山口百恵7@70年代画像掲示板
| しゃんばら[HOME] > 70年代画像掲示板 | 閉じる | 怒涛の大量書込み! 掲示板タイプの無料コミュニティサイト
山口百恵7 (57) 見た人の数 → 4007

1 ElRsIRXzMI (19/10/28 00:11)
前スレ ttp://002.shanbara.jp/70s/html/hananosanninmusume001_1_1/
の続きです。(もうすぐ落ちると思うけど)

画像は、75年9月25日発行の単行本「花の三人娘」から、山口百恵の口絵の7ページ目です。
優しい表情の百恵ちゃんが好きなので、スレ画に選びました。


hananosanninmusume006_1_1.jpg [1120 x 1874 - 497KB] 削除

2 R1MbfclwBk (19/10/28 10:32)


af577b69-7d1a-4f72-bc17-5d7ef01d499c.jpg [466 x 282 - 45KB] 削除

3 R1MbfclwBk (19/10/28 10:36)

4 R1MbfclwBk (19/10/28 10:56)


m899.jpg [320 x 733 - 70KB] 削除

5 3YjiP85BoI (19/10/29 14:07)


m1349.jpg [330 x 739 - 65KB] 削除

6 pruWNOUgH. (19/10/31 16:43)
テニスで試合にストレート負けをしたら、テニスウェアとアンダースコートを脱ぎ、最後にパンツも脱いで全裸でテニスをしちゃおう!

エッチ!


m1453.jpg [331 x 737 - 65KB] 削除

7 5BXbsvgPs2 (19/11/02 13:42)


m580.jpg [547 x 929 - 97KB] 削除

8 sYyvyfJTng (19/11/03 17:42)


m700.jpg [722 x 750 - 106KB] 削除

9 /g30/oCCuM (19/11/04 16:34)
テニスでマッチポイントを取られたら、テニスウェアとアンダースコートを脱ぎ、最後にパンツも脱いでテニスコートでお尻とお〇んこと陰毛を見せちゃおう!

エッチ!


m837.jpg [332 x 728 - 70KB] 削除

10 BZmBZWZGWk (19/11/04 23:41)
「BIGアイドル・オンパレード」から、本編の10ページ目の右上です。
このページは、同期は花ざかりと称して、4カット載っています。
スタ誕300回記念大会は77年なので、百恵ちゃんの髪はもっと長かった印象がありますが、
意外にショートでした。


bigidol012_1.jpg [996 x 696 - 213KB] 削除

11 M62cy8pLG6 (19/11/06 16:17)


m500.jpg [722 x 750 - 106KB] 削除

12 M62cy8pLG6 (19/11/06 22:31)


m768.jpg [580 x 829 - 70KB] 削除

13 TMqArJUTGA (19/11/09 15:33)
テニスで試合に負けたら、テニスウェアとアンダースコートを脱ぎ、最後にパンツも脱いでテニスコートで全裸になっちゃおう!

エッチ!


m755.jpg [555 x 750 - 131KB] 削除

14 cghc0bLbM2 (19/11/12 23:44)
「BIGアイドル・オンパレード」から、本編の10ページ目の左上です。
郷ひろみとの2ショットです。百恵ちゃんは、明星の男女別人気投票で、74年と76〜79年までの、
合計5回トップになりました。郷ひろみは、同じ人気投票で、73〜79年まで連続7回トップでした。
二人は、70年代に最も人気があったアイドルである事を、証明しています。


bigidol012_2.jpg [965 x 945 - 181KB] 削除

15 l.V1nNadGM (19/11/14 13:06)


m1455.jpg [318 x 732 - 60KB] 削除

16 Oiw8IyqQS6 (19/11/16 23:22)
「BIGアイドル・オンパレード」から、本編の10ページ目の中央です。
75年夏の映画「花の高2トリオ・初恋時代」のロケの合間に、囲み取材を兼ねて食事をしている時です。
ちなみにこの映画の主題歌「初恋時代」は、1番を昌子が、2番を淳子が、3番を百恵が歌っていますが、
所属するレコード会社がバラバラなので、この3人で歌う映画バージョンは、
レコード化もCD化もされていません。


bigidol012_3_1.jpg [1387 x 873 - 487KB] 削除

17 RW8diCqQQA (19/11/18 08:52)


m201.jpg [555 x 750 - 90KB] 削除

18 uKazUwBNxk (19/11/19 17:08)


