南野陽子@80年代画像掲示板
| しゃんばら[HOME] > 80年代画像掲示板 | 閉じる | 怒涛の大量書込み! 掲示板タイプの無料コミュニティサイト
南野陽子 (42) 見た人の数 → 5837

1 EOqPf.1ItA (18/09/17 06:45)
はいからさんが通る

292ea245-8fa8-4920-86fc-a7e0a77f11a1.jpg [239 x 384 - 25KB] 削除

2 EOqPf.1ItA (18/09/17 06:48)


1809162043500638.jpg [1280 x 720 - 93KB] 削除

3 ifJATQNdz6 (18/09/17 20:35)
>>1
新スレ立て、ありがとうございます。

画像は、DUNKの86年月7号の、2ページ目です。
「ウエディングドレス何度も着ちゃうと、本番が遅れる?」
ウソ!ではなく、当時、人生計画に挙げていた24歳での結婚より、
かなり遅い43歳での結婚になりました。


dunk_86_7002_1_1.jpg [1197 x 1759 - 415KB] 削除

4 7xJLRsaStE (18/09/20 22:49)
DUNKの86年月7号の、3ページ目です。
前スレ落ちたので説明しておくと、この号は、初ビデオのロケの様子をレポートしています。
「スケバン刑事U」のロケと違って、リラックスしているナンノの様子が分かります。


dunk_86_7003_1_1.jpg [1193 x 1758 - 497KB] 削除

5 .9vAYsBm5g (18/09/22 19:57)
南野陽子
6 UYKIBYzRak (18/09/24 00:26)
DUNKの86年月7号の、4ページ目です。
和服姿が似合うナンノです。
「スケバン刑事U」のイメージから出来るだけ遠い感じの服を探した結果、
和服姿になったのでしょうが、おニャン子旋風が吹き荒れていたこの時代に、
ナンノの綺麗な表情で、差別化を図るには良いアイデアだと思います。


dunk_86_7004_1_1.jpg [1343 x 1983 - 498KB] 削除

7 Z.t2BrJw/2 (18/09/26 23:27)
DUNKの86年月7号から、2つ折りピンナップです。

dunk_86_7005_1s_1.jpg [1431 x 1611 - 487KB] 削除

8 ZIaroPfZ7Y (18/09/29 23:05)
BOMBの86年2月号の、33ページ目です。
竹中直人との対談が、4ページに渡って載っています。
竹中直人は、ナンノが歌手デビューする前の、青年座時代の大先輩だそうです。
素人の頃から大ファンで、竹中直人出演番組を見に行って、握手してもらったそうです。


bomb_86_2036_1_1.jpg [1341 x 1955 - 499KB] 削除

9 xfQy/pHcV6 (18/10/02 23:01)
BOMBの86年2月号の、34ページ目です。
5歳から鉄仮面を付けていた「スケバン刑事U」の設定について、
無理があると思いながら、二人で会話している部分が、いいです。
ナンノがスタッフに質問したら、「あれはあれでいいの」と答えたとの事で、
「大人って適当だろ。子供だと思って。」と、竹中直人が言っています。
ナンノも、激しく同意していた事でしょう。


bomb_86_2037_1_1.jpg [1288 x 1855 - 496KB] 削除

10 Q2BxOnFvo2 (18/10/04 23:41)
BOMBの86年2月号の、35ページ目です。
お互いに本当は暗い性格で、ナンノは無理に明るくしていると言い、
竹中直人は毎日怒っていると言っています。
そろそろバブルの影響が出始めて、男も女もファッションに金をかける時代になってきたのでしょう。
竹中直人の言い分は、タモリが「おじさんは怒ってるんだぞー」のコーナーで言っていた事と、
共通しています。


bomb_86_2038_1_1.jpg [1337 x 1941 - 472KB] 削除

11 Ri.f2UjC5o (18/10/08 00:43)
BOMBの86年2月号の、36ページ目です。
ナンノの当時の人生設計では、子供は二人。
「私の場合、結婚っていうのは子供が欲しいから仕方なくするんです。」
「私の場合、チャンスは2回。」
「あれって、練習期間がいるんですか。」
ユーモラスなナンノの発言が楽しい対談です。


