmまで発育しました。
そのバストを強調しているポーズかも知れません。


goro_84_12_13003_2s_1.jpg [1561 x 1144 - 472KB] 削除

14 WTaB/O6z9E (18/09/22 00:28)
BOMBの84年2月号の、24ページ目です。
伊代の雑学辞典が、4ページに渡って載っています。
お姉さんが、体育短期大学を卒業したので、伊代も短期大学を受験する事にしたのかも知れません。
でも、運動神経はお姉さんのようにはいかなかったので、(戸板女子短大)被服科卒業となりました。
中学時代の体力測定では、50m走が9秒0、走り幅跳び2m80でした。
BOMBに載っていた同期の秀美の記録は、50m走が7秒4、走り幅跳び4m40なので、
だいぶ劣りますが、スポーツ少女の秀美と比べるのは、無理がありますね。
パリンコ仲間のキョンキョンは、50m走が9秒7、走り幅跳び2m40なので、伊代の勝ちです。
でも、腕相撲なら伊代には勝てるな。と言っていました。


bomb_84_2024_1_1.jpg [1226 x 1769 - 490KB] 削除

15 .9vAYsBm5g (18/09/22 20:09)
松本伊代
16 xmMsiCcclk (18/09/27 22:12)
BOMBの84年2月号の、25ページ目です。
中学の修学旅行で、「みんなとお風呂に入るのが恥ずかしくって、ずーっと入らずじまいだったの」
細い身体を見られたくなかったのかな?
「あの衣装の下、何にも着けてなかった」というピンキーパンチ大逆転の楽屋での柏原よしえが、
初めての裸の付き合いになるのでしょうか。グラマーな柏原よしえに、細い身体を見らてしまいました。
嫌いな季節「冬。寒いから。」細い身体には、堪えるのでしょう。
結婚「子供は2人ぐらいで、友達みたいな夫婦関係がいい。」この願望は、上手く叶いました。
頭のサイズ53cmはかなり小さい方で、当然顔も小さいです。80年代人気アイドルは、
小顔の人が多かったですが、中でも伊代ちゃんとキョンキョンは、特に小顔でした。
小顔の場合、相対的に耳が大きく見えます。伊代ちゃんはたまたま耳が少し外側に出ているため、
ダンボ耳と言われ、キョンキョンは伊代ちゃんのおかげで、耳が大きいと言われずに済み、
小顔が注目されました。キョンキョンは、伊代ちゃんの方に足を向けて寝られないのでは?


bomb_84_2025_1_1.jpg [1230 x 1765 - 462KB] 削除

17 0xIgkyFNOQ (18/10/01 22:56)
GOROの84年12月13日号の、5〜6ページ目です。
85年3月20発行の写真集「だれか誘惑」を予感させるようなカットが、
この雑誌のグラビアでは多いです。
10年ぐらい前にCSで放送していた、松本伊代の冠番組で、伊代のお宝写真集を探して、
古本屋でロケしていましたが、数万円もするポスターやカセットテープを紹介した後、
写真集「だれか誘惑」が、他の写真集より桁違いに安く売られていました。
隣は、松本コンチータというAV女優でした。


goro_84_12_13005_2s_1.jpg [1606 x 1177 - 492KB] 削除

18 HQyYKvTPQM (18/10/03 10:55)
>17
先行カットで「遂にビキニになったか!」と楽しみにして当時買ったけど
実際はビキニほとんどなしだったから。
想像するに「お、伊代は成熟してきたな、胸も大きくなったみたいだし」と
大人っぽい写真集にするはずが、いざ撮影では当てが外れたんだろうね(笑)。
「今回は谷間くらい見せてね」…がないものは撮れず…そんな感じです。

19 HerP1hgqiw (18/10/07 23:48)
DUNKの85年4月号から、アイドル水着大図鑑のコーナーです。

>>17
このカットのように、横から撮っても膨らみがほとんどない伊代ちゃんの胸では、
谷間はできませんね。言われてみれば、伊代ちゃんのビキニ姿は、記憶にないです。
聖子や、同期で顔が似ていると言われた優も、胸はなかったけどビキニになっていました。
聖子は途中でビキニ姿を封印しました。優は、スタイルがいいので、胸はなくてもビキニは似合います。
伊代ちゃんが、そんな二人を見て、ビキニにならなかったのは、正解でしょう。


dunk_85_4001_1_1.jpg [1617 x 1274 - 500KB] 削除

20 WKLJWTvlIA (18/10/09 01:10)


iyo_matsumoto04.jpg [980 x 1400 - 205KB] 削除

21 hk91niwhU6 (18/10/13 01:06)
>>20
ワンピース姿の伊代ちゃんの、オリジナルスキャン、ありがとうございます。
19で聖子や優の水着の事を書いたので、聖子ちゃんスレにはワンピースのカットを、
優ちゃんスレにはビキニのカットを載せてくれたのでしょう。
画像を貼るタイミングで、レスを書いておきます。
このカットのピンクのワンピースは、良く見ると、前に載せた近代映画のムック本「アイドル40年」
で着ているピンクのワンピースとは、デザインが違っていました。