m352.jpg [618 x 610 - 68KB] 削除

19 OxhoZb9ZTw (19/11/21 00:11)
「BIGアイドル・オンパレード」から、本編の10ページ目の下です。
ファンクラブに入っていたというほどのファンだった西城秀樹との2ショットです。
中3トリオにとって、新御三家の中では、やはりヒデキが一番頼りになるお兄さん的存在だったと思います。
野口五郎は、近寄り難い感じだったし(カックラキン放送の前まで)、郷ひろみは頼りない感じでした。
百恵ちゃんがヒデキと同じ番組に出る時は、淳子がひやかしていましたが、
淳子が森田健作と同じ番組に出る時は、逆に百恵ちゃんがひやかしていました。


bigidol012_4.jpg [2072 x 981 - 408KB] 削除

20 uJDC8V7p/k (19/11/22 18:01)


m1373.jpg [325 x 727 - 71KB] 削除

21 0UxRfunyt2 (19/11/23 14:15)


m1062.jpg [632 x 454 - 72KB] 削除

22 iXcck6/Ihg (19/11/25 01:09)
「BIGアイドル・オンパレード」から、本編の11ページ目です。
引退の記事を最後ではなく、途中に入れているのは、結婚相手が三浦友和であり、
この後のグラビアが、三浦友和との共演が多い映画、ドラマだからでしょう。
百恵ちゃん主演映画14本中の11本で、三浦友和が共演し、モモトモ映画と言われました。
(多分、「花の高2トリオ・初恋時代」も、主演としてカウントしていると思う。)
連ドラでは、赤いシリーズ5本中の2本で、共演しています。(他に、2話のみの共演作あり。)
明星の人気投票で、76〜77年にかけて上位にランクインしている三浦友和。
百恵ちゃん人気の中盤では、三浦友和との共演映画・ドラマも、大きく貢献していると思います。
ちなみに、シングルレコードは、「惜春通り」を入れないで32枚の間違いです。




bigidol013_1_1.jpg [1214 x 1779 - 492KB] 削除

23 cyfJrNvyDk (19/11/25 09:23)


m1615.jpg [238 x 520 - 56KB] 削除

24 wFE/iT.CMQ (19/11/27 20:43)


m840.jpg [800 x 600 - 134KB] 削除

25 CTyJdXwTUQ (19/11/28 00:52)


m968.jpg [709 x 866 - 79KB] 削除

26 Rxm9fAeX42 (19/11/29 00:02)
74年3月1日発売のシングル「春風のいたずら」のジャケット表です。
「青い果実」「禁じられた遊び」という、後に青い性路線と言われる一連の曲の3作目を期待していた、
アホな中学生(僕も含めて)は、その路線の曲ではなかったので、ガッカリした記憶があります。
後から聞くと、アイドルらしくて、とても良い曲なのですが。
百恵ちゃん自身も、やっと安心して歌える歌になった。と喜んでいました。
この曲は、百恵ちゃん初レギュラーのドラマ「顔で笑って」の中でも、歌っていました。

>>25
中3トリオが体操着を着ている画像のアップ、ありがとうございます。
裸足なので、3人の身長差が良く分かります。
当時の公式プロフィール上の身長では、百恵ちゃん158cm、淳子157cm、
昌子154cmとなっていますが、その通りに見えます。


single004_1_1.jpg [1750 x 1755 - 491KB] 削除

27 qItLTOZLfI (19/12/04 00:42)
シングル「禁じられた遊び」「春風のいたずら」のジャケット裏です。
出典は、CDのベスト盤「33 SINGLES MOMOE」からなので、
A面の歌詞しか書いてありません。
「禁じられた遊び」は、青い性路線の中では一番好きな曲です。
愛の歌詞ともSEXの歌詞とも取れる内容の歌を、
14歳の百恵ちゃんが一生懸命歌っている姿が、印象的でした。
「春風のいたずら」の方は、「怖いわ 怖いわ 怖いわ」のフレーズを、
言いたくなるシチュエーションの時に、良く真似した記憶があります。


single035_1.jpg [1338 x 2711 - 272KB] 削除

28 .Co0IFqdrY (19/12/06 17:37)


m9761.jpg [375 x 522 - 93KB] 削除

29 mKP5fDciig (19/12/08 00:09)
85年10月1日発売の「アイドル40年」(近代映画社)から、
三浦友和に抱かれている百恵ちゃんの水着カットです。
二人のカットは、近代映画の他に、月刊明星や月刊平凡にも、良く載っていました。
そのため、恋人宣言した時も、みんなが祝福ムードになっと思います。
このカットを見ると、三浦友和は男っぽくてたくましいですね。
当時の新御三家は、3人とも痩せていて、百恵ちゃんにとっては頼りなく思えたのかも知れません。