bomb_86_2039_1_1.jpg [1290 x 1889 - 473KB] 削除

12 XTrcPpQEYM (18/10/10 23:30)
BOMBの86年2月号の、37ページ目です。
84年に女優デビューし、85年に歌手デビューしたナンノ。
でも「スケバン刑事U」でブレイクし、歌がヒットするまでは、
歌手としてのキャンペーンが出来ませんでした。
レコーディングの時になかなか一人で歌えなかったので、
女優業中心に活動していたためでしょう。


bomb_86_2040_1_1.jpg [1391 x 2031 - 466KB] 削除

13 hk91niwhU6 (18/10/13 23:23)
BOMBの86年2月号の、38ページ目です。

前スレとハリコの最後のスレの再アップは、これで終わりです。
次回からは、少しペースダウンしながら、新スキャン画像を、アップして行きます。


bomb_86_2041_1_1.jpg [1400 x 2034 - 422KB] 削除

14 gWIJKy4Lo2 (18/10/22 00:57)
DUNKの86年7月号から、ナンノのファーストコンサートのスケジュールが載っている記事です。
12でナンノが書いている事が、ファーストコンサートで実現しました。


dunk_86_7006_1.jpg [838 x 1282 - 188KB] 削除

15 orURrLOZb. (18/10/27 00:53)
DUNKの86年5月号から、LP紹介コーナーです。
シングルを3枚もリリースしてから、ファーストアルバムが発売されたのは、
やはり「スケバン刑事U」でのアイドル女優人気が先行し、
アイドル歌手としては、後からついて来る形になったためでしょう。
アイドル四天王で比較して見ると、デビューシングル発売前から、ドラマで人気があった中山美穂は、
シングル1枚目で、2ヶ月後にファーストアルバム発売。
おニャン子クラブ出身の工藤静香は、シングル2枚目で、1ヶ月半後にファーストアルバム発売と、
こちらは、アイドルとして標準的なパターンです。
「スケバン刑事」の後輩にあたる浅香唯は、シングル3枚目で、ファーストアルバム発売と、
ナンノと同じパターンでした。(但し、唯ちゃんはファーストアルバム発売時には、
まだ「スケバン刑事V」に抜擢される前で、人気も知名度も低かったです。)


dunk_86_5007_1_1.jpg [1648 x 1374 - 438KB] 削除

16 ER45O5JM9w (18/10/30 23:26)
DUNKの86年8月号の、1ページ目です。
初のアメリカ・ロケ(フジカラーCM撮り)の様子が、4ページに渡って載っています。


dunk_86_8001_1_1.jpg [1344 x 1902 - 499KB] 削除

17 EJsjF4EG5o (18/11/06 21:36)
DUNKの86年8月号の、2ページ目の右です。
「カップメン8コも買ったけど、スタッフに全部食べられちゃった。」
レストランでは、周りのスタッフが誰も英語が出来ない。
ナンノのマネージャーや、CMスタッフは、一体どういう人間なのでしょう。


dunk_86_8002_3_1.jpg [511 x 1177 - 228KB] 削除

18 JnjD60lGCg (18/11/15 19:05)
DUNKの86年8月号の、2ページ目の左〜3ページ目です。
「肉が紙みたいなハンバーガー」肉が薄いって事かな?紙みたいに味が無いって事かな?
アメリカのステーキは、分厚くて硬いので、食べるのが大変だった事を思い出しましたが、
ハンバーガーに入れる肉は、薄いひき肉なのでしょう。
いずれにしても、現在は牛肉のソムリエみたいに牛肉の味に敏感なナンノなので、
当時から、「肉が紙みたいなハンバーガー」には耐えられなかったのでしょう。