画像は、ベッピンの85年4月号から、19と同じワンピースを着たカットです。
「オールスター水上フェスティバル・イン・グァム」という番組からのカットで、
後2カットあるので、その内載せます。(ちなみに、この番組では、優ちゃんもワンピースでした。)

それから19のカットは、スキャン時にモアレ補正が外れていたので、その内載せ直します。
今日、モアレ補正が外れていたスキャン画像を大量に発見して、ショックでした。


beppin_85_4001_1.jpg [871 x 1084 - 213KB] 削除

22 tJPL6UOHyk (18/10/20 19:36)


iyo_matsumoto006.jpg [2290 x 1400 - 498KB] 削除

23 HudJ6YEMSk (18/10/21 00:15)
>>22
伊代ちゃんのタンクトップ姿のオリジナルスキャン、ありがとうございます。
一瞬、伊代ちゃんの胸が盛り上がっていると思いましたが、パッド入りのブラジャーを付けているのでしょう。

この画像は、ベッピンの85年4月号から、21と同じページのカットです。
下に、同じ事務所の後輩である本田美奈子と比べて「ほっそりしているのは伊代ちゃんに似ているが、
一箇所決定的違いがある。胸が大きいんですよ。ウヒョ!」
って、書かれています。後輩にまで、胸で差を付けられてしまった伊代ちゃん。
その後、水着になる事はあったのでしょうか。


beppin_85_4001_2_1.jpg [1792 x 1924 - 494KB] 削除

24 T0reU7B5VM (18/10/23 13:54)
ボンドの社長は当時陰で「ロリコン」と呼ばれてた。
スリムで胸がペッタンコの子ばかり育ててたから。
大場久美子も最初はペチャパイで大きくなったんだよね。
だからその記事書いた人が驚いたのはよくわかります(笑)。


[閉じる ] 出会いのラビコミュ
| しゃんばら[HOME] > 80年代画像掲示板 | 結婚紹介所でもない。既存の出会いサイトでもない。新しい恋愛サイト誕生!
返信書き込み
アップロードするファイル

sage
コメント

削除パスワード



無修正動画最強サイト「カリビアンコム」続々新作追加
11 2qoX5AyvHs (18/09/01 09:48)
ボンドはその時々で一人しか売れない事務所と言われてました。
伊代ちゃんは少女隊、本田美奈子と次が出て来てもそこそこの忙しさで
そのジンクスを破りました。
・ガリガリだが実は健康でタフ
・仕事を選ばない
・あまり物事を深く考えない
ボンドが倒産した時には「皆勤賞」のような表彰を受け感謝されたそうです。

17 0xIgkyFNOQ (18/10/01 22:56)
GOROの84年12月13日号の、5〜6ページ目です。
85年3月20発行の写真集「だれか誘惑」を予感させるようなカットが、
この雑誌のグラビアでは多いです。
10年ぐらい前にCSで放送していた、松本伊代の冠番組で、伊代のお宝写真集を探して、
古本屋でロケしていましたが、数万円もするポスターやカセットテープを紹介した後、
写真集「だれか誘惑」が、他の写真集より桁違いに安く売られていました。
隣は、松本コンチータというAV女優でした。


goro_84_12_13005_2s_1.jpg [1606 x 1177 - 492KB] 削除

20 WKLJWTvlIA (18/10/09 01:10)


iyo_matsumoto04.jpg [980 x 1400 - 205KB] 削除

22 tJPL6UOHyk (18/10/20 19:36)


iyo_matsumoto006.jpg [2290 x 1400 - 498KB] 削除

優良Hサイト
カリビアンコム
連日更新中。流出したあの人気ギャルの秘部もバッチリ。企画モノ新作楽しい!
★★★★★

エッチな4610
エッチでいやらしい素人を毎日ハメ撮り。シンプルなサイト構成で見やすい。
★★★★★

エッチな0930
夫じゃ満足できない妖艶奥様達の性欲大解放
★★★★★

プラウディア
ポロリパンチラ胸ちらアイドルのお宝動画がザクザク
★★★★★

エキゾチカ
素人インディーズ系、盗撮充実。お宝もあり
★★★★★

天然むすめ
素人にこだわり撮れたてほやほやのオリジナル
★★★★★

一本道
激レア裏ビデオ一本を丸ごとダウンロード
★★★★★

セックスマシーン
人気女優と楽しい企画。お試し期間もあり
★★★★★

盗撮マーシー
更衣室着替え、女湯、パンチラ、トイレ、のぞき放題
★★★★★

エンジェルライブ
綺麗なお姉さんおっぱいと可愛い系パンチラ
★★★★★

DXライブ
貴方の操作でバイブが唸り、女の子が悶えるネットリモコン機能搭載
★★★★★

EXショット
あなただけに限界サービス。大人のライブチャット
★★★★★

SOD(ソフトオンデマンド)
説明不要の人気企画単体作品勢揃い。月額定額がお得
★★★★★

地下10F
フェチ向けダウンロードサイト。濃いです
★★★★★

DUGA(デュガ)
コス、盗撮、Jrアイドル、熟女、M男他多彩
★★★★★