idol40nen008_1_1.jpg [1305 x 1919 - 497KB] 削除

30 kYPXYLPRsw (19/12/13 00:39)
「BIGアイドル・オンパレード」の、本編の12ページ目の右上です。
ここから4ページに渡って、前半の主演映画のシーンが載っています。
初主演映画「伊豆の踊り子」は、「日本沈没」「ノストラダムスの大予言」と続いた、
東宝SF大作3作目「エスパイ」の併映作品なので、82分と上映時間が短いです。
しかし「伊豆の踊り子」の評判が上がり、期待されていた「エスパイ」の興行成績が振るわなかった分、
東宝を助け、山口百恵主演映画が、東宝のドル箱映画になって行きました。


bigidol014_1.jpg [1149 x 1727 - 381KB] 削除

31 /tG9IdfaQI (19/12/15 10:58)


m246.jpg [295 x 729 - 107KB] 削除

32 Ve0VtM/FUs (19/12/16 23:47)
「BIGアイドル・オンパレード」の、本編の12ページ目の左上です。
百恵ちゃん主演の「伊豆の踊り子」の定番カットです。
川端康成原作の「伊豆の踊り子」は、百恵ちゃん主演版まで、映画だけで6回も映画化されています。
1、「恋の花咲く 伊豆の踊り子」のタイトルの1933年版サイレント映画。主演は、田中絹代。
2、1954年の白黒版。主演は、美空ひばり。
3、1960年版(ここからカラー版)。主演は、鰐淵晴子。
4、1963年版。主演は、吉永小百合。
5、1967年版。主演は、内藤洋子。
6、1974年版。主演は、山口百恵。(以上、ウィキより)
歴代の人気若手女優が主演しています。特に4〜6は、アイドル女優が主演し、
若手アイドル女優の登竜門的作品になりました。


bigidol014_2.jpg [1237 x 1721 - 454KB] 削除

33 6WDaEhmKIY (19/12/19 12:56)


2611-4.jpg [1830 x 1500 - 494KB] 削除

34 RkPCuCT62g (19/12/21 00:15)
「BIGアイドル・オンパレード」の、本編の13ページ目の右上です。
(12ページ目の下は、「潮騒」のカットなので、後で載せます。)
百恵ちゃん初主演映画であり、三浦友和との初共演映画でもある「伊豆の踊り子」から、
二人が向き合う場面です。
当時15歳の百恵ちゃんにとって、7歳年上の三浦友和は、年の離れたお兄さんという感じだったそうです。
5歳年下の妹との二人姉妹の百恵ちゃんには、お兄さんがいたらこんな感じかな?と思っていた事でしょう。

>>33
18歳の百恵ちゃんの画像アップ、ありがとうございます。



bigidol015_1.jpg [1291 x 860 - 246KB] 削除

35 jldDhwTp.E (19/12/25 00:23)
「BIGアイドル・オンパレード」の、本編の13ページ目の右の上から2番目です。
「伊豆の踊り子」から、百恵ちゃんの顔のアップです。
額が狭くて日本髪のカツラが似合わない淳子は、百恵ちゃんがうらやましいと言っていました。
そのぐらい額が広く、日本髪のカツラが似合う、聡明な感じの百恵ちゃんです。


bigidol015_2.jpg [1285 x 862 - 149KB] 削除

36 rzdmev.4.o (19/12/28 23:50)
「BIGアイドル・オンパレード」の、本編の13ページ目の左上です。
百恵ちゃん自身は、別れをただ受け入れる「伊豆の踊り子」よりも、
次の映画「潮騒」のヒロインの方が、積極的で好き。と言っています。



bigidol015_3.jpg [1092 x 1564 - 286KB] 削除

37 BRxbPDjBcY (20/01/02 02:08)
ちょっと遅れたけど、明けましておめでとう。
月刊平凡の74年2月号から、晴れ着姿です。
今、スキャンしたばかりの画像です。中3トリオが並んだページで(多分、別撮りで合成)
昌子が中央、右が淳子、左が百恵の配置でした。好きな赤の晴れ着を着ています。
20代より前、18歳ぐらいから渋い色の晴れ着に変わったような印象があります。