dunk_86_8002_3s_1.jpg [1181 x 1177 - 491KB] 削除

19 XRMBUt33hs (18/11/20 21:10)
DUNKの86年8月号の、4ページ目です。
帰りの空港で買うはずだったお土産ですが、何処ででも買えるような物しか置いてなかったようです。


dunk_86_8004_1_1.jpg [1502 x 2119 - 490KB] 削除

20 S6LapSnZ8s (18/11/27 22:00)
DUNKの86年8月号には、3つ折りピンナップも付いています。
4曲目のシングル「風のマドリガル」の歌詞が載っています。
3曲目「悲しみモニュメント」に引き続き、「スケバン刑事U」の主題歌に使用され、
オリコンの週間チャートでも、2曲連続でベストテン入りしています。


dunk_86_8005_2s_1.jpg [947 x 1770 - 487KB] 削除

21 19TG5OeBj. (18/12/06 00:58)


0041.jpg [1215 x 1515 - 249KB] 削除

22 4kPrhO8RwA (18/12/11 22:36)
DUNKの86年9月号の、1ページ目です。
ナンノの幼少期からのカラー写真が、4ページに渡って載っています。
セレクトした27枚が載っていますが、5冊のアルバムを合わせると全部で何枚撮られまくったのでしょう。


dunk_86_9001_1_1.jpg [1328 x 1954 - 499KB] 削除

23 .iav04hBn. (18/12/16 23:41)
DUNKの86年9月号の、2ページ目です。
1969年、「表情が麻宮サキになっとる!ひええっ!」
おメメをパッチリ開いて、真剣な表情をすると、麻宮サキの出来上がりって事かな。
1971年頃は、まだミニスカートのブームでした。
翌72年には、ミニスカートを超えるキワドイお姿で登場。
まだ幼稚園児ですが、この頃からナンノらしい表情になっています。


dunk_86_9002_1_1.jpg [1174 x 1730 - 490KB] 削除

24 B8GO64BuQs (18/12/23 22:51)
DUNKの86年9月号の、3ページ目です。
ナンノの性格は、お嬢様というより、好奇心旺盛な女の子って感じですが、
家庭環境は、やはりお嬢様なのでしょうね。
1978年。自分の部屋に応接セットがあるとは。この頃から、
クラスメートの相談役を引き受けていたのでしょう。
1979年。ショートカットのナンノは、ナンノだと分かっていて見れば、
アイドル時代と変わらない表情ですが、予備知識なしでこの写真だけ見ると、誰だか分からないかも。
そのぐらい、髪型って大事だと思います。


dunk_86_9003_1_1_1.jpg [1176 x 1730 - 483KB] 削除

25 oGvaLTm0X. (18/12/29 12:26)
.
26 d2Bk2oMUNU (18/12/30 00:09)
DUNKの86年9月号の、4ページ目です。
このあたりになると、アイドル時代とほとんど顔が変わりません。
1984年の体育祭の仮装行列のナンノ、ハッキリいって怖いです。
顔が綺麗な女性は、怖い化粧をすると、より怖くなると言われていますが、この仮装もそうです。
「スケバン刑事U」の後半に出てくる、訳の分からない適役にもピッタリ(失礼)です。


dunk_86_9004_1_1.jpg [1237 x 1830 - 489KB] 削除

27 PNNzb3hS32 (19/01/04 13:22)
.
28 YInNcEKb9E (19/01/07 23:41)
DUNKの86年10月号の、1ページ目です。
ナンノの初コンサート・ツアーのレポートが、4ページに渡って載っています。
アイドル歌手の初コンサートは、キチンと時間を作ってリハーサルするのが普通ですが、
「スケバン刑事U」の最後の収録の合間を縫ってのリハーサルとは。
歌手活動を行う事務所と、女優業を行う事務所が別だった弊害かも知れません。
スケバン刑事の三代目を演じる浅香唯との引き継ぎを、「覚えていない」と言っていたナンノですが、
コンサートのリハーサルに集中していて、引き継ぎどころではなかったのでしょう。