heibon_74_2005_4.jpg [450 x 1052 - 104KB] 削除

38 XnCm/x3ksU (20/01/06 00:47)
「BIGアイドル・オンパレード」の、本編の12ページ目の右下です。
百恵・友和主演映画の第二弾である「潮騒」からのカットと文章です。
右の文章に書いてあるように、アイドル映画の価値を高めたのが、百恵・友和主演映画です。
74年の邦画配給収入第3位(8億2800万円)に入った「伊豆の踊り子」に続き、
「潮騒」も、第6位(5億200万円)に入る大ヒット。
百恵を歌手としてよりも女優として伸ばしていきたいというホリプロの意向は、
まず、興業として大ヒットしたという目に見える実績からスタートしました。
上のカットでの、百恵ちゃんの唇を噛みしめる表情は、当時、他のアイドルでは真似の出来ない、
百恵ちゃん独自の個性的な表情だと思います。
私が、キャラクターとしては正反対の、80年代のキョンキョンと百恵ちゃんに共通な部分を感じるのは、
唇を噛みしめる表情から、意志の強さが伝わってくるからです。


bigidol014_3.jpg [1495 x 1756 - 379KB] 削除

39 iZtcxOW6V2 (20/01/10 00:39)
「BIGアイドル・オンパレード」の、本編の12ページ目の左下です。
百恵ちゃんを撮っている西河監督組の撮影風景です。
「潮騒」も、何度も映画化されている三島由紀夫原作の文芸作品です。
1、1954年の白黒版。主演は、久保明と青山京子。
2、1964年版(ここからカラー版)。主演は、吉永小百合と浜田光夫の名コンビ。
3、1971年版。主演は、朝比奈逸人と小野里みどり。
4、1975年版。主演は、もちろん山口百恵と三浦友和。(以上、ウィキより)
5、1985年版。主演は、堀ちえみと鶴見辰吾。
ホリプロの百恵ちゃんの後輩にあたる、堀ちえみ版は、ホリプロ創立25周年記念作品と銘打って、
映画会社との提携ではなく、ホリプロ単独で制作しましたが、ヒットしませんでした。
初期の百恵・友和主演映画は、60年代の吉永小百合・浜田光夫コンビの純愛路線を狙っていたと思います。


bigidol014_4.jpg [882 x 1482 - 278KB] 削除

40 DpJIZAn0qE (20/01/12 21:20)


e3fd2535-2ccb-47d0-842b-f9be11795808.jpg [1046 x 1206 - 262KB] 削除

41 DpJIZAn0qE (20/01/12 21:21)


b619b66b-502e-4d3b-8134-d1206686f014.jpg [695 x 793 - 182KB] 削除

42 DpJIZAn0qE (20/01/12 21:23)


e4a3a3a1-eac9-4486-8225-fb877da5b073.jpg [695 x 793 - 186KB] 削除

43 DpJIZAn0qE (20/01/12 21:23)


b619b66b-502e-4d3b-8134-d1206686f014_1.jpg [695 x 793 - 182KB] 削除

44 tVroNQQm5Y (20/01/15 00:52)
「BIGアイドル・オンパレード」の、本編の13ページ目の右下です。
映画「潮騒」の中の、百恵・友和コンビです。
「潮騒」は、39で書いたように5回も映画化されているだけではなく、
2013年のNHK朝ドラの「あまちゃん」で、
劇中劇である1986年の架空の映画「潮騒のメモリー」(主演は薬師丸ひろ子)でも引用され、
「その火を飛び越えてこい」という有名なセリフも引用されていました。


bigidol015_4.jpg [1387 x 1753 - 372KB] 削除

45 /giJt22.Zw (20/01/19 02:36)
「BIGアイドル・オンパレード」の、本編の13ページ目の左の下から2番目です。
映画「潮騒」の撮影準備中に、メイク直しをしてもらっている百恵ちゃんです。
「伊豆の踊り子」から始まる、初期の文芸作品の映画化3本では、階級差が悲恋に繋がる話ですが、
「伊豆の踊り子」と「絶唱」は、百恵ちゃんが貧しい家庭環境で育った少女なのに対し、
「潮騒」だけは、珍しく裕福な家庭で育った娘の役でした。
それなので、36で書いたように、「積極的で好き」なのでしょう。


bigidol015_5.jpg [992 x 696 - 156KB] 削除

46 wLO5JHKv.. (20/01/23 01:39)
この記事は削除されました
47 wLO5JHKv.. (20/01/23 01:41)
「BIGアイドル・オンパレード」の、本編の13ページ目の左下です。
映画「潮騒」の撮影休憩中のカットなのでしょう。
百恵ちゃんと友和が、照れくさそうに2ショットで写っています。
16歳の百恵ちゃんと、7歳年上の三浦友和が、年の離れたお兄さんから、映画・テレビでの共演を重ねる内、
恋人へ、そして結婚相手へと、お互いの気持ちが発展する過程を、
ファンが、実況中継を見るように見守っていました。


bigidol015_6.jpg [970 x 1048 - 209KB] 削除

48 KyatKIRrOs (20/01/24 01:18)


m878.jpg [750 x 452 - 137KB] 削除

49 qznsdetlPE (20/01/27 01:54)
2003年11月16日発行の「アイドル映画30年史」の、7〜8ページ目です。
8ページ目からは、「百恵映画は壮大な恋愛実況中継だった」と題した、
山口百恵主演映画評が、5ページに渡って載っています。
筆者は、1作目〜5作目を第一期、6作目〜8作目を第二期、9作目〜12作目を第三期と分類し、
第一期を「悲劇や宿命に耐える不幸な少女」と位置付けています。
「性典歌謡路線」を歌わされるように歌う姿に始まり、第一期の主演映画、そしてドラマの赤いシリーズと、
展開していく百恵ちゃんのパブリック・イメージを、実生活の生い立ちと、世間は勝手に重ね合わせ、
百恵ちゃんは、歌→映画→ドラマへと展開しながら爆発的人気を得て行きます。


idoleiga004_1_1.jpg [2293 x 1654 - 497KB] 削除

50 MWWdzOPwv. (20/01/29 07:38)


m8666.jpg [800 x 600 - 367KB] 削除

51 Ina4.4/g/I (20/01/31 01:33)
「アイドル映画30年史」の、9ページ目です。
75年正月映画「伊豆の踊り子」、同年GW映画「潮騒」、76年正月映画「絶唱」と、
百恵・友和共演映画が続き、百恵ちゃん人気とともに相乗効果として友和人気も上昇していきました。
(75年夏休み映画は、「花の高2トリオ・初恋時代」。)
ところが76年GW映画「エデンの海」では、百恵ちゃんの相手役を、三浦友和から南條豊に変更しました。
百恵ちゃんの事務所としては、三浦友和とばかり共演していては、恋人の噂が立つのではないかと
恐れたのでしょう。ドラマも「赤い疑惑」で友和と共演しましたが、「エデンの海」公開に合わせて始まった
「赤い運命」では、南條豊と共演させました。新コンビ誕生を狙ったこの作戦は、ファンの不評を買い、
見事に失敗しました。結局、76年夏休み映画「風立ちぬ」で、百恵・友和コンビが復活し、
映画では不動のコンビとなりました。ドラマ「赤い衝撃」でも、百恵・友和コンビが復活しています。


idoleiga005_1.jpg [1687 x 2442 - 448KB] 削除

52 omLcpTQsJc (20/02/04 02:31)
「BIGアイドル・オンパレード」の、本編の14ページ目の右下です。
このページは、映画主演3作目の「絶唱」からのカットが載っています。
「絶唱」は、「伊豆の踊り子」「潮騒」を上回る配給収入9億1800万円の大ヒットを記録します。
76年正月映画として公開された「絶唱」は、百恵ちゃんが肺炎で亡くなる難病もの。
75年10月〜76年4月にオンエアーされた「赤い疑惑」では、
百恵ちゃんが白血病で亡くなる同じ難病ものなので、映画とドラマの相乗効果で、
初期の主演映画5作品の中では一番の大ヒットとなりました。
主題歌「山鳩」は、百恵ちゃんのシングルで一番好きな11枚目の「白い約束」のB面に収録されていて、
この曲もいい曲だな。と思いました。


bigidol016_1_1.jpg [1373 x 2093 - 482KB] 削除

53 1EMUcGKhns (20/02/08 01:31)
↑訂正:14ページ目の右下→14ページ目の右上

「BIGアイドル・オンパレード」の、本編の14ページ目の左下です。
「絶唱」は、3度の映画化に加え5度のテレビドラマ化もされている大江賢次原作の文芸作品です。
1、1958年版。主演は、浅丘ルリ子と小林旭。
2、1966年版。主演は、和泉雅子と舟木一夫。
3、1975年版。主演は、もちろん山口百恵と三浦友和。
テレビドラマ版では、1981年版の三原順子主演版が目立ちます。
後期のツッパリ路線の百恵ちゃんの後を継いだ三原順子が、
百恵ちゃん主演映画のリメイクにも挑戦していました。