dunk_86_10001_1_1_2.jpg [1289 x 1843 - 487KB] 削除

29 9jpeA16Xuo (19/01/14 22:03)
DUNKの86年10月号の、2ページ目です。
シングル4枚、アルバム1枚しか出していないので、自分の曲だけではコンサートで歌う曲を
埋められないのは、アイドルのファーストコンサートとして当たり前であり、
70年代〜80年代前半にかけては、邦楽・洋楽取り混ぜて、他の人の曲を歌っています。
(この頃は、まだカバーという言葉が、定着していなかった。)
80年代後半になると、邦楽だけとなり、ナンノの場合はキャンディーズでした。
「ピンクの衣装で跳ね回るナンノさんは、確かにかわいかった。」
キャンディーズと言えばミニスカートですが、ナンノは履いていないでしょう。


dunk_86_10002_1_1_1.jpg [1404 x 1991 - 494KB] 削除

30 rsMv.dkOUc (19/01/21 02:46)
.
31 rsMv.dkOUc (19/01/21 23:51)
.
32 ZN8vyc5kCE (19/01/22 23:22)
DUNKの86年10月号の、3ページ目です。
「自分ですごく、練習を積んでたみたいですね。歌も踊りも、最初からぜんぜん間違えない。」(音楽担当)
デビュー曲のレコーディングの時、恥ずかしすぎて3日間歌えず(デビュー曲のタイトルが
「恥ずかしすぎて」に変更になるほど)、レコーディングスタッフが一緒に歌って練習した結果、
ようやくレコーディング出来た頃から、1年半も経っていないのに、見違える進歩です。
後にナンノが、「みんなの期待・応援があってこそ、輝く事が出来るのがアイドル。」と言っていましたが、
正に、みんなの期待に答えようとしたからこそ、これだけの進歩があったのでしょう。
青年座マネージャーのコメントが載っています。歌手業と女優業で、別々の事務所が担当していた
との事であり、歌手業はエスワンカンパニーが、女優業は青年座が担当していたそうですが、
エスワンカンパニーには、コンサート(舞台と似ている)のノウハウが無かったので、
青年座が担当していました。なので、28で書いた弊害は、無かった事になります。


dunk_86_10003_1_1_1.jpg [1246 x 1770 - 493KB] 削除

33 0MeM33MnhE (19/01/28 22:44)


ore_198809_09.jpg [1229 x 1586 - 300KB] 削除

34 ujV15Bpzn2 (19/01/31 21:55)
DUNKの86年10月号の、4ページ目です。
「普通のアイドルのコだったら、声がだんだん弱くなっていくんですが、彼女の場合は逆でした。」
コンサート前に、リハーサルの時間があまり取れなかったので、
コンサート中に「毎朝、発声をやりなさい」と言う舞台監督の指示を守った事が、
回を重ねる毎に、声が出るようになったのでしょう。
舞台での芝居は、回を重ねる度に良くなると言われていますが、ナンノの場合は、
アイドルには珍しく、コンサートを行う前に舞台の経験があるので、
ナンノにとっては当たり前の事なのかも知れません。
振りのレッスンも、1日5時間で10日間、欠かさず行っています。
自分が運動オンチだと思っているからこそ、余計に熱が入るのでしょう。
ファーストコンサートで、これだけのレッスンをしたナンノなので、後により忙しくなり、
レッスンの時間が取れなくて、イライラしていたと言う気持ちも、分かります。


dunk_86_10004_1_1_1.jpg [1350 x 1937 - 494KB] 削除

35 tehUfE9Mis (19/01/31 23:18)
毛深そうだね
36 mqI5QleWRY (19/02/04 01:00)
DUNKの86年11月号から、5thシングル「接近(アプローチ)」の広告です。
2nd・3rd・4thシングルと、3作連続で「スケバン刑事U」の主題歌・挿入歌をリリースして、
安定したレコードセールスを記録していたナンノ。
「スケバン刑事U」の主題歌・挿入歌ではないこの曲でも、同様のセールスを記録しています。
なお、この曲は当初、1stシングル「恥ずかしすぎて」の次のシングルとして用意されていた曲です。