bigidol016_2.jpg [1015 x 1734 - 279KB] 削除

54 /dyVJcs7E2 (20/02/14 01:24)


m9290.jpg [750 x 452 - 282KB] 削除

55 721DzV5I3k (20/02/19 00:59)
↑53の訂正:14ページ目の左下→14ページ目の左上

「BIGアイドル・オンパレード」の、本編の14ページ目の右下です。
映画「絶唱」で、病に倒れた百恵ちゃんの儚げな表情が、素晴らしいです。
ドラマ「赤い疑惑」でも、白血病と知った時の百恵ちゃんの表情が、素晴らしかったです。
本人は不満かも知れませんが、こういう儚げな表情は、百恵ちゃんにしか出せないと思います。


bigidol016_3.jpg [1387 x 1095 - 242KB] 削除

56 721DzV5I3k (20/02/19 23:34)
「BIGアイドル・オンパレード」の、本編の14ページ目の左下です。
百恵ちゃんが、映画「絶唱」の中で、大きな木の丸太を肩に担いでいるシーンです。
普通は、発砲スチロール等のイミテーションの丸太を使うのでしょうが、
アイドル腕相撲で決勝まで進出した、力持ちの百恵ちゃんなら、本物の丸太を使っていたかも知れません。
太平洋戦争の時代を舞台にしているとはいえ、古風なモンペ姿が似合うアイドルは、
百恵ちゃん以外にいませんでした。


bigidol016_4.jpg [1011 x 1737 - 350KB] 削除

57 JlXI1KyH0. (20/02/24 02:43)
「BIGアイドル・オンパレード」の、本編の15ページ目の右下です。
このページは、映画主演4作目の「エデンの海」からのカットが載っています。
「エデンの海」は、この時期の百恵ちゃんにしては珍しく、自由奔放な少女を演じ、
新境地を開いています。しかし相手役が、ここまで百恵ちゃんと映画で3度共演し、
相乗効果で人気上昇中だった三浦友和から、南条豊に替わった事が影響したのか、
百恵ちゃん主演映画の中では、興行成績があまり振るわない結果となりました。


bigidol017_2.jpg [1282 x 2257 - 331KB] 削除


[閉じる ] 出会いのラビコミュ
| しゃんばら[HOME] > 70年代画像掲示板 | 結婚紹介所でもない。既存の出会いサイトでもない。新しい恋愛サイト誕生!
返信書き込み
アップロードするファイル

sage
コメント

削除パスワード



無修正動画最強サイト「カリビアンコム」続々新作追加
25 CTyJdXwTUQ (19/11/28 00:52)


m968.jpg [709 x 866 - 79KB] 削除

33 6WDaEhmKIY (19/12/19 12:56)


2611-4.jpg [1830 x 1500 - 494KB] 削除

優良Hサイト
カリビアンコム
連日更新中。流出したあの人気ギャルの秘部もバッチリ。企画モノ新作楽しい!
★★★★★

エッチな4610
エッチでいやらしい素人を毎日ハメ撮り。シンプルなサイト構成で見やすい。
★★★★★

エッチな0930
夫じゃ満足できない妖艶奥様達の性欲大解放
★★★★★

プラウディア
ポロリパンチラ胸ちらアイドルのお宝動画がザクザク
★★★★★

エキゾチカ
素人インディーズ系、盗撮充実。お宝もあり
★★★★★

天然むすめ
素人にこだわり撮れたてほやほやのオリジナル
★★★★★

一本道
激レア裏ビデオ一本を丸ごとダウンロード
★★★★★

セックスマシーン
人気女優と楽しい企画。お試し期間もあり
★★★★★

盗撮マーシー
更衣室着替え、女湯、パンチラ、トイレ、のぞき放題
★★★★★

エンジェルライブ
綺麗なお姉さんおっぱいと可愛い系パンチラ
★★★★★

DXライブ
貴方の操作でバイブが唸り、女の子が悶えるネットリモコン機能搭載
★★★★★

EXショット
あなただけに限界サービス。大人のライブチャット
★★★★★

SOD(ソフトオンデマンド)
説明不要の人気企画単体作品勢揃い。月額定額がお得
★★★★★

地下10F
フェチ向けダウンロードサイト。濃いです
★★★★★

DUGA(デュガ)
コス、盗撮、Jrアイドル、熟女、M男他多彩
★★★★★