dunk_86_11001_1_1.jpg [1683 x 2435 - 448KB] 削除

37 PunZP0ox4A (19/02/08 17:04)
^_^
38 BOnP6Of8w2 (19/02/08 20:59)
.
39 BOnP6Of8w2 (19/02/08 22:58)
.
40 x8sJcpScFk (19/02/10 01:34)
DUNKの86年11月号から、ラジオ番組「ナンノこれしき」の紹介です。
85年10月〜86年4月までの「落書きだらけのクロッキーブック」に続いて、
ナンノが担当したDJ番組であり、90年6月まで4年近く続いた、
ナンノのキャラクター全開の長寿番組でした。
アイドルの30分のDJ番組としては、最も成功した番組だと思います。


dunk_86_11002_1.jpg [864 x 1597 - 248KB] 削除

41 BjPxI4OnBw (19/02/15 08:05)
.
42 vT7iDUEyyI (19/02/17 02:43)
DUNKの86年11月号から、3つ折りピンナップです。
5thシングル「接近(アプローチ)」の歌詞が載っています。
DUNK創刊時(84年6月)から1年半ぐらいは、3つ折りピンナップ、2つ折りピンナップ含めて、
1冊あたり10曲ぐらい、アイドルの曲の歌詞が、カラーグラビアに載っていました。
しかし85年年末ぐらいから、おニャン子クラブが紙面を席巻し始め、
それに呼応するかのように、アイドルの曲の歌詞は、白黒ページに追いやられて行き、
1冊あたりのカラーグラビアには、2曲程度しか載らなくなりました。
そんな中、20に載せた「風のマドリガル」に続いて、3つ折りピンナップに載っているナンノは、
確実に人気上昇を続けていました。


dunk_86_11003_2s_1.jpg [923 x 1665 - 490KB] 削除


[閉じる ] 出会いのラビコミュ
| しゃんばら[HOME] > 80年代画像掲示板 | 結婚紹介所でもない。既存の出会いサイトでもない。新しい恋愛サイト誕生!
返信書き込み
アップロードするファイル

sage
コメント

削除パスワード



無修正動画最強サイト「カリビアンコム」続々新作追加
1 EOqPf.1ItA (18/09/17 06:45)
はいからさんが通る

292ea245-8fa8-4920-86fc-a7e0a77f11a1.jpg [239 x 384 - 25KB] 削除

優良Hサイト
カリビアンコム
連日更新中。流出したあの人気ギャルの秘部もバッチリ。企画モノ新作楽しい!
★★★★★

エッチな4610
エッチでいやらしい素人を毎日ハメ撮り。シンプルなサイト構成で見やすい。
★★★★★

エッチな0930
夫じゃ満足できない妖艶奥様達の性欲大解放
★★★★★

プラウディア
ポロリパンチラ胸ちらアイドルのお宝動画がザクザク
★★★★★

エキゾチカ
素人インディーズ系、盗撮充実。お宝もあり
★★★★★

天然むすめ
素人にこだわり撮れたてほやほやのオリジナル
★★★★★

一本道
激レア裏ビデオ一本を丸ごとダウンロード
★★★★★

セックスマシーン
人気女優と楽しい企画。お試し期間もあり
★★★★★

盗撮マーシー
更衣室着替え、女湯、パンチラ、トイレ、のぞき放題
★★★★★

エンジェルライブ
綺麗なお姉さんおっぱいと可愛い系パンチラ
★★★★★

DXライブ
貴方の操作でバイブが唸り、女の子が悶えるネットリモコン機能搭載
★★★★★

EXショット
あなただけに限界サービス。大人のライブチャット
★★★★★

SOD(ソフトオンデマンド)
説明不要の人気企画単体作品勢揃い。月額定額がお得
★★★★★

地下10F
フェチ向けダウンロードサイト。濃いです
★★★★★

DUGA(デュガ)
コス、盗撮、Jrアイドル、熟女、M男他多彩
★★★★★